2020年09月17日

『スペシャルズ!〜政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話〜』伏見ミリオンにて

🎬『スペシャルズ!〜政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話〜』エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督/フランス/114分

自閉症の子をケアする施設「正義の声」を運営するブリュノ(バンサン・カッセル)は、他の施設で見放されたり、断られたりした子たちを受け入れていた。そこではブリュノの友人のマリク(レダ・カティブ)に指導された若者たちが働いている。


社会からはじかれてしまった子どもたちを救おうとしていたブリュノとマリクだったが、無認可でやっていて赤字経営の「正義の声」に監査が入ることになり、施設閉鎖の危機に迫られ……。

15626518-9FDC-4809-B4AA-2D146D12E764.jpeg

『最強のふたり』のエリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ監督がケア施設に働く2人の男たちの実話を基に描いたヒューマンドラマ。

頭が下がった。ブリュノののんびりしている姿はほぼなくて、いつ寝ているのか、いつご飯を食べているのかわからないくらい自閉症の子らの面倒をみて、話を聞いている。寄り添ってという生半な言葉以上の行動だ。

ドキュメンタリーにして俳優を使わずに本人さんを使うのも「あり」とおもったが、2時間以内で「どんなに大変」かを知らせるためには、俳優さんに演じさせた方が説得力があったと感じた。

ブリュノが監察官に「いつでも閉鎖するから、40人全員収容するところに連れて行ってくれ」と一人ひとりの病例や癖などを大声で叫ぶシーンがあった。
その子らに深い愛情がないと言えない台詞で身体が熱くなった。

★最後の字幕で現在の状況も知ることができ、ご本人たちも登場。最後まで席を立てない感動作だった。

posted by ミッキー at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

『メグ・ライオン』名古屋シネマスコーレにて

🎬『メグ・ライオン』河崎実監督、脚本/52分

会社では女子社員から浮いていて嫌な仕事ばかり押し付けられている50代の冴えないOL・獅戸めぐ。今日も徹夜でやった仕事も取りやめとなってトボトボと歩いていたら、占い師から呼び止められて「今日と明日の変わり目にあなたの人生が変わる、ハイ、千円!」と言われいうがままにお金を払ってしまう。

だが、その真夜中、全裸のイケメン男・ジョナサンが現れ「あなたはキングライオン星の王女、銀河連邦100億個の星の王家の姫」とか「なんとお美しい、気品のあるお姿」と褒めちぎるられた。

そして、ジョナサンの口づけによって「若い美女」に変身しためぐ。でもジョナサンはひどく驚いて、気持ちわるいとゲロを吐く始末……。

85D5EFFE-03FA-453B-8F1E-6B19E546CE80.jpeg

これ、デパートの福袋商品の一つらしい。粋な福袋だ。

日本橋三越の2019年福袋企画で誕生した特撮ラブコメディ。日本橋三越で450万円で販売された「SFコメディ映画に主演できる」という福袋。お買いになったのは、一般女性の長谷摩美さん。もちろん彼女が主演。

そして監督さんは河崎実。この監督さんで絶対忘れられないのが『日本以外全部沈没』そして『地球防衛未亡人』。福袋考案者さんもいい監督さんを選んだものだ。

是非ともオススメ作品ではないが、美醜が正反対の地球と宇宙がとっても面白い。素人さんの長谷さんもなかなかの演技者だった。

posted by ミッキー at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

木片で自由の扉を開く 9月18日公開『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』

🎬『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』フランシス・アナン監督、脚本/イギリス、オーストラリア/106分/9月18日よりシネマート新宿他にて全国順次ロードショー公開

1970年代、少数の白人が、非白人層を差別・隔離・支配するというアパルトヘイト(人種隔離政策)下にあった南アフリカのできごと。

南アフリカの白人で、反アパルトヘイト組織のアフリカ民族会議(ANC)隠密作戦に参加したり、爆発物でビラをまいたりして逮捕され、プレトリア刑務所に投獄されたティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)とスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)。

警備体制の所内で脱獄の手段を試行錯誤するティムたちは、木片を集めて作った鍵で出口までの扉を一つずつ解錠しようするが……。

DE5A6E0C-4001-44F3-B319-AF3A42B1CACF.jpeg

『スイス・アーミー・マン』のダニエル・ラドクリフの必死演技が目に焼き付いている。

新作の『プリズン・エスケープ〜』も、白人でアフリカ民族の反アパルトヘイト運動に参加したために逮捕され、刑務所から脱出しようとする彼の必死な行動から目が離せなかった。

同志と入れられた刑務所は白人の政治犯が集められたプレトリア刑務所で、10もの鍵を作らないと外には出られない。もう、緊張のあまり肩に力が入って痛くなったほど。そんな脱獄準備シーンや刑務所内のあれやこれやで上映時間の8割以上占められているが、実際のティム・ジェンキン氏は脱獄後も南アフリカへの自由を叶えるために闘った勇者だ。

7F42C7FB-0308-46C3-8D46-02DC296965AF.jpeg

posted by ミッキー at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする