2019年03月08日

病室に入るときはノックしようぜ 3月15日公開 『君は月夜に光り輝く』

今日から大阪。大阪アジアン映画祭と中国電影映画祭に行く。全部で8泊で宿代は2万円以内。連日夜の11時過ぎになるが始まりがお昼なので、二度寝で体力温存して、外食続きにもなるのでいろいろ工夫して過ごすつもりだ。


🎬『君は月夜に光り輝く』月川翔監督/101分/3月15日より東宝系映画館で全国ロードショー公開

転校してきたばかりで顔も知らない入院中の女の子に寄せ書きに参加させられて、最後に書いたので、それを届ける役まで押し付けられた高校生・岡田卓也(北村匠海)は、仕方なく病院に訪ねて行く。

その女の子は、発光病で入院している渡良瀬まみず(永野芽郁)で、発光病にかかると細胞異常により皮膚が発光、死が近づくにつれその光は徐々に強くなって成人するまで生存した者はいないという不治の病だった。

会ってみるとそんな重病人とは思えないほど明るかった。そんな彼女にまた会いたくなって行った時に、まみずのお父さんからの思い出の品を壊してしまった卓也は、お詫びのしるしに「病院から出られないまみずの願いを代わりに実行して感想を伝える代行体験」をすることになって……。


まさかこんな病があるのか?と一瞬思ったが、ないに決まっている。まあ、現実にある病を題材にすれば現実にたたかって闘病中の人もいるので、それよりまさかの病の方が当たり障りはない。

ミッキーが演出的に驚いたのは5回以上まみずの病室を見舞うが、一回もノックしない……一番最初もだ。このことが気になって気になって(年寄りは一度引っかかるとそこだけが気になってしまう)。一人部屋でも大部屋でも異性なら特に絶対ノックはしないと😱。

永野芽郁&北村匠海は好感のもてる2人で、特に男の子は良かった。書いてしまうとネタバレになって興味半減するのでここまでだが、泣けるほどの悲しさは感じなかった。それよりお得意の居眠り💤も少ししてしまった💦
posted by ミッキー at 04:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』ミッドランドスクエアシネマ2にてr

🎬『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督/108分/ミッドランドスクエアシネマ2にて

2012年春。30代後半の宮川サトシ(安田顕)は、母・明子(倍賞美津子)の胃癌告知で、病気の本人以上にショックを受けて動転する。サトシは子どもの時に大病を患い、その時、優しくパワフルな母に救われてきた。今度は「俺がいるから大丈夫だよ、お袋は必ず助かるから」と、母が自分にかけてくれていた言葉を、今度はサトシがかける番だった。

お百度参り、滝行、国産野菜のジュース作りなど、恋人の真里(松下奈緒)に支えられながら、サトシは母のために奔走する……。


漫画家の宮川サトシさんの経験をつづったエッセイ漫画。監督は『さよなら渓谷』『セトウツミ』『日日是好日』の大森立嗣。

大好きな監督さんだから期待でいっぱい。1日も早く観たくてウズウズしていてやっと昨日劇場に行った。死にゆくお母様が倍賞美津子さんだったから最後まで観たが「😰ガックリ、一歩手前」だった。


ミッキーの子が小学生の時、ある先生からこんなことを言われた。「お母さん方はいい先生、悪い先生と簡単におっしゃるけど、本当にいい先生は、学年が変わって他の先生になっても、そのままいい生徒として送りだすことができる先生だよ」と言われた。

もう35年前のことが、この映画を観ていて思い出した。

母親と息子の結びつきは非常に強いことは知っているが、母親として自分がいなくなってもある程度生きていける精神力、生活力、社会力は日頃から少しずつ付けていかなければいけないと思ったからだ。

ミッキーは娘2人には25歳ぐらいで独立させた。同じ市でもアパートを借りて独立させた。もし万一、ミッキーが亡くなっても、自分の給料で工夫して生活できる力をつけたかったからだ。同居していたら「いなくなった空間」をどう埋めるのかと思うと居たたまれなくなったのだ。それだけ娘への愛情がきつく支配したがる自分に気付いてもいた。


映画から話が逸れたが、マザコン男の嘆き節と、女房べったりだった旦那様(石橋蓮司 )の不甲斐なさ、こんな男を好きになって明子のお世話もする恋人(松下奈緒 )それぞれに演技力には見るべきものはあったが……ミッキーみたいに過剰期待でご覧にならないよう。

⭐️最後に流れる歌がとっても良かった。
posted by ミッキー at 07:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

はで目ママ友にはご注意 3月8日公開『シンプル・フェイバー』

🎬『シンプル・フェイバー』ポール・フェイグ監督/アメリカ、カナダ/117分/3月8日よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国ロードショー公開

ニューヨーク郊外に住むシングルマザーのステファニー(アナ・ケンドリック)は、事故で夫を亡くし、その保険金を少しずつ切り崩しながら子育てをしている。余暇には育児や料理のブログもやっていて前向きに暮らしていた。

そんなある日、息子と同じクラスに子どもを通わせているエミリー(ブレイク・ライブリー)と言葉を交わす間柄になって、間もなく豪華な邸宅に招かれる。エミリーはファッション業界で働いていて、作家の夫ショーン(ヘンリー・ゴールディング)とは円満で幸せを絵に描いたような家庭だった。

エミリーはミステリアスな面があったがそこが魅力的で、平凡なステファニーは憧れもあって二人は急速に親しくなる。

しばらくしてステファニーは「急な仕事があって迎えに行けないので、息子を学校に迎えに行って、少しの時間預かってほしい」とエミリーから頼まれる。彼女は気軽にふたつ返事で承諾し子どもを預かるが、その後、夜になってもエミリーは息子を引き取りには現れず……。


原作は全米で話題を呼んだダーシー・ベル著のミステリー小説「ささやかな頼み」(東野さやか訳/ハヤカワ文庫)。

美しい2女優の共演だけどストーリー展開としてはハラハラさせてくれたが「ここまで、やるか? 」が正直なところ。

アナ・ケンドリック演じるステファニーは仕草が可愛くて動画ブログも工夫されていて楽しめたが、もう一方のブレイク・ライヴリー演じるエミリーはスタイルは抜群だが、ミッキーは最初から信用できないキャラと推理していた。

子育て経験者ならママ友関連の気苦労は思い出したくもないので、これぐらい強烈の方が良かったとも言える。





posted by ミッキー at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする