2019年08月28日

ネットフィリックス「サバハ」

🎬「サバハ」チャン・ジェヒョン監督/韓国/123分

1999年、江原道の寒村・寧越で双子の女の子が生まれた。早く生まれた姉は異様な状態で生まれ,、育つことはないと思われていた。妹は母体の中で姉に足の一部を食べられて傷ついて生まれた。

だが二人とも今も生き続けている。姉は無残な状態で家人も見たがらず納屋のような小屋に閉じ込められて育ち、妹のグムファは足に傷がのこっているが普通に育った。

双子が生まれてすぐに母親は病死、父親は自殺。グムファは祖父母と暮らしている。納屋の小窓からいつも食事を届けるのはグムファの仕事だ。

一方、宗教問題研究所のパク所長(イ・ジョンジュ)は、偽宗教の問題に取り組んでいる。今は「鹿野苑」を調べていて、助手のヨセフを信者として潜入させて探りをいれていた。

彼の報告では、多額なお金も寄付を強要しなくて、反対にいろんなところに寄付までしているという。だがパク所長は鹿野苑の裏に何かあると直感して友人の僧侶ヘアンに相談するが・・・。


おどろおどろしい宗教ホラー‼

「ミッキーさんにぴったりの作品です」とネットフィリックスは時々通知がくるし、途中で映画を中断すると次回はそこから見せてくれる。月900円以下なので毎月2本はみたいと頑張っている。

これを選んだのはチャン・ジェヒョン監督の前作のカン・ドンウォンとキム・ユンソク主演の『プリースト 悪魔を葬る者』が気に入った作品だったのと、主役がイ・ジョンジュだから。青年から中年の入り口にかかった年齢だが、上品なお顔だちが好きだ。 そして高僧に田中泯さんが出ているということで迷わず「サバハ」を選んだ。サバハの意味はキリスト教でいうアーメンのことらしい。

双子の出産や納屋で過ごしている姉の映像がぞくっとする怖さ。どうしてこうなるのかなと思う点も最後に「納得」させてくれるので、これ以上はかけないが、内容も深く、うまく出来ている作品。

監督さんの宗教関連の前作『プリースト〜』も是非DVDでご覧いただきたい。
posted by ミッキー at 10:02| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

Netflix 「アウシュビッツの会計係」

ひさしぶりにNetflixを見た。1ヶ月900円以下だから一本は見ないとおもいながも、先月6月はまともに一本も見なかったので今月は頑張りたい。見たのは「アウシュビッツの会計係」

🎬「アウシュビッツの会計係」Matthew Shoychet監督/カナダ

戦後70年経って起訴されたドイツ人、オスカー・グレーニング被告(94)は、第2次大戦中、現在のポーランドにあったナチス・ドイツのアウシュビッツ強制収容所で簿記係として勤務し、約30万人の殺害をほう助した罪に対して禁錮4年の判決を言い渡した。

ナチス「最後の裁判」といえるこの裁判の一部始終を追っているドキュメンタリー。


歩行器にすがるように法廷に出てきたオスカー・グレーニング被告は、穏やかな表情の白髪の老人。虐殺に「道義的な共同責任があることは間違いない。許してほしい」と言った。元ナチスの被告が自分の責任を認めるのは珍しい。

彼は志願して武装SSに入隊、1942年から2年間、アウシュビッツ収容所に到着した人の所持品を登録し、金品をベルリンの本部に送る仕事をした。また、収容者を強制労働とガス室行きに仕分ける作業にも関与していたことを認めた。

この裁判で、各国から証人が集められるが、老齢で記憶が確かで裁判に出られる人はほんの数人だ。中でも双子姉妹だったお一人の老婆は人体病理実験を強いられたが、奇跡的に助かった。その方が「あなたを許すわ」とオスカー・グレーニング被告に近寄って抱擁する姿が映っていた。
これが大きな反響を呼び、賛否両論の意見が出たが、彼女は「許すことで自分は自由になれた」と自説を曲げようとしなかった。
posted by ミッキー at 10:58| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

Netflix 『タイニーハウス 〜大きなアメリカの極端に小さな家〜』

Netflixに相変わらず夢中だが、観たいと思うのはシリーズもので4時間から10時間の長いものが多い。そこが困る点で試写をサボるようにもなった。だからシリーズものでも一回ごと内容に区切りのあるものを探した。

それがネットフィリックスオリジナル・ドキュメンタリー『タイニーハウス 〜大きなアメリカの極端に小さな家〜』シリーズだ。


タイニーハウスの意味は極小の家で、ほとんどが6畳が2つ分か3つ分で多くても2人住まい。それ専門の大工・ザック・ギフィンと司会をする俳優?さんで工事の手助けもするジョン・ウェイスバースさんの名コンビ。

彼らはまず注文主の要望を全部聞き出して、今まですんでいたお部屋も下見して、顧客と話し合いながら進めていくのだが、とにかく顧客さんは欲張りだから見ていて「なんて図々しい人たち」と呆れてしまう。

日本は外国からみれば公団アパートの2DKぐらいを「ウサギ小屋」とよんでいるが、そこで12年住んだ経験を持つミッキーはいろんな工夫をしていたことと通じることがあった。工夫の数々は日本の方にとっても必見だと思う。

まだ最後まで見ていないが、l是非ともご覧いただきたい。

⭐️その中で実家の庭にタイニーハウスを建ててご満悦のアメリカ娘っこは、いらん物は数10メートル離れた実家というのには😡ムカムカした!
posted by ミッキー at 10:52| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする