2022年05月02日

DVD『スウィッチ』

今日は歩いて15分の109シネマズに『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) 2021』『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』を観に行った。

驚いたことにドラえもんは20人ほどのお客で子どもが3人、あとは大人、クレヨンしんちゃんは50人は入っていたが子どもは10人もいただろうか、他は大人ばかりだった。

ミッキーは断然、クレヨンしんちゃんが好き。ドラえもんは戦争や水中事故もあってなんだか暗い気持ちになってしまった。


DVD『スウィッチ』フレデリック・シェンデルフェール監督/フランス/100分/2011年

2EE12C71-3A8D-45E2-8331-755F0A739FB2.jpeg

あこがれのパリでバカンスを過ごそうとしていたソフィ(カリーヌ・ヴァナッス)は、ネットの期間限定のアパート交換サイトでパリ在住の女性と知り合い、とんとん拍子で話がきまり、カナダから旅立った。

だが、到着の翌朝、寝室で男性の惨殺死体が見つかり、ソフィは殺人容疑で逮捕されてしまう。警察に事情を話をするが、すべての状況証拠は彼女が犯人であることを示していて……。

えぇ!どうなっちゃうの?と心配になってしまうが、ソフィは最後まで諦めずに闘っていた。

難を言えば始まりから不安げな音楽だったこと。サスペンスとわかっていても、憧れのパリに来た高揚感をまず感じさせないと。

それにもう一つ、相当長い間、全速力で走った刑事(エリック・カントナ)さん。直後のシーンなら、息が上がって、肩で大きく大きく息をしていないと……まぁ、ちょっとしたことだけど、現実味がなかった。

★女優さんが日本人好みの顔立ちで好感が持てた。 



posted by ミッキー at 17:21| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月05日

DVD 『ブローン・アパート』

DVD 『ブローン・アパート』シャロン・マグアイア監督・脚本/イギリス/100分/2011年


警察の爆弾処理班に所属する夫と4歳の息子とロンドンで平凡に暮らす若い母親(ミシェル・ウィリアムズ)は、
ある日、新聞記者のジャスパー(ユアン・マクレガー)に声を掛けられた。欲望のままに関係を持ってしまう。

その後、二人は再び密会するが、その最中に夫と息子が爆破テロ事件に巻き込まれてしまい……。

16BA2D48-4DCC-466D-819A-FDF667B73E4E.jpeg


皮肉な運命だ。サッカーの試合に行く夫と息子を見送って、自分は部屋でその試合をのんびり見ていようと、うちに戻りかけた時、ジャスパーに会う。彼も試合を見に行くはずだったが、女と密会してテロにあわず命拾いする。

警察官の夫のあの冷たい態度は、仕事で神経がピリピリしているだけじゃないみたいな嫌な感じだった。彼女は体の交わりもない夫婦関係に落胆や失望を感じていたはず。夫からの優しい眼差しさえも感じなくなっていたのだろう。


テロとか警察のやり方なども大きなテーマかもしれないが、彼女の寂しさ、苦しさの方に目がいってしまった。

★10年以上前の作品。ミシェル・ウィリアムズの美しさがまばゆかった。
posted by ミッキー at 21:52| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月24日

DVD『ヘルプ 心がつなぐストーリー』

最近 DVD屋さんによく行く。借りるのではなくて3本千円ぐらいで買い取るコーナーに行って、題名を持参したiPadで検索してNetflixにない物を買っている。今日の DVDも買った中の一つ。昔見たものだが絶対忘れられないシーンがあったのでチョイスした。

DVD『ヘルプ 心がつなぐストーリー』テイト・ティラー監督/アメリカ/146分/2012年

ミシシッピ南部の上流階級に生まれた作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、黒人のメイドたちに囲まれて育ったが、大人になり白人社会でのメイドたちの立場に疑問を抱きはじめる。

真実を明らかにしようとメイドたちにインタビューを試みるスキーターだったが、誰もが口を閉ざすばかりだった。そんな中、ひとりのメイドがインタビューに応じたことから、社会全体を巻き込むほどの事態になって……。

076E06D5-290F-492A-B1FB-B6268446C351.jpeg

1960年代の米ミシシッピを舞台に、白人女性と黒人家政婦たちの友情が街を変えていく様子を描いたベストセラー小説の映画化。

10年前の作品。ダコタ・ファニング主演の『リリィ、ハチミツ色の夏』を思い出した。年代も場所も同じ設定だった。黒人と白人が対等に話できない時代で、白人は相手を人間とは思っていなかったほど差別はきつかったようだ。

もちろんいまでは考えられないことだが、人間の心にひそむ差別の問題は国、時代に関係なく、人間の住むところには必ずあるもの。この作品をみていて差別している者も、ある場面では差別されていたりする……、人間の業の深さを感じた。

美味しいと大評判の手作り御菓子に○○こを入れちゃうなんて、映画をみて、まさかだけど真似する人が出てこないことを祈るばかり。
posted by ミッキー at 20:44| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする