2021年05月12日

DVD『渇き』

DVD『渇き』パク・チャヌク監督/韓国、アメリカ/2010年


実直なカトリックの神父サンヒョン(ソン・ガンホ)は訳あって、謎のウィルスの生体実験に身を投じ、発病し死亡した。だが正体不明の血液を輸血され、奇跡的に息を吹き返した。そのせいで出来たできものを隠す為、包帯をした彼は(包帯の聖者)と呼ばれ崇められた。


そこへ、韓服店を営むラ夫人から病弱な息子の為に祈ってほしいと頼まれる。
その息子ガンウとは幼なじみでもあった為、彼の家に出入りするようになり、ガンウの妻テジュと知り会う。
神父サンヒョンはテジュに心を奪われて……。

2E223411-C9F5-4C13-A0E5-6D31AEC889CC.jpeg

ミッキーの知り合いがゴールデンウィーク前に「ソン・ガンホの映画でオススメを教えて」と聞いてきたので、すぐDVD屋に行って借りてきたのがこれ。ミッキーも一回見てから知り合いに紹介した。

心はテジュに、体は輸血の影響でバンパイアに変貌。

昏睡中の病人からチューブで血をチューっと吸ったり、
それを貯めて冷蔵庫で保存して、お腹がすいたらチュー。


ものすごく、リアルで生活臭たっぷり。
セックス・シーンもバッチリ、バンパイア風!
ソン・ガンホはもちろんのことだが、
キム・オクビンの隠し持った大胆さも、シン・ハギョンの無能夫ぶりも面白い。


でも、私が一番驚いたのは、『ビバ!ラブ』の主演女優さんのキム・へスクの息子溺愛濃厚演技だ。
最後の方で、ガンホさんの大切なものがちらっと見える…。
これって、ファンへのサービスかも。
posted by ミッキー at 22:02| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

DVD『コクリコ坂から』

アニメ『アーヤと魔女』宮崎吾朗監督(企画宮崎駿)は公開延期になってしまったのでコクリコ坂のDVDを見たり、成瀬巳喜男の作品をNetflixで見たりしてほとんど家で過ごした。家を出たのはゴミ出し150歩とDVD屋に1000歩ぐらいだった。

DVD『コクリコ坂から』宮崎吾朗監督/91分/2011年

81B3EC3A-ECC5-45D5-9D91-A9C183899FCF.jpeg

1963年横浜。港の見える丘にある下宿屋コクリコ荘。そこを切り盛りする16歳の少女・海。彼女は毎朝、船乗りの父に教わった信号旗を海に向かって揚げていた。旗の意味は「安全な航行を祈る」。
一方、その旗を見ていた者がいた。タグボートで通学していた17歳の少年・俊だ。
ある日、海は高校の文化部部室の建物、通称「カルチェラタン」の取り壊しに反対する学生たちの運動に巻き込まれ、そこで1学年上の新聞部の少年・俊と出会う。

「なかよし」に連載された高橋千鶴・佐山哲郎による少女漫画をスタジオジブリが映画化。

『ゲド戦記』の宮崎吾朗が5年ぶりの監督作品。翌年に東京オリンピックを控え、新しいものが素晴らしいものと信じていた時代。私も16〜17歳だった。
日常生活の制服ひだスカートの寝押しや電気洗濯機(しぼるローラーがついている)が懐かしかった。実写では見落としてしまうが、このアニメは描写が細かいので懐かしさが倍増した。

声の出演者はみんな◎、台詞にはちゃんと息つぎがある。

この当時の横浜と東京新橋がとても遠くに感じたし、のどかな港町から大都会の変化も楽しめた。流行した歌「上を向いて歩こう」や庶民生活がたっぷりと味わえた。この時代にこの場所で生活した方にとって、ため息なしでは観られない作品。

★Netflixで見たのは田中絹代主演、監督は成瀬巳喜男の『銀座化粧』1951年の作品。この時代では、成瀬監督が一番好きだ。


posted by ミッキー at 22:41| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

DVD『スマグラー おまえの未来を運べ』

DVD『スマグラー おまえの未来を運べ』石井克人監督/2011年

1999年世紀末。25歳のフリーター砧涼介(妻夫木聡)は、工業地帯を走る無口なトラック運転手のジョー(永瀬正敏)と彼をサポートするお気楽ジジイの横に座って、ほんの一ヶ月前のことを思い出していた。

砧は松田優作にあこがれて、役者を目指して劇団に入っていたが、嫌気がさして退団。パチスロで自堕落な生活を送っていたが、中国人の張の儲け話に思わずのってしまう。だが、逆にだまされて300万円の借金を背負う。

A61C4B0E-20A9-4F43-AA07-2CD336EC3424.jpeg

背に腹は変えられず金貸しの紹介してくれたトラック助手(1日5万円)の仕事に就いたが……。これは約10年以上前に劇場で見たはずだが、初めて観る気分でDVDに釘付けになった。

スマグラーとは密輸入者、秘密の運送屋、厳しい制限を切り抜ける者。

この作品では大変なものを運ぶ秘密の運送屋。ちょっとしたミスが命取りになる危険な仕事。そんな仕事をするはめになった妻夫木聡。おどおど、なみだ目、唇ぶるぶる・・・妻夫木ファンにとって目をつむってしまうシーンの連続だ。

周りの登場人物もちょっと恐い!別の世界の生き物と言ってもいいくらい。日本裏組織に対抗する中国マフィアの2人、背骨(安藤政信/あっぱれ全編中国語/最強!ヌンチャクの使い手)と内臓(テイ龍進)の最強コンビの格闘シーンは凄い!の一言。

日本裏組織の田沼組組長(島田洋八/台詞のテンポがいい)その息子(高嶋政宏/異常性格者に目を見張った)、組長の女(満島ひかり/口はぶっきらぼうだが美しい)など書きつくせないほど見どころ満載。

死体だって、痛いのだって、平気の方に是非、是非DVDでもう一度観ていただきたい。
posted by ミッキー at 19:44| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする