2020年06月13日

6月12日公開映画(2)『コリーニ事件』『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』

🎬『コリーニ事件』マルコ・クロイツパイントナー監督/ドイツ/123分

新米弁護士カスパー・ライネン(エリアス・ムバレク)は、弁護士になって3ヶ月目にある殺人事件の国選弁護人を担当することになった。

それは、ドイツで30年以上にわたり模範的市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニ(フランコ・ネロ)が、ベルリンの高級ホテルで経済界の長老で有名な実業家を殺害した事件だった。偶然にも殺された被害者はライネンの少年時代の恩人だった。彼にとってこれが被告側弁護士として初めての大きな事件。

一方のコリー二は殺害について一切口を閉ざしていたが……。

895AFE7E-D4B3-490A-92F4-2010DB20299A.jpeg

ドイツの現役弁護士作家フェルディナント・フォン・シーラッハの世界的ベストセラー小説を映画化した社会派サスペンス。

事実が元になっているのかと思ったが小説の映画化。口を真一文字に閉じて挨拶すらしないコリー二。あまりにも頑なな態度にやる気が失せてしまうカスパー。彼は貧しい育ちで殺された恩人の娘とは兄妹同然に育ち恋仲の時期があった。

そんな中で調べていくうちに過去の出来事があばかれていくというストーリー。もう一度見たい作品。

★コリー二を演じたフランコ・ネロさんはイギリス大女優のヴァネッサ・レッドグレイヴの旦那様。


🎬『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』 スコット・ベック、ブライアン・ウッズ監督/アメリカ/92分

ハロウィンの夜。イリノイ州に住むハーパー(ケイティ・スティーヴンス)たち6人の大学生は、お化け屋敷に行こうという話になってネットで検索したら、町外れの街道沿いにある「究極のお化け屋敷」と書いてある場所に行くと外見はガレージで、ピエロのかぶり物をした者から鍵を受け取っただけ。

中に入るとチャチな作りで気落ちするが……。

怖いの苦手の方は題名だけで行かないが、ちょっと見てみたいと軽く考えてなら絶対観ないで❗️

1人、2人と相当酷い殺され方をするが「心配することないよ。殺されてないよ。出口で待っているから」と言われたら「相当手の込んだトリックのお化け屋敷」と思い込んでしまう。でもこれは嘘。まあ、覚悟してお化け屋敷に入ってくだされ。


posted by ミッキー at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

6月12 日公開映画(1)『15年後のラブソング』

🎬『15年後のラブソング』ジェシー・ペレッツ監督/アメリカ、イギリス//97分

イギリスの港町サンドクリフ住むアニー(ローズ・バーン)はかつてロンドンで暮らしていたが、この地の博物館の館長だった父の死をきっかけに帰郷。今は博物館を継いでいる。

パートナーのダンカン(クリス・オダウド)とは15年も一緒に暮らしているが結婚とか子を作るということは考えていなかった。

ダンカンはもっぱら90年代に突如姿を消した伝説のロック・シンガーのタッカー・クロウ(イーサン・ホーク)に夢中で自分の部屋には記念の品々がいっぱい保管されている。

そんなある日、アニーとダンカンは、タッカーの歌のことで大喧嘩。それがもとでダンカンは新しい恋人とどこかに行ってしまう。アニーは怒りにまかせてダンカンが主宰するタッカーのファンサイトに「退屈」と投稿したら、なんとアメリカで暮らすタッカー本人から「その通り!」とメールが届いて……。

A111CF74-C1C9-4BA6-9BA8-4631FD7941FD.jpeg

一番気に入ったところはイーサン・ホークの役柄。彼でなくてはできない役だから嬉しかった。まあいっちゃなんだけど『真実』は彼でなくてもよかったと思うから。

付き合っていた女が「この子はあなたの子よ」と言って置いていった。その赤ん坊をライブ会場の手洗い場においたまま、音楽活動も辞めてしまうイーサン・ホーク、前の女房の空き地のガレージに住まわせてもらって子守り(自分の子でとってもかわいい男の子。健気にいろいろ心配している❗️)をするイーサン・ホーク、他の女にできた男の子の双子が美少年に成長していて喜ぶイーサン・ホーク、みんな許せるから不思議。

そして新しい恋…。この恋が最後の恋になったらいいなぁ。そのいきさつは書かない方が楽しめるので劇場でお確かめいただきたい。
posted by ミッキー at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

中年夫婦の不思議な一夜 6月19日公開『今宵、212号室で』

今日から梅雨入り。映画館も再開しているので明日からの新作ラインナップで気持ちが浮き立っている。楽しみなのは『コリーニ事件』『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』『グッドボーイズ』『15年後のラブソング』『アドリフト 41間の漂流』等々。1日で3〜4本見るのは2ヶ月ぶり。 梅雨入りニュースなんかぶっ飛んでしまうくらい気分は上々だ。

🎬『今宵、212号室で』クリストフ・オノレ監督/フランス、ルクセンブルク、ベルギー/87分/6月19日よりBunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテ、6月26 日より名古屋伏見ミリオン他にて全国順次ロードショー公開

82C43599-9C1E-453B-AB99-6BD99CF6CBAB.jpeg

結婚して20年以上になるリシャールとマリア(バンジャマン・ビオレ&キアラ・マストロヤンニ)ある日、浮気が夫にバレてしまって言い合いの末にマリアは家出。

彼女はアパートの真向かいにあるホテルの212号室へ。窓越しに夫の様子を眺めるマリアのもとに20年前の姿をした夫(ヴァンサン・ラコスト)が現れ、さらには元カレたちや夫の初恋相手のピアノ教師(カミーユ・コッタン)までやってきて…。


映画の始まりから社交的な奥様の浮気がばれてしまい、旦那さまは怒っているが、奥様は平然としてる。「だってこのところ私たち兄妹みたいじゃないの」と浮気して半分以上当然というように堂々としてる。「あなただって浮気ぐらいしたでしょ?」と言っても「僕は結婚してから一回もない!」と言われてしまい、こんな勢いで別れるなどろくな話にならないと荷物をまとめて奥様は家出。

でも行ったのはおむかえのホテル……。道をはさんでしょげかえった夫を見ている奥様。ここまでは子はいないが普通の中年夫婦の喧嘩だが、なんとこれからが一気にファンタジーに。

「ちょっと旦那さまのことも考えてあげなよ」とイケメンが突然ホテルに。よく見ると知りあったばかりの若い旦那さま。2人は以前の情熱がよみがえって……。

その頃お向かいのアパートに、旦那さまの初恋のお相手のピアノの先生が突然自宅に訪ねてくる。奥様がどこかに家出してしょげているところに初恋のピアノ先生。ちょっとお歳をめしていらっしゃるのが難だが20年前の方だから仕方あるまい。

これはファンタジーと思いながらもどう展開していくのか、と「おフランスの斬新なファンタジー映画」を楽しんだ。

★ バンジャマン・ビオレ&キアラ・マストロヤンニは元ご夫婦❗️
★6月5日公開『アンティークの祝祭』ではカトリーヌ・ドヌーブさんとキアラ・マストロヤンニの母娘共演❗️
★アパートのお向かえがホテル。その横あたりにcinema 7という映画館。7つポスターがかかっていたが読めなかった。フランスに行ってこのホテルに泊まってすぐの映画館に行ってみたい。




posted by ミッキー at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする