2021年02月05日

2月5日公開映画(1)『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』『哀愁しんでれら』中川コロナにて

朝から嬉しいニュースが入ってきた。

シドニー娘から「日本で公開されたら是非見てね、とっても良かった!」とラインがきた『ミナリ』が第78回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞にノミネートされ、日本公開も3月19日に決まって試写も今月中にあるらしい。

また今公開中の『どん底作家の人生に幸あれ!』も、第78回ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。

🎬『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』アシフ・カパディア監督/イギリス/130分

377363A3-1DE3-4674-9062-2C1094F4741A.jpeg

去年の11月に60歳でお亡くなりになったアルゼンチンの伝説的サッカー選手ディエゴ・マラドーナのドキュメンタリー。監督さんは『AMY エイミー』で第88回アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞したイギリスのアシフ・カパディア。マラドーナさんご本人がナレーションをつとめている部分もある。

スーパースターのマラドーナの栄光と影の部分(マフィアとの交際、愛人スキャンダル、コカイン等々)のトラブルメーカーとしてのマラドーナを追っている。

編集が良くてあっという間の130だった。しかし初日初回の会場はミッキー1人だった。


🎬『哀愁しんでれら』渡部亮平監督、脚本/114分

児童相談所で働く⼩春(土屋太鳳)は、⾃転⾞屋を営む実家で⽗と妹と祖⽗の4 ⼈暮らし。母に捨てられた過去を抱えながらも平凡な毎⽇を送っていた。

しかしある夜、祖父が倒れ救急車で病院に行っている間に、自宅一階の自転車屋が火事、気落ちして慰めてもらおうと彼のアパートに行くと職場の先輩との浮気現場を目撃。そんな悪いことずくめの日だった。

そして、とぼとぼと家に帰る途中、酔っ払って線路上に寝ている人を助けて……。

これ、哀愁じゃなくて「妄想しんでれら」と改題してほしい。

ストーリーは助けた男(田中圭)は医師で6歳ぐらいの女の子がいるシングルファザー。トントン拍子で結婚となるが、哀愁どころではない凄い父子だったというお話。刺激が強すぎて『樹海村』よりオッソロしい作品。











posted by ミッキー at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

セーヌ川のほとりで 2月11日公開『マーメイド・イン・パリ』

🎬『マーメイド・イン・パリ』マチアス・マルジウ監督/フランス/102分/2月11日より新宿ピカデリー、名古屋ミッドランドスクエアシネマ他にて全国ロードショー公開

B45F3BC3-6CAB-403B-9A93-FBE6815E951B.jpeg

この世のものではないほど美しいお顔と歌声をもつ「恋を知らない人魚さん」と何回も恋をして恋に希望が持てずにいた青年のピュアなお話。

美しい歌声で男たちを魅了させて恋に落ちた男の命を奪っていたルラ(マリリン・リマ)は、ガスパール(ニコラ・デュポシェル)の命も奪おうとするがなかなか恋に落ちない。

アニメ的な部分はあるが、医療関係シーンなどは超現実的。

舞台は「セーヌ川ほとりのショーが目玉のバー」、ここは寂れているが人情豊かで心が和む。

観る者を世の荒波から救ってくれるような美しくも切ない大人のおとぎ話的な作品。

★とても残念なことだがマーメイドのお耳アップ場面でピアスの穴2つもあって……ミッキーの見間違いならいいけど。
posted by ミッキー at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

この男、隅にはおけない 2月11日公開『すばらしき世界』

🎬『すばらしき世界』西川美和監督、脚本/126分/2月11日よりTOHOシネマズ日本橋、109シネマズ名古屋他にて全国ロードショー公開

殺人を犯し13年の間、旭川刑務所で刑期を終えた三上(役所広司)は上京。身元引き受け人の弁護士・庄司(橋爪功)とその妻敦子(梶芽衣子)に迎えられる。変化が激しい現代社会からすっかり取り残された三上は庄司夫妻に温かみを感じ泣き出してしまう。

そんなある日、生き別れた母を探す三上の情報をつかんだテレビ番組のプロデューサーの女(長澤まさみ)が近づいて来た。番組で社会に適応しようとする三上の姿を面白おかしく紹介するつもりだったが……。

1CDBB92B-32D1-4B20-8362-FA4564422C38.jpeg

西川美和監督はこれまでオリジナル脚本の映画を作ってきた方だが今回はじめて直木賞作家・佐木隆三が実在の人物をモデルとした小説「身分帳」を原案に時代設定を現代に変えて映画化。人生の大半を裏社会と刑務所で過ごした男の後半人生を描いている。

西川美和監督作品は初作品の『蛇イチゴ』からの大ファン。『蛇イチゴ』は香典泥棒、『ディア・ドクター』では鶴瓶が偽医者、『夢売るふたり』では結婚詐欺と普通の家庭の中で起こるサスペンスにドキドキしてしまう。

そしてこの新作は役所広司主演で、シカゴ国際映画祭でベストパフォーマンス賞を受賞したというニュースに嬉しくなった。試写室もいつもにない集まりで一つおきの席で満室だった。

公開日にはもう一度三上を演じる名優・役所広司の演じる「短気だが実直で情の深い」男に会いに行く。
posted by ミッキー at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする