2019年12月12日

Netflix 『アメリカで最も嫌われた女性』

🎬『アメリカで最も嫌われた女性』トミー・オヘイヴァー監督/アメリカ/92分

1995年8月、無神論を啓発するNPO団体「American Athists」の代表であるマデリン・マリー・オヘア(メリッサ・レオ)は、ある日、元部下のデヴィッド(ジョシュ・ルーカス)とその仲間に息子と孫娘と共に誘拐されてしまう。

デヴィッドはマデリンが隠し持っていた賛同者からの寄付金100万ドルを要求するが、他国の銀行に預けているために一回におろす金額などの規定があってなかなか誘拐犯の手には届かなかった。

誘拐されてからすぐにマデリンの部下•ロイが異変に気付き警察に通報する。だが誘拐されたのはアメリカで最も嫌われている女性・マデリン・マリー・オヘアであることを知ると、宣伝のためではないかと疑われて、捜査はしてくれなかった。

7BBC80C6-A876-4241-A3ED-903E358AB3D7.png

Netflixのドキュメンタリー「殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合」を探しても出てこないので、この作品にした。時間が手頃だったし事実のストーリーだったから選んだ。

憎たらしいほど理論整然で皮肉なユーモアでやり返してご満悦なオバさん。ふたりの男の子を自分の主義を押し付けながらも愛情深く育てている。

彼女は特異な存在をウリにして全米で有名になっていく様子を、実際のニュース番組やトークショーで見せてくれた。

でもこの誘拐は思いもかけない結果になって……。
posted by ミッキー at 22:06| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

Netflix「月影の下で」

🎬「月影の下で」ジム•マイクル監督/アメリカ/115分/2019年

1988年、フィラデルフィア。数人がほぼ同時に目、鼻、口などから大量に出血。あっという間に死んでしまう。1人はコンサート中の男性ピアニストが舞台で血まみれでばったり。女性バス運転手は運転中に他の車にぶつかり死亡、ピザ屋の料理人は熱い鉄板の上で息絶えていた。

警官のトーマス(ボイド・ホルブルック)はその死体には刺されたような傷口がある共通点を見つける。

不可思議な殺人はそれからも続いたが、ある女性被害者が数十分生きていたので容疑者の様子が聞けた。犯人と思しき若い女性(クレオパトラ・コールマン)は不思議なことに、警察官トーマスの妻は女の子を産むと言って姿を消した。彼は異様に事件に執着して捜査に全人生をかけていくが……。

2552D709-163D-4BB4-9E64-EF81AD7B32EC.jpeg

一言でいえば「風変わりな作品」。はじめは街のあちこちでバタバタと死んでいくパニック映画で、この先、大変なことになるはずと期待するが、途中からSFものになる。

若い女性が1988年から9年ごとに(最終は未来の2024年)現れて、どういう細工かはわからないが遠隔操作で殺人をおかしていくというもの。

警察官トーマスの私生活(奥様は女の子を出産後に死んでしまう)も娘の成長を含めて描かれているが、それも事件に組み込まれているなど一回見ただけではわからなくて巻き戻して見てしまった。

現実には考えられないストーリーだが警官役の方がとても普通っぽくてよかった。
posted by ミッキー at 20:51| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

Netflix 「天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する」

今日から消費税10%。毎日行く喫茶店の☕が360円から400円になった。2杯は飲むので800円。

昨日までに急いで買ったのは山形の新幹線切符だ。10〜16日まで山形ドキュメンタリー映画祭にいくのであわてて買ったぐらいだ。

これから、何か節約しなければと考えたのが「喫茶店以外の外食」を減らすことなんだけど試写や映画館の帰りについお店に入ってしまう。週4、5回は入るので、これからは3回にしようと決めたが……。

Netflix 「天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する」

『不都合な真実』や『わたしはマララ』のデイビス・グッゲンハイム監督が世界的な大金持ちビル・ゲイツの素顔を追ったドキュメンタリー。

2日前に『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』を書いてから、ひさしぶりに パソコンを開いてNetflixで見たのが、超お金持ちビル・ゲイツさんのドキュメンタリー。

幼い時の家庭の様子、中学、高校、大学、マイクロソフトを創立して一世を風靡。その後、第一線から退いてから現在までを捉えている。

そんなビル・ゲイツさんも、監督さんのインタビューの「一番恐いのは?」に「自分の頭が働かなくなること」と笑って答えていた。そして一番大切なものは「時間」と言っていた。

移動する時間は「読書や資料を読む」にあてていて秘書さん一人では持ちきれないほどの量だった。大学時代からの親友はビル・ゲイツさんは読むのも速く、ほとんどの本の八割は忘れていないと言ってたのには驚いた。

このドキュメンタリーを見てビル・ゲイツさんは「世界の子どもたちの貧困」に目を向けていることを知った。世界的な大金持ちでとても偉い方というイメージだったが、とても人間的で情がある方だとわかった。
posted by ミッキー at 15:51| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする