2020年06月24日

Netflix『悪魔の愛人 リダ・バーロヴァ』

🎬『悪魔の愛人 リダ・バーロヴァ』フィリプ・レンチ監督/チェコ/110分/2016年

1934年。女優志願の娘リダ・バーロヴァ(タチアナ・パウホーフォヴァー)は苦難の末に憧れの美人女優になった。

そんな時、撮影所を見学しにやって来たヒトラーに「昔、愛した人にそっくりだ」と言われ、側近のゲッベルス(カール・マルコヴィクス)からも熱い視線を受けていた。

当時妻子持ちの俳優と同居していた家の近くにゲッベルスも屋敷を構えていて、その後ゲッペルスとリダは本心から愛する間柄になって……。

DB0AFA98-A2B1-4FFC-AD3E-4BEDDC141EE1.jpeg

題名に興味を持ってみたが一気にのめり込むように見てしまった。

ゲッペルス関連の映画ではドキュメンタリーの『ゲッベルスと私』(終戦までの三年間ゲッベルスの秘書をしていた103歳の老婆の独白)という2018年の作品を思い出す。

それとゲッベルスのイメージとして子だくさんの善きパパ、善き家族像で、1945年5月1日に6人の子どもを毒殺し妻と心中。という末路だけしか知らなかった。

女優さんを調べてみたら、仕方なくゲッベルスと別れて後もいろいろな苦難が自身にも家族にも降りかかってくる。でも国々を渡り歩きながら女優を続けていたようだ。写真を見て驚いた。タチアナ・パウホーフォヴァーが演じているがそっくりだった。


posted by ミッキー at 20:19| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

EUフィルムデーズ2020はオンラインで(9)『ルーザーとしての私の最後の年』

🎬『ルーザーとしての私の最後の年』ウルシャ・メナルト監督/スロヴェニア/88分/2018年/日本初上映

大学で美術史を専攻したシュペラはもうすぐ30歳。卒業後も安定した職に就けないでいる。美術館で助手をしていて常勤をねらっていたが、館内で私的な物の売り買いを密告されて道が閉ざされた、その後、老人施設で1週間に1度美術歴史の講座を見つけたが、経営が軌道に乗るまではボランティアで食券だけお情けでもらう。

もう実家に帰って暮らすしかないが、自分の部屋は病身のお婆ちゃんの部屋になっていて台所のソファーが寝床。家族は、期待していた娘の現状に気落ちしているが、優しく迎えてくれて……。

42351668-5B26-4B76-A8E6-4525AA16C485.jpeg

字幕がとっても変で途中でやめて、感想を書く気持ちになれなかったが、EUのオンラインからメールが来て「申し訳ありません。直しましたからもう一度みてください」と日にちをのばしていたので見ることができた。会話がまだ話終わってないのに、その返事がすでに字幕に出ている(これは他でも時々ある)ということはあるがほぼ直っていた。

2度目は最後までみたが、どこの国の若者にもぴったりと当てはまる「先行き不安感」がびしびしと伝わって来た。
そして世界が新型コロナの影響で「映画」が描いていたことがより以上に普遍的になると思うと若者たちがかわいそうに思えた。



posted by ミッキー at 12:57| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

横堀川』岐阜ロイヤル劇場にて

何を思ったのか急にマスクを作り始めた。小さなタオルハンカチを半分つかったものであとは手縫いでチクチク。裏はお見せできないし、ゴムが短くで耳が痛いが「マスク」は仕上がった。ゴムの付け替えは当分したくないので作った満足感だけ味わった。

84257B15-FD4D-4544-A178-A75E7830FA5E.jpeg


昨日、日曜日は名古屋の映友さんと2人で岐阜ロイヤル劇場に『横堀川』を観に行った。
映友さんは岐阜は初めてで周りの柳ヶ瀬商店街も珍しそうにしていて、映画館、映画ともども大層喜んでくれた。

🎬『横堀川』大庭秀雄監督/100分/1966年

船場の昆布問屋の娘・多加(倍賞千恵子)は優しい心根の器量よし。同じ店の丁稚さんたちはどこに嫁に行くのだろうと気を揉んでいる者もいた。

多加は是非に嫁に来て欲しいと言ってくれた呉服問屋河島屋の跡取り吉三郎と結婚したが、商売嫌いで根っからの遊び好きの吉三郎(中村扇雀)のために多加は一手に商売を任されて苦労しなければならなかった。

そのうえ、吉三郎は相場にも手を出してしまい……。

BD7D964C-E93A-4E5E-9354-558F60373DD8.jpeg

山崎豊子の原作で大庭秀雄が監督。

とうとう夫の道楽などで店を売り、そのお金で夫の好きな芝居小屋を開くようにズンズンと計画を進める多加。大人しい多加がだんだんときっぷのいい女将になっていく様がいい。金貸しのお婆に浪花千栄子、夫の遊び仲間の小沢昭一、応援してくれる男に田村高廣……いいものを見たあとでお好み焼きを食べて帰った。
posted by ミッキー at 06:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする