2020年06月27日

現在収監中・衝撃作品(1)7月3日公開『アングスト 不安』

🎬『アングスト 不安』ジェラルド・カーグル監督/オーストリア/87分/7月3日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次ロードショー公開

真昼間、閑静な住宅街でとある家のドアをノックする男(アーウィン・レダー)は、すでに興奮のあまり息荒く汗まみれになっている。その家から老女が出てくると同時に射殺。その男はただ「殺したい」だけで物盗りではない。まもなく逮捕されたその「男」は約10年後に刑務所から出所するが……。

B4F372A6-D147-4881-858F-3DC91566BFE3.jpeg


配給さんからDVDを送っていただいた。大のホラー好きだから2回続きで魅入った。でも当時1週間で上映禁止と言われるほどの「惨さ」はなかった。驚きは刑務所を出て「すぐ」の犯行の足取りが、克明に描かれていたことだ。

実在のヴェルナー・クニーセクは1946年生まれ(ミッキーと同年)オーストリアの犯罪歴の中で最も危険な犯罪者の1人で現在、収監中。

3人家族の全員を拷問、殺害したのは、調べてみるともうすぐ出所するので就職探しのために3日間保釈された時の事件らしい。

刑務所を出てすぐ殺したくなって、ここがいいと思った屋敷は隣家から離れていて好都合で入ってみるが「ここには確かに今、誰かが住んでいる」とつぶやいて探っていくと、突然「パパァ…」と車椅子の太った30代男がよだれを垂らしながら彼に話しかける。

この時の2人の演技が最高!何にも驚かない殺人鬼もここでは人間らしい驚きを垣間見せる。車椅子の男は買い物から帰った母親に「パパがいるよ」というが、パパは死んだでしょうと馬鹿にされる。

この作品は「観たい人は絶対映画館に行く」DVDが何ヶ月後に出ると思うがそんなの「待っていられない」。ミッキーは公開時に(名古屋はシネマスコーレ 公開日未定)絶対観に行ってお客の反応をチラ見したいと思っている。

★この家の飼い犬は無事。もちろん、人間の命と比べようはないと思うがこの設定は実際そうであったのか、もしくは監督さんの良識でそうしたのか聞いてみたい箇所だ。
★ポスターが気持ち悪いので外国版にした。



posted by ミッキー at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

6月26日公開映画『ワイルド・ローズ』

🎬『ワイルド・ローズ』トム・ハーパー監督/イギリス/102分

前科あり、2人の子を持つシングルマザー、でもカントリー歌手になる夢は捨てられないローズ(ジェシー・バックリー)。グラスゴーを出てカントリー歌手になることを夢見ていた。だが、刑務所から出たばかりで、2人の子供を抱えるシングルマザーの彼女にとって、夢の舞台はあまりにも遠い場所だった。

縁あって家政婦としてお金持ちのスザンナ(ソフィー・オコネドー)の屋敷で働き始めたローズ。彼女の歌を聞いたスザンナは、その才能に驚いて、ナッシュビルに行く資金集めのために、有力者を呼んでパーティを開く準備をしてくれたが……。

65F418F4-3DCD-4DE2-A08C-96EB302F7FCC.jpeg

映画は陽気に出所するシーンから始まる、そして馴染みの男のところで久しぶりのセックスをして、次に行き着いた所は自宅……、そこには小学生の娘、幼い男の子、2人の面倒を見てくれていたしっかりものの実母マリオン(ジュリー・ウォルターズ、上手い!)が待っていた。

その家をノックする時に始めてローズの行動に躊躇する「姿」を見た。ここで「悪いママでごめん、不甲斐ない娘でごめん」が出ている。はじめの5分で監督さんの手腕が伺われる。

心に残ったセリフがあった。実母マリオンが最後に一生かけて貯めたお金をローズに渡して「私も若い時あなたを産んで、それからだって大学をめざせたけど、子育ての方が楽だったからやめたのよ。子供たちは私に任せて、あなたは夢を追うのよ」と言った。「母親らしくしなさい」といつもうるさかった母親の意外な言葉だった。

★ 監督さんの前作は『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」のトム・ハーパー。気象学がまだ学問として認められていなかった時代。気球乗りと天気の謎を解明したい若手学者の二人が気球で地上1万メートル超の天空を目指す物語。これも女性フェリシティ・ジョーンズが命がけで頑張っている。希望を捨てずに頑張る女性映画だ。

その他、26日公開映画

🎬『オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡』マルタ・プルス監督/ポーランド、ドイツ、フィンランド/74分

ロシアの新体操選手マルガリータ・マムーンと彼女のコーチであるイリーナ・ヴィネル、アミーナ・ザリポアに密着したドキュメンタリー。http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/474606961.html

🎬『悪の偶像』イ・スジン監督、脚本/韓国/144分

市議会議員のク・ミョンフェ(ハン・ソッキュ)は清廉潔白なイメージで市民から支持されていたが、ある日、ミョンフェの息子ヨハンが飲酒運転していて人をはねてしまう。死んだ被害者は工具店を営むユ・ジュンシク(ソル・ギョング)の一人息子プナンとわかり、事故はプナンが妻リョナ(チョン・ウヒ)と新婚旅行に行っている最中の出来事だった……。http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/474407402.html





posted by ミッキー at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」オンラインで9月以降に開催へ あいち国際女性映画祭は開催

8月28日から9月1日の開催を予定していた第30回『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』が、新型コロナウイルスの感染予防と拡散防止に最大限努めるため、オンラインで開催を決定。日程は、9月以降に調整することを発表した。 オンラインでどのような企画を行うのかは準備中。決まり次第、順次発表される。今まで夕張は行っていないが、オンラインなら参加できそうだ。

ミッキー地元のあいち国際女性映画祭は例年どおり開催のニュースが入ってきた。

1216EBC2-F710-4A85-839D-D4196A311583.jpeg

そしてこんなユニークな名前の映画祭も見つけた。

0D5660BA-E09F-4C0C-98EE-83F227746FEF.jpeg

詳しくは https://koisuru-otoko.com/
posted by ミッキー at 02:40| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする