2021年11月21日

ドイツ映画祭Horizonte 2021(4)『オライの決断』

DCF35E80-3F86-4CB6-9ADB-1FD97CF19959.jpeg

🎬『オライの決断』メフメト・アキフ・ビュユアタライ監督/100分

ちょっとした口喧嘩がもとで禁句である言葉「タラーク!」と3回、妻の留守電に入れてしまった夫オライは、後悔するが後の祭り。イスラムの法に詳しい人に相談すると「仮離婚して3ヶ月離れなければならない」と教えられた。

敬虔なイスラム教徒のオライはその言葉に従って少し離れた町に引っ越しして市場で働き始めた。その町にあるモスクや教団のグループに参加するが……。


日本なら江戸時代の「三行半 みくだりはん」だ。夫から一方的に離縁される。タラークを3回言ってしまうと、1回離婚して別の人と結婚しないと、同じ人とは再婚できないというのが、伝統的なイスラームの教え。オライは心底、妻(美人さん)に惚れているので心配でならない。

3ヶ月離れている間にオライは弁がたつのでたちまち教団の中心人物になって行き、時々会いにくる妻とも(教えでは体にさわってもいけないのに…)抱きあっていた。

今まであまり描かれなかったイスラム教会内部の様子やそこに集まってくる若者たちの生活の片鱗を見せてもらった。

★現在は、トルコではタラーク3回で離婚は成立しないが、サウディアラビアではいまだに成立。インドでは最近、タラーク3回での離婚は禁止された。



全作品みたが(『異端児ファズビンダー』は大居眠り)ほぼイスラム、移民系の作品。移民か3割のドイツだが、あと2作品ぐらいは(欲を言えば、モリッツ・ブリブレイト、ダニエル・ブリュールらの出ている)他の作品を観たかった。


★勝手に賞を❗️

作品賞 ベルリン・アレクサンダープラッツ

監督賞 悪は存在せず のムハムド・ラスロフ監督

主演男優賞 悪は存在せずの一番最初のパートに出てきた家族思いのお父さんの役者さん。

助演男優賞 ベルリン・アレクサンダープラット システム・クラッシャー 家に帰りたい のアルブレヒト・シャッフさんに。

脚本賞 オライの決断

主演女優賞 システム・クラッシャー 家に帰りたい の女の子ヘレナ・ツェンゲルに。

助演女優賞 ベルリン・アレクサンダープラッツのフランシスの恋人役でストーリーを導くナレーションをした女優さん。
posted by ミッキー at 09:16| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月20日

ドイツ映画祭Horizonte 2021(3)『悪は存在せず』『システム・クラッシャー 家に帰りたい』

A21322E5-0E93-4613-BF24-670396728793.jpeg

🎬『悪は存在せず』モハムド・ラスロフ監督/151分

『悪は存在せず』はイランの死刑制度を軸にいろんな立場の執行人4人の話でできている。

見応えあり。この作品は去年の東京国際でかかったもの。

思い出したのは吉村昭の『休暇』だ。主演は、刑務官平井に小林薫、死刑囚に西島秀俊だった。刑務官の平井は死刑執行時の支え役を(落下する死体を下で受け止める)やると7日間休暇がもらえるので、新婚旅行に行こうと、皆が嫌う支え役を願い出る……という話。

この作品も明日日曜に上映される。

★イランの映画監督モハマド・ラスロフが死刑制度を中心に4つの話を展開するドラマ映画。ベルリン国際映画祭にて金熊賞を受賞。監督は何度もイラン政府から映画製作の禁止や出国の禁止などを受けている。

🎬『システム・クラッシャー 家に帰りたい』ノラ・フィングシャイト監督/118分

色白で金髪の9歳の少女ベニーを当分忘れそうにない。悪夢に出てくるかもしれないほどだ。一度怒りに火がつくと手がつけられなくて、警察が身体を拘束するほど凄まじいのだ。

この役を演じることができる子役など世界中をさがしてもそういるもんじゃない。声も怒声、狂気の声と難なく出している。お名前から見ると女性監督のようで、長編デビュー作とか。

ベニーの周りにいる実母、施設の人がどんなに親切に心を砕いてもベニーに押し寄せる激情にはなすすべもない……。これ一本でくたくたに疲れた。だが一般公開してほしい作品だ。

★『ベルリン・アレクサンダープラッツ』に出たサイコパス男ラインホルトを演じたアルブレヒト・シャッフさんは、この作品では仕事熱心な介護人で、ベニーを連れて山中で2人っきりで過ごすケアをやっていた。

posted by ミッキー at 19:05| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月19日

ドイツ映画祭Horizonte 2021(2)『マリアム エヴィーン刑務所に生まれて』『ベルリン・アレクサンダープラッツ』

050D9F75-F7AF-4906-8001-6B3669C821E2.jpeg

🎬『マリアム エヴィーン刑務所に生まれて』マリアム・ベレー監督/95分

1979年のイラン革命によりイラン皇帝が倒れるとホメイニが権力を握り、政治的に対抗する数万人の人々を逮捕、殺害。監督の両親も逮捕され何年も収容所に収監された。逮捕時に妊娠していた母親は収容所で出産。その赤子が監督さん。その後監督さんだけ実家に引き取られ成長。その後両親が収容所から出て娘と3人でドイツに逃れた。この迫害と刑務所での体験は、家族の間でも語られることはなかった。

女優、そして作家として活躍するマリアム・ザレーさんは政治犯が収容されるイランの「エヴィーン刑務所」で誕生した。そんな彼女が監督として初めて撮ったのが彼女自身の誕生にまつわるドキュメンタリー。

彼女の母は今では地方議員で理性的な面立ちとはっきりとした口調で女性政治家として活躍中。演説する場所は中央駅。支持者の集まる前で「約30年前に乳飲み子を抱えて途方にくれた場所。私の出発点がここです」と力強く語っていた。

だが娘である監督が当時のことを聞くと、口を濁し、当時のことを言いたくない様子だ。

書けるのはここまで、今日も上映があり、その後オンラインでトークが行われる。是非、是非、関東在住の方はご覧いただきたい。


🎬『ベルリン・アレクサンダープラッツ』ブルハン・クルバニ監督/182分

アフリカからヨーロッパを目指していた不法移民のフランシスは、船が嵐にあって沈没。その時、もし無事に上陸できたら、心を入れ替えて真面目に生きると心に誓う。その願いは叶い、フランシスはドイツにたどり着く。

しかし不法移民としての生活は過酷で、出会った麻薬密売人のラインホルトがフランシスを麻薬売買に引き込もうとする。それに抵抗しきれないフランシスは、徐々に犯罪に手を染めていく。そんな中、ある女性と出会ったことでフランシスは運命を変えようとするが……。

3時間、あっという間だった!7つのパートに分かれていて、ストーリー展開にメリハリがきいていた。 フランシス役のウェルケット・ブンゲとラインホルト役のアルブレヒト・シュッヘの見事な演技に魅了されたが、中でもサイコパスぎみの麻薬密売人ラインホルトを演じた アルブレヒト・シュッヘさんは今日上映する『システム・クラッシャー 家に帰りたい』にも出るので楽しみ。

★2020年・第70回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。ドイツ映画賞2020では作品賞を含む5部門に輝いた。
posted by ミッキー at 08:50| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする