2021年11月22日

Netflix『コタローは1人暮らし』

Netflix『コタローは1人暮らし』松本佳奈、樹下直美監督/10話/23分×10話

このところ、寝る前にNetflixをみるのが習慣になっている。題名で気に入ったものを見て、つまらなかったらすぐに次、次と変えていき、しまいには眠たくなって寝てしまう。付けっぱなしで寝てしまうこともあるが、1ヶ月見放題千円ぐらいなので平気だ。

昨日はNHKのチコチャンじゃないが5歳のわけあり男の子がアパート1人住まいという『コタローは1人暮らし』にぶち当たった! 全部みてしまった。

お風呂がない「アパートの清水」に住む売れない漫画家狩野(横山裕)のお隣に、ある日、5歳のコタロー(川原瑛都)が手荷物だけで引っ越してきた。そして「新しく越してきたさとうです。」とティッシュペーパーの箱を差し出す。ご両親は?と聞くと「1人暮らしです」とはっきり答える。
おもちゃの刀を腰にさして、侍言葉を使う5歳児。

一階に住む大家夫婦(イッセー尾形二役!)の「家賃を払ってくれるならいいよ」の許可のもとで暮らし始めた。スランプに陥った漫画家の狩野は1日中部屋にいるので、5歳児のさとうコタローと少しずつ親しくなっていくが……。

原作は 津村マミによる日本の漫画作品。

あどけない5歳児の侍言葉が可愛い。時々言っているご本人ももどかしげな表情もキュンとさせてくれた。出ている脇の方も個性たっぷり。

弁護士の光石研、漫画出版社の大倉孝二、訳ありでこのアパートに越してきたヤクザ風の男に生瀬勝久、そして家主の老夫婦がイッセー尾形2役❗️この家主夫婦はあまりストーリー展開には関わってこないが、見応えの3割はこのご夫婦が受け持っていた。


posted by ミッキー at 08:05| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月15日

Netflix『ボクたちはみんな大人になれなかった』

Netflix『ボクたちはみんな大人になれなかった』森義仁監督/124分

洋菓子製造工場で働く佐藤誠(森山未来)は文通をしていたペンネーム・犬キャラこと加藤かおり(伊藤沙莉)と初めて会った。「普通」が大嫌いと言う個性的なかおりに瞬く間に恋に落ちる。彼は生まれてはじめて「頑張りたい」と思うようになった。

そんな佐藤は小さなテレビ制作会社に就職して、テレビ画面に出るテロップを作る仕事に就く。忙しい仕事に明け暮れる日々が続く中、インドからかおりの絵はがきが届く。「こっちにおいで」と書いてあった。その後、何も言わずに別れた2人。

そして今2020年……。

862DFDFC-6157-4529-90EF-DAA784E3A22C.jpeg

伊藤沙莉さんと池松壮亮の主演映画『ちょっと思い出しただけ』はどちらかというと女の方が主体となって過去を思い出しているが、この『ボクたちはみんな〜』は男が主体となって過去を振り返っている。

振り返る時も25年と長い(1996〜2020)。その間にいろんな物が変わり、生活もどんどん忙しくなって「自分」が埋没していく様子が丁寧に描かれていた。

どんなに「普通」が嫌と思っても、その「普通」が手に届かない人が多い今……やるせない気持ちになった。
posted by ミッキー at 23:09| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

Netflix『イカゲーム』に夢中!

🎬『イカゲーム』ファン・ドンヒョク監督、脚本、製作/韓国/2021年9月Netflix配信

『トガニ 幼き瞳の告発』や『怪しい彼女』のファン・ドンヒョク監督が奇妙なゲームの招待を受けた参加者たちの姿を描くサバイバルスリラー。

シドニーに住むオージー婿のエディが面白いから是非に、と言ってくれたがいろいろ忙しくて今日やっと時間が取れて、婿と話を合わせるためにちょっとだけ見ようとNetflixを開いたが、想像とは違って(ゲームものかと軽く思っていた)いた。

集まってくるのはお金に困った人ばかりで抱える事情もいろいろ。人間ドラマの要素も入っていて見応え十分だ。といってもまだ半分しか見ていない。今夜10時すぎだが、全部見終わったら、感想など書き加えたい。

66D1CF3E-7234-4268-8F19-D8B7E8D18A69.jpeg

明け方から後半を見た。まずは出演者紹介。

ギフン(イ・ジョンジェ)
開業した飲食業が失敗に終わり、現在は運転代行の仕事をしている47歳。3年前に離婚し、今は借金取りに追われる日々を過ごしている。大金を用意する必要にかられ、駅のホームで出会った謎のメンコ男の招待を受け、ゲームに参加することに。ゲーム参加番号は456番。

サンウ(パク・ヘス)
ギフンと同じ町、同じ高校で育ったソウル大学出身の秀才。証券会社でチーム長を務めていたが、顧客の金を横領して先物取引などをして失敗。莫大な借金を抱えることに。ゲーム参加番号は218番。

イルナム(オ・ヨンス)
脳腫瘍があるため余命が長くないと告白するヨボヨボの老人、ギフンはなにかと手助けをして親切にする。ゲーム参加番号は001番。

ミニョ(キム・ジュリョン)
ゲームで生き残るために、ドクスの仲間になろうと取り入る男好き中年女性。ゲーム参加番号は212番。

セビョク(チョン・ホヨン)
競馬場でギフンとぶつかった際に彼の金を盗んだスリ。脱北者で家族のために大金が必要なためゲームに参加する。ゲーム参加番号は067番。

ドクス(ホ・ソンテ) 
暴力団組織の人間。カジノで大負けして大きな借金を背負っている。ゲーム参加番号は101番。

アリ(アヌパム・トリパシ)
パキスタンから韓国に来て働いている男性。ピンチを救ったことをきっかけにギフンたちと行動を共にすることになる。ゲーム参加番号は199番。あ

ジュノ(ウィ・ハジュン)
行方不明の兄を追ってゲームの会場へ忍び込む刑事。

他に思いがけない韓国大スター登場❗️

F4659925-E5FF-4A09-B48F-123586148976.png

とにかく、子どもの遊びを模して命懸けのゲームをして、負ければ即座に殺される。殺された人は臓器をとられるのかと思ったが目的はそうではなかった……。これ世界のいろんな国で見られて凄いことになっている。

その割にはお金はそう掛かっていないみたいで、最後にわかる有名俳優、最後のドンデン、主演ギフンの決断が見もの。是非、ご覧いただきたい❗️


posted by ミッキー at 21:51| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする