2017年08月23日

『ベイビー・ドライバー』名古屋109シネマズにて

🎬『ベイビー・ドライバー』エドガー・ライト監督/アメリカ/名古屋109シネマズにて

昨日は試写をおさぼりして109シネマズに出かけた。もう公開から3日たっているが100人以上の観客が入っていた。夏休み中なので若者が多い。

ベイビー(アンセル・エルゴート)は天才的なドライビング・テクニックをかわれ、ある組織の専属ドライバーとして仕事をしていた。その課せられた仕事とは、銀行や現金輸送車を襲ったメンバーたちを乗せて確実に追っ手をまいて「逃がす」ことだった

彼は、幼い時の交通事故が原因で常に「耳鳴り」に悩まされていて、それを和らげるために耳元いつも音楽が鳴っている状態がベストで、行動する雰囲気の音楽を聴くことでドライビング・テクニックがさらに上手くなるというドライバー。

その組織には、ボスのドク(ケヴィン・スペイシー)、短気ですぐ銃を撃つバッツ(ジェイミー・フォックス)、エロくて冷酷な夫婦バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。彼らのクレイジーな暴走は止まるところを知らず……。

アンセル・エルゴートは『きっと星のせいじゃない。』の男の子で、今、売り出し中の若手俳優。

ボス役はちょい悪親父さんやらしたら世界の3本指に入るケヴィン・スペイシーだ。この方のお声はズシンとした響きと長い台詞グウウーッとノンブレスで言うことができる唯一の方。ミッキーはお顔よりお声と肺活量に惚れた俳優さん。

この作品、暑気払いぴったり ❗️始まりの3分で強烈な音楽とドライビングテクニックで興奮させてくれた。

恋話もしっかりあって、こんな環境から抜け出す決意をさせる純真な恋人デボラ(リリー・ジェームズ)との関係もキスだけの❤️純愛路線。そこのところがミッキーの一番気に入った。


posted by ミッキー at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

日系アメリカ人禅僧ヘンリ・ミトワの生涯 9月2日公開『禅と骨』

🎬『禅と骨』中村高寛監督/127分/9月2日よりポレポレ東中野、キネカ大森他にて全国順次ロードショー公開

へンリ・ミトワ氏は、1918年に横浜でドイツ系アメリカ人の父と新橋の芸者だった日本人の母の間に誕生する。

1940年、単身アメリカへ。戦争中は日系人強制収容所で過ごす。戦後、ロスアンゼルスで家庭を持つ。

1961年帰国。茶道や陶芸など日本文化に造詣が深い彼は文筆活動も行い、1970年代からは京都にある天龍寺の禅僧として日々を過ごしていた。

だが、80歳を前にして突然、童謡「赤い靴」をモチーフにして映画を撮りたいと言い始めて…。

ドキュメンタリーはテーマの特異さも決め手だが、登場人物のユニークさも重要なポイントだ。ドキュメンタリー作品としての作りもユニークで、ドラマ、アニメを駆使している異色作。

この作品の主人公は「変人?奇人?いやいや粋な人?」と、そういう点では今年ピカ1の人だ。監督さんは『ヨコハマメリー』の中村監督。

ミトワ自身の生い立ちも、見た目は白人なのでスパイに間違えられたり、日系強制収容所で辛い体験をしたりと波瀾万丈だ。

特に、晩年になって突然「赤い靴」の映画を作ると宣言した時から、家族や周りに迷惑をかけるが、彼の飄々とした行動と彼独特の皮肉まじりの言葉に絡み取られるように観入ってしまった。

☆ドラマ部分では、青年時代のミトワをウエンツ瑛士、母親を余貴美子、ナレーションは仲村トオル。
posted by ミッキー at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

インド映画『裁き』 名古屋に帰りました。

昨日、名古屋に帰りがてら、青春切符残り一枚を目一杯使った。

天気は崩れると予報で聞いたので朝6時半ごろ東京駅から熱海行きに乗った。8時すぎに小田原。青春切符は途中下車できるので8時からやってる「守谷のパン」に行く。小田原駅から2分のお店で、甘食2個 餡パン1個を買う。ここは自分の買うものをスッと言えないと「次のお客さん、決まってる?」と言われて後回しになる。

もう5回ほど来ているからわかっているが初めはびっくりした。ここの一押しは薄い皮の餡パン。ずっしり重いのが特徴。ミッキーは餡パンも好きだが、甘食が大々好き!

10月公開の『74歳のペリカンはパンを売る。』の浅草のペリカンパン屋さんにも行きたかったが、また次回上京の時に行く。

小田原駅からすぐまた熱海行きに乗った。 さあ、ここからが思案のしどころで、伊豆高原に行って2時間ほど風を通すか、やめて名古屋通過して岐阜ロイヤルの『太平洋奇跡の作戦キスカ』を観るか3分ぐらい迷う。

きっと曇り空と思って「通過8割」とふんでいたが、青空で風もいい調子に吹いている。まあ、仕方ないと伊豆急行に乗った。伊東からは青春切符使えないので「伊豆高原駅」で精算する。別荘地まで無料のバスで15分。

鍵をあけたらやはりかび臭い。台所でムカデ、ゴキブリ退治。ミッキーがうるさく言うので案外きれいにしてあった。喫茶店を入れて甘食、桃を食べて30分昼寝。

帰りも無料バスで駅に行って熱海から清水へ。清水の「夢町座」に行く。

ここは清水駅1分半のところで一階は八百屋さん。横の階段をあがったら、毎月1週間だけ名画座を開催している。 8月の上映作品は『グランドフィナーレ』で、8月26日(土)〜9月2日 11:00/15:00/19:00 料金 900円という広告が貼ってあった。清水商店街をぶらぶらして4時すぎに名古屋方面に向かった。

家についたのは9時半。ぬるいお風呂に入ってぐっすり寝た。

☆駅とミッキーの住んでいるマンションの中間点の109シネマズで新作『ベイビー・ドライバー』が9時45分からやっていたけど、バスバスの時間もちょうどいいので止めた。

カチンコ『裁き』チャタニヤ・タームハネー監督・脚本/インド/ユーロスペースにて

下水労働者の死体がマンホールの中で発見され自殺と断定された。しばらくして、民衆の不平不満を訴える言葉を織り込んだ老歌手・カンブレ(ヴィーラ・サーティダール)が逮捕された。

彼の歌の言葉に「下水処理人は自殺しろ」というのがあって、それを言ったせいで自殺したのだと逮捕されたのだ。

若い弁護人ヴォーラー(ヴィヴェーク・ゴームベール)は裏には国の思惑もあると弁護を引き受けるが……。

これは2年前の福岡アジアフォーカス映画祭で観たもの。もう一度観たいと思っていたところに、ちょうどいい時間にユーロスペースで先週やっていた。東京は早く上映されて長くやってくれるので嬉しい。

やはり、2度観て本当に良かった。

『裁き』は題名どおり裁判もの。インドの裁判の進み方、その仕組みだけではなく、裁判長、検察官、弁護士さんの私生活もバランスよく描かれていた。

9月9日公開の是枝裕和監督、福山雅治、役所広司主演の『三度目の殺人』も裁判もので、日本の裁判の進め方にも腑に落ちない点があるようだ。

「世界の裁判・映画祭」などと名打って開催したくなるほどたくさんある裁判ものだが『裁き』はオープニングかクロージング作品ぐらいのレベルだ。

posted by ミッキー at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする