2017年07月25日

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 長編部門受賞作品 と 夏のコミケに出店日決定のお知らせ

今日は岐阜ロイヤル劇場に『細雪』(1983年監督:市川崑)を観に行った。昭和13年の時代設定で、封建的な大阪大店の四人姉妹を描いている。女優さんは岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子。

1番上の長女の年齢は高校生の女の子がいるから35歳前後だろうか。次女にも6歳ほどの子がいるから32、3歳として、子連れや再婚者とばかり見合いをしている吉永小百合さんは28歳くらいか……。

もうすぐ70歳のミッキーも四人姉妹で結婚の時は上から順番という固い決まりはあった。だからミッキーと姉は同じ年に妹は次の年で家計は大変だったらしい。姉の支度した着物をミッキーのタンスに入れて急場をしのいだりしていた母の苦労を思い出した。こうやって昔の映画を観ると「そういう時代に確かに生きていた」実感がわいてきた。


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 長編部門受賞作品

★ノルウェー作品『愛せない息子』(アーリル・アンドレーセン監督)がグランプリに輝き、ノルウェー作品としては本映画祭では他の賞も含め初の受賞。

★ドキュメンタリー映画『中国のゴッホ』(ハイボー・ユウ監督、キキ・ティエンチー・ユウ監督)が受賞。海外のドキュメンタリー作品の受賞も、本映画祭では他賞を含め初。

★審査員特別賞にはハンガリー映画『市民』(ローランド・ヴラニク監督)が輝き、こちらもハンガリー映画の受賞は本映画祭では初。

★SKIPシティアワード 『三尺魂』加藤 悦生 監督 国内作品を対象に、今後の長編映画制作に可能性を感じる監督に対して授与する賞。


夏コミケは、8月12日土曜日 「東地区 Xー26a」です。皆様のご来店を👭咲店長と副店長のミッキー共々お待ちしております。
posted by ミッキー at 10:18| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭(3)『ジャン=ピエールとナタリー』『愛せない息子』

🎬『ジャン=ピエールとナタリー』トマ・リルティ監督/フランス/日本初上映

とある村の人望ある医者(フランソワ・クリュゼ)は自身が余命わずかと診断されて、診療の負担を減らすために助手を雇うことにした。村の診療の後継者になってもらいたいという希望もあった。

その面接を受けに来た40代の女性ナタリー(マリアンヌ・ドニクール)は近くの村に住んでいて10年間看護師をしていて研修医の資格を取ろうとしている非常に熱心だった。

村の診療所のやり方に戸惑うナタリーだったが、思っていた以上に的確な仕事ぶりで患者の評判もなかなか良いものだった。

この作品はシドニーの映画館で観て半分以上想像して書いたが3割しかあってなかった💦

原題は『The country doctor 』で田舎の医者だ。トマ・リルティ監督監督は『ヒポクラテスの子供達』の方で、主演が『最強のふたり』の方だから一般公開される見込みは高いと思ったが、この映画祭で観られるとは思わなかった。

ナタリーと医師のピエールの考えはいつも一致するが、ただ一つ意見が分かれることが「山場」になっている。この山場も地域医療の問題もどこの国においても同じように抱えている。

普遍的な内容、名優たちのおかげか、とても安心して観られた。

マリアンヌ・ドニクールさんはあまり見慣れない女優さんだったが信念に裏打ちされた行動を直向きに演じていた。力量のある女優さんだ。


🎬『愛せない息子』アーリル・アンドレーセン監督/ノルウェー/日本初上映

愛する妻を亡くしたヒューティルは、妻と一緒に育てていたコロンビアから迎えた6歳の養子ダニエルとの関係に悩んでいた。

ある日、ドライブの途中で口喧嘩した時に、幼いダニエルを置き去りにしたヒューティルは、ひどく後悔して、こんな状態を打開しようと実母の住むコロンビアに息子を連れて探しに行くが……。

養子縁組みでは保護者である1人が亡くなることは起こりえる。父親は仕事に忙しく養子を母親が可愛がって育てていたので、父親も接し方が上手くないし、子も命令口調の父親に反抗して言うことをきかないのだ。

でも、父親が産みの母親を探そうなどと突飛なことを考えるなぁ、父親自身にも何か欠落したものがあるのではと思った。とにかく父親は「よくキレる男」だ。

実母探しの実情も「嘘」で塗り固め、お金で人から情報を買い取り、目的に近づくが、その途中でいろんなことが起こる。

この父親はどういう結果を出すか最後の方までわからないが、血のつながりはなくても一緒に暮らして培った「似たところ」で先の光が見えてくる結末に、このコロンビア行きも悪くなかったとホッとした。
posted by ミッキー at 11:14| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 (2)『リトル・ハーバー』

🎬『リトル・ハーバー』イヴェタ・グローフォヴァー監督/スロヴァキア、チェコ/日本初上映

10歳の少女ヤルカの家庭は病気の祖母と奔放で男出入りが激しい母親の3人暮らし。祖母と母親は実の親子だが仲が悪く、家庭は暗い。

病気が悪化した祖母は入院先で亡くなり、悲しみにくれるヤルカだが、母親はあまり悲しむ様子はなく、かえって自由になったと男としばらく旅にいくとお金をおいて出ていってしまった。

行かないでと頼むが聞き入れてくれない、そっと母親と愛人のあとをつけて駅に来たが知らない女性から「トイレにいく間、見ててほしい」と頼まれて双子の赤ん坊を預かってしまう。

案の定、女は現れず困りきったヤルカは、大きな乳母車を押して、過保護な親から束縛されている少年・クリスティアンと共に、死んだ祖母の遺した山小屋で赤ん坊を育てるが…

10歳の小さな子たちが双子の赤ちゃんを育てる……1週間ぐらいの話だろうが、よく赤ん坊が死なずにいたと胸をなでおろした。

熱が出た時小屋にある死んだ祖母の薬を、2人は薬の効能を読んで飲ませなかった時も胸をなでおろした。

逃げた女の荷物から哺乳瓶は出てくるが粉ミルクはない。買い物に行く時、金持ちの少年の持ち金を使っていて、マーケットで万引きしていないのも胸をなでおろした。

女の子はしっかり者で身体も大きい、反対に少年は同じ歳だろうが、細くてメガネをかけた頼りない子だった。そんな彼がだんだん赤ん坊を守ろうとする。「違う国に行って結婚して4人で暮らそう」と言う。その時、ヤルカの表情は柔らかくなる。

母親から捨てられたようなヤルカが、乳母車の(行きは電車で母親を追っかけたから道のりはけっこうある)双子を警備や警察に通報せず、自分から離すことができなかった気持ちが自然と出てきたのではないか、と感じた。

子が辛い思いをするこの作品はストーリーを読んだだけで「NO」と思われる方が多いと思うし、監督さんが「何が言いたくて」この作品を作りたいと思ったのか疑問だったがミッキーは一睡💦もしなかった。
posted by ミッキー at 09:30| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする