2017年12月22日

旧き佳きアメリカ映画″でホッコリ【後編】by ねんねこ

再び、こんばんラブりん!【後編】はこの映画から。

『パーティ』('68.ブレイク・エドワーズ監督作品)です。だんだんと年代を遡っていますよ。
もう何人(ナニジン=どこの国の人)にでもなれちゃう不思議な名優ピーター・セラーズ、この映画ではインド人役です。そして音楽はヘンリー・マンシーニ。そう、あの往年の傑作『ピンク・パンサー』シリーズの顔合わせなのですよ〜!
セラーズ演ずるインド人俳優バクシ氏が、誤って場違いな業界のパーティに招待されてしまい…。以前ご紹介した『ぼくの伯父さんの休暇』のユロ氏と同じく ゙悪気はない″のに、なにぶん文化と経験の違いと言いますか…案の定大騒動になります。まさにセラーズのワンマンショーを楽しむような映画ですが、このパーティ会場には実はもう一人 ゙困った人″がいたわけで…。

最後にご紹介したいのは、私ねんねこにとって宝物のような映画『あなただけ今晩は』('63.ビリー・ワイルダー監督作品)なのですが…
まず…ねんねこがまだ映画ファンではなかった、どうやら中学生くらいの頃(←さっき調べたら ゙1975年作品″だったから)、『あなただけ今晩は』という倉本聰さん原作・脚本(これもさっき知りました!)のテレビドラマがありました。確か土曜日の夜9時か10時くらいからの放送だったと思います。ちゃんと観ていた訳ではないので、なにぶん記憶が曖昧ですが…。
亡くなった奥さん(若尾文子さん)が、残された旦那さん(藤田まことさん)のことが心配で、天に召される四十九日までの間だけ(?)傍にいて見守ったりナンかしたり…でも旦那さんはそれを知らないし、姿も見えない…と、確かそんなような話のロマンチックコメディだったと思うんですが、なにぶん記憶が…???
ただ、テーマ音楽がとても素敵で、最終回にはその音楽をバックに、いよいよ奥さんが銀河鉄道みたいな汽車に乗って天に帰って行く…そこだけはよく覚えています。
やがて映画青年となったねんねこは、行きつけだった名画座のプログラムの中に「あのドラマと同じタイトルの映画!」を見つけ、この『あなただけ今晩は』に出逢います。
さて、同じワイルダー監督による不朽の名作『アパートの鍵貸します』('60)のマクレモコンビ(こうゆう百友コンビみたいな呼び方は別にされてません。たった今ねんねこが作りました)を再び主演に迎え、パリの裏通り=可愛いイルマ(シャーリー・マクレーン)らの仕事場 ゙娼婦街″に真面目な警官ネスター(ジャック・レモン)が赴任してくるところからとっても愉快な物語が始まります。もうストーリーについては書きません。とにかく観て、楽しんでください!
先に知ってた倉本氏作のテレビドラマですが、もちろん「それはまた別の話」。もう結構知られているハナシですが、この「それはまた別の話」という、テレビドラマ『王様のレストラン』の中で語り手の森本レオさんも使っていたこの言い回しは、この映画に出てくるバーテンダーさんの決めゼリフが元ネタです。ドラマの作者である三谷幸喜氏もビリー・ワイルダー監督の大ファンですからね。「That's another story」と言っているようですが、ねんねこの持ってるVHSの字幕では「余談だ」と訳されてました。でも劇場で観た時には「それは別の話だがね」といったような字幕だったはず。だから『王様のレストラン』にその言葉が出てきた時にも、すぐにわかって「ニヤリ」としたものです。DVDではどんな訳なのかな?
それからその『王様〜』最終回のラストシーン、作者の三谷氏自身が扮装して登場する謎の紳士、これもこの映画の ゙登場人物″が元。…なので、そんなところも楽しみながら是非観てください。
聞いたところによると、後にワイルダー監督はこの映画を「失敗作」と語ったそうですが、どうか監督そんなこと言わないでください。この映画との出逢いがあったから、ねんねこはこれほどの映画好きになれたんですよ!

それでは今回はこれにて失礼いたします。
少し早いけど「Merry X'mas!」
そして「来年も嬉しいこと、楽しいこと、いっぱいあるといいね!よいお年を!」
posted by ミッキー at 04:26| Comment(0) | 感想をいただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

旧き佳きアメリカ映画″でホッコリ【前編】 by ねんねこ

こんばんラブりん!ねんねこです。ネコはコタツで丸くなる季節ですが、ねんねこはネコではなく、雪国生まれのせいか?寒いのは平気。クリスマスも近くて一番嬉しい時期です♪
そんなねんねこと違い寒くて震えている皆さんに、今年も心から温かくなれそうな映画をご紹介させてください。今回は ゙旧き佳きアメリカ映画″を。
戦時中から現在に至るまで ゙いろんなもの″を我が国土に落っことしてくれる困ったアメリカさんですが、往年の映画に関しては本当に良いものをいっぱい生み出しています。
さて、゙旧き″とは言っても今回選んだのは、1930年代40年代の今や ゙クラシック″と喚ばれているほど昔のものではなく、ねんねこが映画を観始めた1980年にはまだ「少し前の映画」だったくらいのものの中から、いろいろ取り揃えてみました。もう全部カラー作品です。

まずは、『ファール・プレイ』('78.コリン・ヒギンズ監督作品)です。
アメリカの誇る目玉のコメディエンヌ、ゴールディ・ホーン扮する主人公がヒッチハイカーをクルマに乗せたことがキッカケとなる、ヒッチコック風捲き込まれ型のサスペンスコメディです。刑事役チェビー・チェイスとのラブロマンスもいいですが、なんといっても見物(ミモノ)は『ロッキー』のコーチ=ミッキー役でお馴染みバージェス・メレディス爺さんの張り切りアクションシーン!さらに ゙小男なのにモテ男″なのが羨ましい=ダドリー・ムーアの怪演。その可笑しさったらありません!
映画の中で上演される日本的なオペラは『ミカド』です。オペラというよりオペレッタなのかな?
クライマックスに向けて爆走するタクシーの後部座席にいる日本人老夫婦にも御注目!失礼ながら端役なのに、このシーンでは完全に主演の二人を喰っちゃってます。 …考えてみると、この老夫婦こそ(ほんの一時的ながら)捲き込まれちゃった人だよなぁ…

続いては、『オー!ゴッド』('77.カール・ライナー監督作品)という作品です。
シンガーソングライターとして知られるジョン・デンバーさん演じる主人公=スーパーの売り場主任ジェリーが、ある日 ゙神様″から呼び出されます。現代のモーセ(メッセンジャー)に選ばれてしまったジェリーは、神の存在を世に知らしめねばならなくなり奮闘努力しますが、当然人々には笑われ気味悪がられ、奥さんは心配する、子供たちにも疎まれる、仕事面にまで支障が出てきます。テレビの取材も来たりして、『オー!ゴッド』だけに「大事」になります…。
それにしても、特に信心深いわけでもなく、これといって取り柄もなさそうな極めて平均的な安部礼司みたいな一介のスーパー主任のジェリーが何故神様に選ばれたのか?それが観進めていくうちになんだか判ってくるんですよね。
゙神様″(の仮の姿)を演じるのは、『サンシャイン・ボーイズ』('75)で、アカデミー賞助演男優賞の最年長受賞者(当時)となったジョージ・バーンズさん。
監督のカール・ライナー氏は、俳優としても『オーシャンズ11』シリーズなど多くの映画に出演されてますが、それよりも『スタンド・バイ・ミー』('86)『恋人たちの予感』('89)『ミザリー』('90)などを撮ったロブ・ライナー監督の「お父さん」といった方が人物紹介としてはわかりやすいでしょうね。
尚、この映画には『オー!ゴッド2/子供はこわい』('80)、『オー!ゴッド3/悪魔はこわい』('84)という続編があるようで、監督はそれぞれ異なりますが、いずれもジョージ・バーンズさんが続投主演されています。この続編の存在、ねんねこは最近まで知りませんでした。日本でも劇場公開はされたのかな?
主演のジョン・デンバーさんは1997年10月12日、飛行機事故により残念ながら53歳の若さで他界されました。このニュースを聞いた時は、本当に悲しかったですね。
天国で神様に再会できたかなぁ…

【後編】も お楽しみに!
posted by ミッキー at 00:27| Comment(0) | 感想をいただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

感想をいただきました 『映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』by ねんねこ

東映さんが、この夏から「仮面ライダー&戦隊シリーズ」のマスコミ試写を始められた。これまでは ゙諸事情″(🐮なんだろう!?)により出来なかったそうである。もう熱心に観入るという年齢でもとっくにないけど、戦隊モノはともかく「仮面ライダーシリーズ」は興味ないこともないので、これから楽しみだな…
と思っていたら、今度はなんと「プリキュア」の試写まで始まっちゃった!

この日はちょうど一本観た続きで試写室に残っていたところ、現れた東映の宣伝担当の方も「誰も来ないんじゃないかなあ〜」と不安げだったけど、まぁ少人数ながら観賞者はいました。

さて『映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』です。タイトル長〜い
「プリキュア」のテレビシリーズが始まったのは2004年。映画は今作でなんと23作目となりました!
いつも言いますが、ねんねこは漫画もTVアニメもほとんど観ません。深夜によく放送されてるような美少女萌え系?アニメとかも興味ないし、ましてや3歳くらいの女の子が対象(←宣伝担当さん談)の早朝アニメ観てるワケもないです。シリーズ最初のタイトルが『ふたりはプリキュア』(だから2人だったんだろうな)だったことや 新シリーズになる度に人数が増減していることくらいは なんとなく知ってましたけど。
ただ、現在放送中のこのシリーズに限っては、実は少しばかり気にはなっていたんです。と言うのも、主演キャラクターの声優として美山加恋ちゃんと福原遥ちゃんがキャスティングされていたから。
加恋ちゃんは 2004年のテレビドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』の健気な凛ちゃん役の名演技で一躍人気者となった子。かたや福原遥ちゃんは Eテレ『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』の ゙まいんちゃん″の可愛らしさで多くのファンを得、おそらくいまだに ゙福原遥″より ゙まいんちゃん″と言った方が通じるでしょうね。ともに子役出身にして今では女優としてドラマ・映画で活躍中。
しかしながら、演技者としての芸歴は長いものの、声優の発声法やセリフ術って一種独特じゃないですか。
多くの劇場版アニメで、レギュラーの声優陣に混じって俳優やタレントがよくゲスト出演してたり、最近ではアニメ以外でも外国映画の吹き替え版で主役級なんかを有名俳優・タレントが声やってますけど、それらは明らかにその人とわかるものがほとんど。あるいは敢えてその個性(個声)が狙いでのキャスティングだったり。逆に声優が本業の人が実写ドラマに出ていて そこでいつもの調子で喋ってたりすると、もの凄く不自然だったりします。
今回のプリキュアは6人で、あとの4人の声はいわゆる本職の声優さんが演ずるので、この2人との間で違和感が生じるんではないか?と心配だったのです。
結論から言えば、この劇場版を観るかぎり、それは杞憂だったようです。声の主が彼女らだとは気づかないどころか「この2人だけプロの声優じゃない!」とも思わないのでした。見事に溶け込んでいます。
見事!ということなら、今作にはゲスト声優として歌舞伎界のプリンス尾上松也さんが天才パティシエ役で参加しているんだけど、これがあのクールなイメージからは想像できないほどに もうノッリノリの楽しさで、やはり予めこれが松也さんだと知らなければ気づかないでしょう。

肝腎の内容についてなんにも述べてませんでした!
TV放送中のプリキュアはタイトルからも想像がつくでしょうが、スイーツがテーマ。6人の女の子たちがスイーツ作りに情熱を注ぎつつ、プリキュアに変身して…なんか敵と戦います。多分。すみません!テレビ版を観たことがないのであまり詳しいことはわかりません。
そちらはともかく、劇場版は「世界パティシエコンテスト」に参加すべく彼女らが来ているパリが舞台。そしてそこに現れたスイーツの化け物と戦う…と ざっくり言うとそうゆう話です。尺も1時間ほどだし、なにせ3歳くらいの女の子向けのおはなし(だから宣伝担当さん談)ですから そんなにムズカシイものじゃありません。

さぁそれじゃあ さすがに大人には退屈か…と思ったら、あに図らんや!これがよく出来ていてとても面白いんです!前述の松也さんのノッリノリも楽しさの大きな要因ですが、ちょっとした伏線まで張られてたりもするんですよね、3歳向けなのに。
6人もいるプリキュア=女の子たちの区別なんかもつかないんじゃないかと思ってたけど個性が際立っていてすぐに覚えられたし、それと先に「スイーツがテーマ」と書いたけど、もうひとつ「アニマル」というのもテーマだそうで、6人のプリキュアちゃんたちそれぞれがウサギやらライオンやらペガサス(!)やらの特性を備えていて、それを活かして戦うという設定。そして、これちょっとネタバレになっちゃうけど、敵の化け物の魔力でみんな別の生物(の特性)に変えられちゃうんですね。これがもう可笑しくって…(スイーツだけに「お菓子食って」と掛けてみました…)
試写案内をいただいてた人たち、やはり来るべきでした。どんな作品だって、観てみなきゃわからないのだよ!

とは言うものの、大の大人たちに「数多ある公開作品の中から是非ともこの映画を選ぶべし!」ともなかなか言い難くはあります。
でも、小さなお子さんをお連れのパパさんママさん!公開からは少しばかり日が経ってしまっていますが、今からでもお子さんと映画館にお出かけください!そして、必ず一緒に観てあげてください。べつに3歳じゃなくてもかまいません。小さな子が学ぶべきこともイッパイ詰まってます。すでに大人の方も自分を見つめ直す良い機会かも。それになにより楽しいです!

そうそう!この『映画 プリキュア』シリーズは、観客参加型として定着しているそうで、ねんねこも試写観賞時に渡されましたが「ミラクル☆キラキラルライト」というピンクの小っちゃなライトが入場者にプレゼントされます(※)。2007年11月公開の劇場版第4作の時から毎年異なった名前とデザインで登場しているアイテムで、プリキュアちゃんたちがピンチになったら、それを照らして応援するんです。
※ 劇場によって数に限りがあります。まだあるかな…
※ チケットを購入された中学生以下の小人に限るとのことです。残念!
試写室では いい歳をした大人たちだけでプリキュアちゃんを応援しました。場を想像してみてください…

かわいい短編『Petit☆ドリームスターズ! レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』も併映される お得な二本立てだよ〜!!

みんな〜 映画館へ会いにきてね〜!

− 了 −

posted by ミッキー at 00:06| Comment(0) | 感想をいただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする