2020年03月01日

2019年ベストテン【名古屋のミニシアター シネマスコーレのスタッフ伊藤新吾さん】

久しぶりにシネマスコーレにて新作3D作品のロードショーが決定しました。
2020年3月14日(土)より中国映画界にあらわれた期待の若手監督、ビー・ガン監督作品
『ロング・デイズジャーニー』3D字幕版が公開予定です。
 
 2019年ベスト10
 
1位『ミスター・ガラス』
2位『空の青さを知る人よ』
3位『ジョン・ウィック:パラベラム』
4位『サマー・オブ・84』
5位『アラジン MX4D 3D版』
6位『惡の華』
7位『半世界』
8位『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム IMAX 3D 字幕版』
9位『移動都市 モータル・エンジン 字幕版』
10位『ヒックとドラゴン 聖地への冒険 吹替版』
 
※下記ネタバレを含む箇所がありますのでご注意ください。
 
第1位 ミスター・ガラス
 『アンブレイカブル』(米公開00年/日本公開01年)から『スプリット』(17年)を経て19年。この3部作は幕を閉じる。M・ナイト・シャマラン監督は常に自身が手がける斬新なオリジナル脚本で勝負を仕掛ける才人。物語のチカラを信じる人だ。それはこの物語で自身がヒーローであると確信し続けるダン(ブルース・ウィリス)の姿と重なる。監督の代表作『シックス・センス』(99年)から20年。『ミスター・ガラス』は監督の1つの集大成というべき入魂の一作となっていたと思う。次回作でどのようなステップに踏み出すのかとても楽しみ。
 
 
第2位 空の青さを知る人よ
 両親不在の姉妹、姉は妹を大切に思い、音楽で東京に出ようする彼を追うことはなく、この地で姉妹での暮らしを選ぶ。それから13年後。姉の思い、妹の思いとは?そんな日常に高校時代の彼が時間、時空を越えて現れる。時を同じくして現在の彼も東京からこの地に戻ってくるが・・・人気シンガーあいみょんが唄う劇中歌も映画と同タイトルの『空の青さを知る人よ』。この曲が作品内で使用されるシーンは映像の飛躍、感情の爆発、作品に寄り添うかのような歌とその歌詞。とても見事な一体感で感情に迫ってきた。感動的な姉妹の物語とすこし不思議なラブストーリーがアニメーションで展開する。
 
 
第3位 ジョン・ウィック:パラベラム
 主演キアヌ・リーブスの代表作のひとつ『マトリックス』(99年)は2019年で公開から20周年。そんな彼は今作でさらに進化したアクションを披露!シリーズ3作目でついにかつて所属していた組織に立ち向かうことになり、世界を駆け巡る逃亡劇が展開する。逃亡には摩天楼を馬で駆け抜け、華麗なアクションにも闘犬をカンフーと組み合わせるなど、斬新で視覚的にも楽しい。迫る組織からの刺客はニンジャ!に完全武装の軍隊が!!クライマックスでは聖域コンチネンタルホテルでド派手に破壊の限りを尽くす。アドレナリン全開の展開がまっている!
 
 
第4位 サマー・オブ・84
 隣人が連続殺人鬼かもしれないと疑う少年たちと、賢い隣人の男(本当に連続殺人鬼)との攻防戦が見応えタップリに描かれる。音楽も80年代風のシンセサイザーを駆使したサウンドが懐かしさを誘う。クライマックス、殺人鬼は逃亡し、仲間の少年の一人が殺害されるシリアスな展開に。心トラウマを抱える主人公。興味本位で隣人を疑いはじめた彼には相応の痛烈な結末が待ちうけていた。ここまで描かれているのが印象深い。
 
 
第5位 アラジン MX4D 3D版
 オトコだらけの泥臭い物語にエッジの効いた編集を得意とするはガイ・リッチー監督が描く実写版アラジンは主人公アラジン(メナ・マスード)とランプの魔人ジーニー(ウィル・スミス)の友情の物語が色濃く浮かび上がる仕上がりに。色あせない名曲とともに魔法の絨毯のシーンは鮮やかにMX4Dで体感型へと進化され、ファン待望の魔法の絨毯に乗るという夢を実現させる。ディズニーの2019年流エンターテイメントが炸裂している。
 
 
第6位 惡の華
 井口昇監督は最新作で『片腕マシンガール』(08年)からはじまった刺激的な路線を経て、原点回帰をはたした作品を完成させた。原作、押見修造のダークな青春物語を脚本化したのは岡田麿里。『空の青さを知る人よ』に続きステキな青春の物語を完成させた。主演の1人、仲村佐和を演じる玉城ティナがとにかく魅力的だった。劇中ではコロコロと態度を変え、多彩な表情を見せる。監督のこだわりが見えるコスチュームのバリエーションにも注目。彼女はクラスのマドンナの体操服を盗んだ春日(伊藤健太郎)の一部始終を目撃し、彼を精神的な支配下に置く。彼女は彼にマニアックな無理難題を科し、後戻りが出来ないところへ魅惑的に引き込んでいく。
 
 
第7位 半世界
 本作品の温かくて魅力的な登場人物たちの日々が描かれる脚本は阪本順治監督のオリジナルによるもの。30代後半を迎え、人生の折り返しを迎えた3人の男たち(稲垣吾郎、長谷川博己、渋川清彦)が学生時代以来の再会を果たした。彼らの考え方、行動のどこかに納得するポイントが数々登場し考えさせられる。どこか懐かしい風景は三重県でのロケーションによるもの。クライマックスのある人物の死は唐突なようでも、作品の展開と結末にはあり!と思い、不意に泣けてしまった。
 
 
第8位 スパイダーマン ファー・フロム・ホーム IMAX 3D 字幕版
 今年の3D映画NO、1 ホログラムを操るヴィラン、ミステリオ(ジェイク・ギレンホール)がスパイダーマン(トム・ホランド)に仕掛ける罠の数々が視覚的にとても3D向いていた。鑑賞中その没入間は半端ではなかった。アベンジャーズ:エンドゲーム(19年)のラストからそのまま続く物語は感傷的でありながらも今のスパイダーマンらしい恋に悩み親友とは悪ふざけをし、仲間とともに敵と対峙する。爽快な青春の物語にシフトしてゆく。スパイダーマンシリーズは本当に3Dがハマリます!
 
 
第9位 移動都市 モータル・エンジン 字幕版
 大予算をかけて同名の冒険小説を映画化した作品。主人公の生い立ち、仲間との出会い、大冒険、別れ、裏切りや陰謀。個性的なアイテムと懐かしいテレビゲームRPG作品群を思わせるストーリー。この作品は鑑賞中にゲームでよく遊んでいたときを思い出させてくれてくれた。映画ならではのダイナミックなビジュアルは必見!ピーター・ジャクソン監督のもとストーリーボードなどビジュアル面で腕を磨いたクリスチャン・リヴァースの長編初監督作品。次回作も注目してみたい。
 
 
第10位 ヒックとドラゴン 聖地への冒険 吹替版
 バイキングのヒックとナイト・フューリー(ドラゴン)のトゥースの種族を超えた友情を描いた作品の映画3作目にして完結編。1作目が日本公開されたのが2010年。2009年の公開作『アバター』で3Dブームが起きた際に飛び出る3Dアニメーションの最高峰の一作として『ヒックとドラゴン』は公開された。それから9年、素晴らしい視覚効果と感動的な物語の融合はシリーズ3作目でも強靭な完成度。今作ではそれぞれの成長と前向きな別れというお互いの最高の未来へ繋がる結末が描かれる。
 
※ 2019年内に劇場鑑賞した作品の中から選びました。
 
posted by ミッキー at 03:13| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年ベストテン【静かに座って対峙した480本の尺の長さで決めた?名古屋読者・城下玲さん】

外国映画

Netflixなど作家主義の長時間映画に力作が揃った。中でも、ここ30年のすべての映画を含んだような『サタンタンゴ』は、門下生の(3)(9)同様、不穏な今を感じる文句無しの傑作でタル・ベーラの年となった。

(1)『サタンタンゴ』
(2)『読まれなかった小説』
(3)『象は静かに座っている』
(4)『ROMA/ローマ』
(5)『田園の守り人たち』
(6)『アイリッシュマン』
(7)『ペトラは静かに対峙する』
(8)『慶州(キョンジュ) ヒョンとユニ』
(9)『時間の木』(イメージフォーラム・フェスティバル)
(10)『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』
次点『私の小さなお葬式』『アダムズ・アップル』『ザ・プレイス 運命の交差点』『たちあがる女』『サマーフィーリング』

・ドキュメンタリー『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
・ホラー『コンジアム』
・アニメ『ロングウェイ・ノース 地球のてっぺん』
・偏愛する映画『快楽の漸進的横滑り』『三人の夫』『ハウス・ジャック・ビルト』『バイバスト』

日本映画

売れっ子の監督・俳優の似たような映画や、こじんまりまとまっているが、幼さが見えるものばかり。で、欠点はあるが、チャレンジしているものを選んだ。

(1)『解放区』
(2)『火口のふたり』
(3)宮本から君へ』
(4)『新聞記者』
(5)『こどもしょくどう』
(6)『岬の兄妹』
(7)『天然☆生活』
(8)『殺さない彼と死なない彼女』
(9)『メランコリック』
(10)『多十郎殉愛記』次点『あみこ』『よあけの焚き火』『惡の華』『スナックあけみ』(OP PICTURES)『月夜釜合戦』

ドキュメンタリー『i−新聞記者 ドキュメント』
ホラー『血を吸う粘土〜派生』
アニメ『海獣の子供』
posted by ミッキー at 03:07| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年ベストテン【時には母とふたりで 愛知県Nさん】

2018年からベストテンに参加しています。2019年は、私が8本、母が9本と逆転してしまいました。理由はそそっかしい私が階段を踏み外して4月末から松葉杖生活で映画館に行けなくなってしまいました。母には大変な時にいろいろ家事などせっせとやってくれて感謝しています。

私の行けない時もお小遣い目当て?の孫に車で映画館に2回連れていってもらって喜んでいました。数は観られませんが、見る前に新聞やテレビでリサーチするのも母娘共々ボケ封じになります。ベストテンというより観た映画の感想集といったところです。観た順番で書いてみました。

●『YUKIGUNI』日本
前の年にどこかで予告を見て母が次はこれを観たいと希望したので一緒にいきました。ドキュメンタリーは『フジコ・ヘミングの時間』や『毎日がアルツハイマー』で大好きになった母でしたが、男の人のドキュメンタリーも観たいと言ったので、その変化球的な言いように驚きましたが、見に行ってよかったです。母娘共々呑めませんが雰囲気がよくていい気持ちに酔ってしまいました。母は一言、バーテンダーは老けてもいい男だったねともうしていました。

●『天才作家の妻 ー40年目の真実ー』
これもふたりで。母は「ちょうどいい時におなくなりになって良かった」などと不謹慎なことをつぶやいていました。個性派大女優のグレン・クローズの燻し金の演技が光っていました。それにしても40年、ゴーストライターは辛い!(映画館に行けなくて悶々としていた時にグレン・クローズさん主演の『アルバート・ノッブス』をDVDで母と一緒に見ましたが母の反応はイマイチでした)

●『洗骨』日本
これは私1人で行きました。母は題名が気に入らないようでした。この年、初めてパンフレットを買いました。母のお土産のつもりもあります。土地に残った昔からの風習が映画で知ることができました。監督さんがお笑いの方というのにも驚きました。DVDが出ているようですから母にも、と思いながらまだ見ていません。

●『半世界』日本
稲垣吾郎さん主演だから楽しみにして行きました。精一杯頑張っていましたが、池脇千鶴や渋川清彦に支えられて出来た作品のように思いました。母はちょっと居眠りしていましたが半世界の「半」は男たちの人生の半分でこれからの半分を指すんだよと言ってましたが……違うと思いましたが丸々違うとは言えないと思いました。

●『グリーンブック』アメリカ

黒人ジャズピアニストの扱いが最初と最後では雲泥の差の扱いに差別の重みを感じた映画でした。ジャズもたくさん聴けて大満足でした。これも最後のシーンが良かったのでいい気分で帰りました。グリーンブックの意味もわかりました。


●『運び屋』アメリカ
母娘共々クリント・イーストウッドさんのファンで、監督した『硫黄島からの手紙』は数年前に2人で行きました。『運び屋』はドキドキしたり最後の元夫婦のシーンでしんみりしたり……、いい映画でした。これが【2019 年の1番の映画】に決めました。

●『ソローキンの見た桜』日本
母だけ大学生の孫の車に乗せてもらって行きました。おばあちゃん半分以上寝てたよと耳打ちしてくれました。そんなことは忘れてしまったのか、女優さんが綺麗だったけど映画は思ったほど感動しなかったと言っていました。孫の方が初めて知ることばかりで日本近代史の勉強になったと興奮していました。

●『アルキメデスの大戦』日本
これは孫が選んだもので孫の友達と3人で車で行きました。これがとっても良かったらしく パンフレットを買ってました。特に菅田将暉さんのテンポの良い口調が気に入ったようでした。映画代、パンフレット代、食事代で大盤振る舞いしたらしいです。

● 『エセルとアーネスト ふたりの物語』イギリス映画
ミッキーさんのブログでオススメだったので母と二人で今池に行きました。階段があるので「大丈夫?」と聞いたら「おみゃーさんに言われともない」と返されました(苦笑)
アニメとは思えない深い内容、夫婦愛が丁寧に描かれていました。母もアニメを見直したようでした。


● 『私のちいさなお葬式』ロシア映画
これもミッキーさんの強いオススメ。またまた今池に行きました。ここはいい映画ばっかりやるから階段も慣れないとねと母が言ってました。今年最後の映画になりましたが、二人して笑いながら見ました。あんなふうにうまくあの世に逝けたらいいねと言いあいました。
posted by ミッキー at 02:59| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする