2019年03月17日

大阪アジアン映画祭2019 受賞作品発表

★グランプリ(最優秀作品賞)『なまず』韓国 イ・オクソプ監督

★来るべき才能賞 『過ぎた春』中国 バイ・シュエ監督

★スペシャル・メンション 『アワ・ボディ』ハン・ガラム監督 韓国

『ブルブルは歌える』リマ・ダス監督 インド

★ABCテレビ賞
『アルナとその好物』エドウィン監督 インドネシア

★薬師真珠賞 ニルミニ・シゲラ(主演女優 『アサンディミッタ』スリランカ

★JAPAN CUTS Award 『JKエレジー』松上元太監督

★JAPAN CUTS Award/スペシャル・メンション 『WHOLE』川添ビイラル監督

★芳泉短編賞 『じゃあまたね』台湾ポーリー・ホアン監督

★芳泉短編賞 /スペシャル・メンション 『2923』サニー・ユイ監督 台湾

★観客賞『みじめな人』オリヴァー・チャン監督 香港
posted by ミッキー at 21:09| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪アジアン映画祭2019(8)『過ぎた春』『アワ・ボディ』

🎬『過ぎた春』バイ・シュエ監督/中国/99分/日本初上映

父は香港人、母は中国人の16歳のペイペイ(ホアン・ヤオ)は、深センから毎日国境を越えて香港の高校に通っている。

彼女は深センで母と住んでいるが、母は友だちを集めて麻雀ばかりしている。父は香港で別の家族を持っていて国境付近でトラック運転手をしている。

孤独なペイペイにとって一番楽しいのは、学校で親友ジョーと過ごす時間だ。2人で北海道旅行を楽しみにしている。学校で小遣い稼ぎに手作り品を同級生に売るなどしていたが、ある時、ジョーの誘いで船上パーティーに参加して、青年ハオに出会って……。


英題は「The Crossing」なるほどと思われるストーリーだ。母は麻雀狂いだが性格は明るい、父は時々ペイペイが仕事場に行くと小遣いをくれる。親友のジョーは大金持ちで大きな水槽にサメを飼っている。

貧富の差を表したいのだろうが、2人の境遇にはすごい開きがあって不自然さがあった。しかし、行きたいところが日本なだけに見ている方も嬉しかった。しかし、清純そうなペイペイが制服の下に新型スマホを何台も括り付けて危ないバイトをしてまで来るほど「いいところ」じゃないよ、と忠告したかった。


🎬『アワ・ボディ』ハン・ガラム監督/韓国/95分/日本初上映

アラサー女性チャヨンは公務員試験に幾度も失敗。ついに試験を放棄すると恋人には去られ、母親には疎まれてしまう。ある夜、出会った美人ランナーのヒョンジュに魅かれ、自分も走り始めるが、やがて肉体の変化とともに自分を取り戻していく。ヒョンジュの突然の死によって動揺するものの、以前の自分とは違うことを明確に自覚するのだった。


31歳の高学歴の女性の痛々しさがビシビシと伝わってきた。そんな韓国社会を描き切って長編映画デビューをしたハン・ガラムも、主役チャヨンを演じたチェ・ヒソさん(去年この映画祭でオープニング上映された『金子文子と朴烈(パクヨル)』の文子役の女優さんだ。来日されてこの役を得たいきさつを美しい日本語で話された。

image.jpg

韓国と日本で「高学歴で30歳過ぎた女性が正社員ではない」の立ち位置、世間の目がこうも違うのかと驚いた。
日本なら「正社員なんかでこき使われて、やっておられるか、いい男探しに婚活しよう」が3割、大卒で一流どころの会社に入ったが対人関係に疲れて辞めた、まあ外国留学するか」が2割、後の半分だってそうそう暗くないと思うが……。

とにかく韓国は日本より厳しく周りの目も「高学歴ならこれぐらいじゃないと」のものさしが強くあることがわかった。

チャヨンは「走る」ことで身体と心を強くしようと一歩一歩踏み出す。その姿を見て妹が姉の力強さを眩しく仰ぎ見ていたのが印象に残った。

⭐️チャオンに走ることのきっかけをくれた美人ランナー・ヒンジョン(アン・ジヘ)は唐突に自殺(ミッキーは自殺と感じたが…)をするが、韓国は日本より自殺が多い国ということがわかり、理由はわからないが、ヒンジョンには隠された悩みがあったのだろう。
⭐️チャオンの母がしきりに公務員試験を受けろと言っていて、チャオンが5回も落ちている、そんなのかわいそう、と見ていたが調べてみたら250人に1人割合でしか受からない難関試験だった。
posted by ミッキー at 08:06| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

大阪アジアン映画祭2019(7)『みじめな人』『アサンディミッタ』

🎬『みじめな人』オリヴァー・チャン監督/香港/111分/日本初上映

工事現場で事故にあって全身麻痺になった初老の男性・昌榮(アンソニー・ウォン)は、公営住宅で一人暮らし。生活は家政婦頼みだが、なかなか長続きしないのが悩みの種だった。

そんな彼の元にフィリピンからの出稼ぎ・家政婦が住み込みでやって来た。名前はイヴリン(クリセル・コンサンジ)で看護師の資格もある女性だったが、まるっきり広東語がわからないので、話がわからずイライラするが、一生懸命介護してくれる彼女にだんだんと彼の心がときほぐして……。

image.jpg

あまり皆は驚かないようだったが、ミッキーはサム・リーさんが出ているので、それがわかった時から嬉しくて仕方なかった。15年ほど前のやんちゃオチャメのサム・リーさんが大好きだった。去年『メイド・イン・ホンコン/香港製造 ( 4Kレストア・デジタル・リマスター版)でリバイバル上映していたので、今はどうしているか心配していたのだ。

この作品での役はアンソニー・ウォンさんの歳の離れた友人で40代後半ぐらいの男。イヴリンが休みに日曜にエロビデオを持参してくれて一緒に見たり、急に人手がいる時に気いよく手伝ってくれる役だ。出番もかなりあった。

以前に比べればお顔もふっくらしていたが、確かにサム・リーさんだった。新人女性監督さんでアンソニー・ウォンさんやサム・リーさんを選ぶなんてすごい。ミッキーはサム・リーさんに会わせてくれて「ありがとう、ありがとう」と何回もつぶやいた。

あ、この映画は先が見えているのでミッキー的には好きな部類ではないが、安心して楽しめる作品に仕上がっている。


🎬『アサンディミッタ』アソカ・ハンダガマ監督/スリランカ/98分/日本初上映

ある日の夜中に、映画監督のところに電話がかかってきた。学生時代の同窓生アサンディミッタ(ニミニ・シゲラ)だった。彼の記憶にあるアサンディミッタは豊満な体格の女性だった。突然の電話に困惑する彼だったが、彼女が「3人の女性を殺した」と言い、自分は近いうちに警察に逮捕され死刑になるだろう、だから私の話を映画化してほしいと頼むのだった。

アサンディミッタは体重が130キロを超える大柄の女性で、離婚経験2回の38歳。その体格のせいで軽口をたたかれるのはいつものこと。ある日、彼女はバスの車内でヴィッキーと名乗る男と知り合う。話のうまい彼をアサンディミッタは自宅に入れて同棲生活が始まった。

仏教徒のヴィッキーは信心深く毎日の祈りを欠かさない。アサンディミッタの子供2人に勉強を教えたり、遊んだりしてくれて理想的な男だったが……。


世界的に知られているスリランカの鬼才アソカ・ハンダガマ監督。東京国際にも数回来日されている。

この作品を観て、
2014年 ベルギー、フランス映画ファブリス・ドゥ・ベルツ監督作品『地獄愛』
2000年 フランス、メキシコ映画 A・リプスタイン監督『深紅の愛 DEEP CRIMSON」
1970年 アメリカ映画 レナード・カッスル監督『ハネムーン・キラーズ』
を思い出した。

上記3作品は
1940年代に約20人の女性を殺害し死刑となった実在の殺人鬼カップルの話で、太った看護婦が、二人の幼い子供と貧乏暮らしをしていたがあるきっかけで結婚詐欺師と恋愛関係になって2人して兄妹として結婚詐欺をしていく、というストーリー。

『アサンディミッタ』のはなしの骨格もほぼ同じ……。この点を監督さんにお聞きしたかった。

⭐️ゲストのニミニ・シゲラさんは学校の先生で「抜擢されたのは私が太っていたから、とてもラッキーでした」とにこやかにお話してくださった。
posted by ミッキー at 10:08| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする