2024年04月23日

名古屋・伏見ミリオン座 オールナイトのお知らせ

伏見ミリオン座で、毎月土曜の夜に3作品セットのオールナイト上映を不定期開催。月に1度は映画館で明け方までどっぷり映画の世界に浸る週末を過ごしてみませんか。デジタル化により作品数が年々増えている昨今、これは劇場のスクリーンで観たかった! そんな作品を是非伏見ミリオン座でご堪能いただきたい。

■4月のミリオンオールナイト 『BLUE GIANT』と響き渡る2作品 
日時:2024年4月27日(土) 23:00〜上映スタート (翌28日(日)AM5:30頃終了予定)
『BLUE GIANT』、『音楽』、『リンダ リンダ リンダ』

06AFB619-FB67-4B12-85BF-4C2211ECA7DC.jpeg

■5月のミリオンオールナイト 奇才・ヨルゴス・ランティモスの世界 
日時:2024年5月18日(土) 23:00〜上映スタート (翌19日(日)AM5:30頃終了予定)
『籠の中の乙女』(R18+)、『ロブスター』(R15+)、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』(PG12)

6A9BABA8-254E-4E05-B2B3-D7810E05060E.jpeg

■6月のミリオンオールナイト 『蛇の道』公開記念 黒沢清監督の道
日時:2024年6月22日(土) 23:00〜上映スタート (翌23日(日)AM5:30頃終了予定)
6/14(金)より伏見ミリオン座にて『蛇の道』公開を記念して、長年にわたり世界から高い評価を得る巨匠黒沢清監督の特集上映  

1A55D15E-4D20-418F-A2CB-6C4E5C44A747.jpeg       

場所:伏見ミリオン座 ミリオン1 名古屋市中区錦2-15-5(伏見駅@出口徒歩1分) https://eiga.starcat.co.jp
鑑賞料金:[3作セット鑑賞券] 前売料金/シネクラブ会員料金 2,700円、当日料金 3,000円
※開催日の1、2週間前より伏見ミリオン座 WEBチケット購入ページにて販売 
https://www.starcat-ticket.com/fm/theater/million/schedule

※本イベントは愛知県青少年保護育成条例により、18歳未満の方は保護者同伴でもご入場できません。
※現在6月迄上映スケジュール決定、7月以降は決まり次第発表。
posted by ミッキー at 06:15| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月27日

『TBSドキュメンタリー映画祭 2024』より『ダメな奴〜ラッパー紅桜 刑務所からの再起〜』

🎬『ダメな奴〜ラッパー紅桜 刑務所からの再起〜』嵯峨祥平監督

2023年6月、ある男が約4年の服役を終えて出所した。男の名は「紅桜」。HIPHOPで一躍脚光を浴びたラッパーであったが、突然(刑務所に)、姿を消した。出所の瞬間から、復活ライブまでの彼の行動をドキュメントしている。

27EA9983-30BA-474F-B63D-F5CC2070880F.jpeg

勢いで最後まで観てしまった。ラップもそうだが「言葉」が命。監督のインタビューにも誠意を持って答えていた。そんな彼も奥さまだけには飲みこむ「言葉」があって、素直になれない部分が見え隠れしていた。ラップのように調子よくいかないのが現実生活だ。

★ラッパーは歳とってからも「感性」があればやれると思うが、今の最高齢は何歳だろう。


posted by ミッキー at 17:06| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月26日

『TBSドキュメンタリー映画祭 2024』より  『BORDER 戦場記者 × イスラム国』

🎬『BORDER 戦場記者 × イスラム国』須賀川拓監督

戦場ジャーナリストの須賀川拓は過激派組織・イスラム国のイデオロギーが色濃く残るシリア・アラブ共和国の首都ラッカやアル・ホール難民キャンプに現地取材をする。

そこで、イスラム国の危険な思想に強く共感する人々が、多くいることを知る。

有志連合とイスラム国の戦争に苦しむ現地の人々の悲痛な叫びや、どこまでも分かり合えない人との境界(BORDER)を目の当たりにしながら、現地の人々に取材を重ねていく。

D66068D0-378C-4D57-8A86-7260356EFFA3.jpeg

命がけのドキュメンタリー❗️勉強になった。

過激派組織イスラム国の思想に賛同して各国から集まった女性やその子らが、現在も難民キャンプで暮らしている様子をドキュメントしている。

まだ人々の中に混じって残党がいるらしく、とても用心深く取材に当たっていた。

どこの難民キャンプも子どもらがすぐ寄ってくるが、ここは様子を伺うように遠巻きに見ているだけで、それでも近寄って話そうとすると「お前の首をはねてやる」などと怖いことを言っていた。

この子たちもこのままいけば後数年で戦士となっていくのだろう。

★かつて過激派組織がした処刑シーン(一部分モザイクをかけてはいた)が数回流された。




posted by ミッキー at 19:37| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする