2024年02月22日

ほんと、リコーダーは難しい 3月1日公開『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(シンフォニー)』

🎬『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(シンフォニー)』今井一暁監督/3月1日より東宝系映画館にて全国ロードショー公開

学校の音楽発表会に向けて、苦手なリコーダーの練習に四苦八苦しているのび太(声:水田わさび)の前に、不思議な少女ミッカ(声: 平野莉亜菜)が現れる。

のび太の奏でるのんびりとした音色が気に入ったミッカは、音楽がエネルギーになる惑星でつくられた「音楽(ファーレ)の殿堂」にドラえもんやのび太たちは招待されるが……。

6D51EBCF-3AEF-447A-853A-089F41616873.jpeg

国民的アニメ「ドラえもん」の長編映画43作目。原作者の藤子・F・不二雄の生誕90周年記念作品。

ミッカはファーレの殿堂を復活させるために必要な音楽を一緒に演奏する「音楽の達人」を探していて、ドラえもんたちのひみつ道具「音楽家ライセンス」を使って、殿堂の復活のため音楽を奏でようとするが、そこへ世界から音楽を消してしまう不気味な生命体が迫ってくるというお話。

今までずっと観て来ているが、かなり今作は「高度」な内容だ。ご家族全員で楽しめるかは断言できないが、音楽に興味のある方は是非観ていただきたい。

★小学校低学年ではハーモニー、高学年ではリコーダーをやるが、これがなかなか難しく、手が小さくてリコーダーの穴を押さえられないと、とたんに「ピーーピロピロ」となってしまう。

posted by ミッキー at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月19日

実話を基に 3月8日公開『DOGMAN ドッグマン』

今日、夕方から5月下旬公開の『帰ってきた あぶない刑事』の試写があった。雨がかなり強く降っていたがお気に入りの長靴を履いてみたくなって(まるで子どもだ)とことこ歩いて出かけた。

舘ひろし、仲村トオル、柴田恭兵のお三方の勇姿をみせてもらった。この中で舘ひろしが一番年長で70歳ほどだがお声に衰えがなく、身体のキレも良かった。名古屋出身なので、応援したくなった。

🎬『DOGMAN ドッグマン』リュック・ベッソン監督、脚本/フランス/114分/3月8日より新宿ピカデリー、109シネマズ名古屋他にて全国ロードショー公開

ある夜、1台のトラックが警察に止められた。運転席には傷だらけの女装した男がいて、荷台には十数匹の犬が乗せられていた。

「ドッグマン」と呼ばれているその男・ダグラス(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)は、担当刑事(ジョージョー・T・ギッブス)に自らの半生について語り始める。

暴力的な闘犬業の父やそれに従う兄の反感をかい、犬小屋に入れられ、暴力を浴びて育った少年時代、犬たちの存在に救われながら成長していくが……。

06C59D58-BB80-4D2B-86E0-8C9624F76344.jpeg

随分前に「中国インディペンデント映画祭り」で、貧しい妻の実家に夫と訪ねた時、妻は庭の片隅にある豚小屋を指差して「私は虐待されていて、豚と一緒に暮らしていた」という場面を思い出した。

『DOGMAN ドッグマン』は事実を基にと書いてあったので、驚いたが納得できた。

何もかも知り尽くして「手足」となってチームプレーで行動するダグラスの犬たち。その見事さに舌を巻いた。

★2023年・第80回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品。
posted by ミッキー at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月18日

それぞれに痛みを抱えて 3月1日公開『52ヘルツのクジラたち』

🎬『52ヘルツのクジラたち』成島出監督/135分/3日1日よりTOHOシネマズ日比谷、ミッドランドスクエアシネマにて全国ロードショー公開


自分の人生を家族に翻弄されて生きてきた女性・三島貴瑚(杉咲花)は、ある痛みを抱えて、東京から海辺の村の一軒家へ引っ越してきた。そこで母親から「ムシ」と呼ばれて虐待され、声を発することのできない少年と出会う。

貴瑚は少年との交流を通し、かつて人に言えない痛みに気づいて救い出してくれたアンさん(志尊淳)との日々を思い起こしていく。

19C94DB0-B430-4BFC-8BB7-05963EEBF5E2.jpeg

割と好みの監督さんの成島出、時流に乗った出来事てんこ盛り映画作る方だっけ……、虐待以外にヤングケアラー、ネグレクト、DV、トランスジェンダーと重ーい、暗ーい、杉咲花以外イマイチ。

演出もよくない。自転車で山道を下るシーンはあっても汗水流して上るシーンはなし。飲み屋で大声で喚くが周りは知らーん顔。高級ホテルでも尋常じゃない一悶着があるが、ホテルマンは飛んで来ない……気に入ったのは「題名」だけ。

★今 上映中の『夜明けのすべて』の杉咲花も見ていただきたい。
posted by ミッキー at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする