2020年08月10日

Netflix『フォックスキャッチャー事件の裏側』

ここ 2、3日はあまりの暑さで一日6000歩ほど。それも小分けにして一回2500歩にしている。もちろん、水、飴は持参する。作りたくないのが三度の食事。昨日は、朝はアイスコーヒーとモーニング、昼は冷凍してあるお好み焼き、晩は1人鉄板焼き……。一昨日は朝は同じで、昼は冷や麦と前日に残った天ぷら、晩は外食で味噌カツ。

そして今、いつもの喫茶店が休みなので歩いて400歩のミスド。カレーパンとアイスコーヒー。昼はきっとトロロ汁と何か。晩はきっと外食。

🎬『フォックスキャッチャー事件の裏側』ジョン・グリーンハルジュ監督/アメリカ/91分

23F75E39-953C-4181-B1DC-6601257FC71A.jpeg

2015年に公開された『フォックスキャッチャー』のドキュメンタリー版。

これは事件が起きたすぐから始まっていて、デュポンが警官の呼びかけに答える場面からだ。

世界から集められて生活苦もなく十分なお金ももらい最適な競技ができる施設に満足していた選手たちにとってデュポンが異常な行動や妄想する話に「ちょっと狂ってるが……」と思っても何も言わない日々だった。

そんな中で1人、殺されたデイヴ・シュルツだけがいろいろ忠告や進言をしていたと周りの人が口を揃えて言っていた。

映画とドキュメンタリーを併せてみるのも一考だ。

★『フォックスキャッチャー』ベネット・ミラー監督/アメリカ

1984年のロサンゼルス・オリンピックのレスリングの金メダリストのマーク(チャニング・テイタム)は貧しい生活を送っていた。メダリストといえども講演に出かけても人もまばらで謝礼は200ドル(2万円)。誰も地味な競技であるレスリングなど関心を示さない。

そんなある日、財閥のデュポン家の御曹司ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、ソウル・オリンピックの金メダルを目指したレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に入ってほしいと熱心に誘われる。

彼のトレーナーは、兄デイヴ(マーク・ラファロ)で、兄も金メダリスト。どうしても兄の「弟を思っての忠告や苦言」などで気持ちが晴れないでいたマークは、その話に飛びついてしまう。

posted by ミッキー at 09:45| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

Netflix『きのう何食べた?』

Netflix『きのう何食べた?』中江和仁、野尻克己、片桐健滋監督

生真面目で将来設計も抜かりない弁護士史朗さん(西島秀俊)と美容師の賢二(内野聖陽)はゲイカップルで都心のマンションに住んでいる。

忙しい職業の合間を見つけては、買い物、献立、調理をササッとやる史朗。恋人の賢二に美味しいものを食べさせようと一生懸命だ。それも工夫に工夫をかさねて1月2万5千円の食費で!!

87FF609C-B73C-4505-B06B-9CA11B6DC0B2.jpeg

シリーズもの嫌いだけど丸一日使ってあきもせず見続けた。2人の生活から目が離せなくなった。始めこそ西島さん目当てだったが内野さんのかわいい仕草に釘付け。ちょっとした会話にも2人のラブラブ空気が伝わってきた。

史朗の母親に梶芽衣子さんが品のある着物姿で登場。

来年には映画化されるそうだ。楽しみ。


posted by ミッキー at 21:52| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

Netflix『バスターのバラード』

🎬『バスターのバラード』イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン監督、脚本/アメリカ/2018年

アメリカの開拓時代のお話が六話の短編で綴られている。

一話
歌を歌いながら白馬に乗った陽気な男(ティム・ブレイク・ネルソン)が、寂れた町にやって来た。居酒屋での決闘であっけなく死亡。死んでも幸せ…というようにそのままの姿で天使になって昇天していく。

二話
荒野にある銀行。まわりにはなにもない。1人のギャング(ジェームズ・ブランコ)が強盗に入っていくが、たった1人きりの銀行マンにしてやられる。このギャングもいろんなことから縛り首に。

三話
旅まわりの見世物をする男(リーアム・ニーソン)は四肢のない若者に朗読をさせて金儲けをしている。若い男のあらゆる世話もしている。

そこに数字を理解するニワトリを操る人気見せ物を見て、大金を払いニワトリを譲ってもらう。手間がかかる四肢のない若者は……。

EBE93A76-4D67-4C51-9824-A34189385F98.jpeg

四話
大きな川の河べりに穴を等間隔で堀りながら、土の中から金を見つけていく男。連れは馬だけ。1メートル掘るとザルに土を入れて川で金の固まりを見ている。「だんだん粒が大きくなった」と新しい穴を堀はじめる。最後に大きな金の固まりを……。

この男も殺される!と思いきや。

五話
思い込みの激しい足の不自由な兄と都会にいく若い女アリス。都会には兄の決めた婚約者がまっている。そんな旅の途中で兄は病死。1人取り残されたアリスは旅斡旋業の男ナップに相談する。

これは女が主役といってもいい作品だが惜しいところで……残念な結末。

六話
馬車に乗っている客が4人ほどいて馬車の上には死体が括り付けられている。馬車のいく道を案内する男2人は「途中で下車することはならん!」と長旅を続けるが、着いたところは……。

六話一気にみた。思いがけない方向に行くがその先にはほぼ「死」が待っている。それも乾いた感覚の「死」で、それぞれが妙に覚悟していたように見えた。一番気に入ったのは三話。
posted by ミッキー at 23:34| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする