2019年07月22日

カリコレ2019より『フローズン・ブレイク』『ダーディ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線』新宿シネマカリテにて

🎬『フローズン・ブレイク』ティグラン・サハキャン監督/ロシア/85分

もうすぐ新年を迎えようとする日に男女4人が山頂で新年を祝おうとゴンドラのステーションまでやっとの思いで着いたが、もう最終ゴンドラは出たあとだった。そこをなんとかと強引にチップを渡し頼み込んだ。運転士は「操作は簡単だから自分たちだけで行ってください、一応ここで待機しています」と言われて大喜び。

その中の美しい女性・カーチャ(イリーナ・アントネンコ)の婚約者は「危険だから行かないでほしい」とすがるように止めたが、彼を置いて他4人でゴンドラに乗り込んだ。カーチャは彼との子を妊娠していたが、別れたいと思っていて産む気持ちなどはなかった。妊娠のことも言っていない。

ゴンドラの中ではワインで乾杯したり、彼と別れるなら次はオレとなどと冗談を言い合ったり楽しく騒いでいたが、急にゴンドラが止まり、電気も消えて……。

image.jpg

ロシアっぱくないサバイバル映画。聞かなければアメリカ?と思ってしまう。これは夜9時からの『ダーディ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線』が本命で時間が空いていたので観た。

寒空の中、雪も降っていて極寒の上空60メートルで停止してしまうが、それを知っているのは、乗らなかった彼とゴンドラの運転士だけ。だが、運転士も彼も偶然が重なって、事故には気付かない。

ストーリー的に意外な展開はなくて「運が悪い」だけ。4人は元々自分勝手な性格で、ことが「大変」となるともろに悪い性格が出てきて……オススメはしないが、おまけに見た割には飽きが来なかった作品。


🎬『ダーディ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線』セドリック・アンジェ監督/フランス、ベルギー/119分

時は1980年代。ポルノ業界の脱税の証拠をつかむために潜入捜査を命じられた刑事たち。荒っぽい中年刑事マルタン(ギョーム・カネ)と真面目で神経質な刑事ジョルジュ(ジル・ルルーシュ)は偽名を使って潜入捜査を開始する。

そんなある日、2人が捜査のために経営するポルノ店が襲撃を受ける。そんな窮地の時に助けてくれたのが、捜査の本命である業界のドン、モーリス・ヴォジェルだった。

お2人の刑事さんは、この手の方面にかけては知識が深く?、お店も流行っていて、毎日がお祭り騒ぎの世界にどっぷりはまり込んでいた。こんな面白い設定なのに「弾けていない」のが残念。

それに、今公開中の『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の監督さんとほぼ主演のギョーム・カネさんだから、うんと期待していたが、前に観た『フローズン・ブレイク』の方が良かったぐらいだった。
posted by ミッキー at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

『月夜釜合戦』

昨日は川口の映画祭から新宿に夜8時ごろついて、レイトで何かないか調べるためにシネマカリテに寄った。

カリコレの9時からの『アストラル・アブノーマル鈴木さん』は大野大輔監督トークつき。案の定ソルドアウトで、明日(今日)夕方の『フローズン・ブレイク』と9時からのレイト『ダーティ・ガイズパリ風俗街潜入捜査線』を買った。

で、帰ろうと思ったが、iPadで調べたら8時過ぎ上映の『月夜釜合戦』が新宿ケイズシネマでやっているのを見つけて観に行った。川口で3本で食事休憩の後だから眠くなるか心配だったが、目が冴える作品だった。

image.jpg

観て外に出たら 大・大雨、水煙が上がっていた。20分くらいコーヒー屋さんで雨宿りして小雨状態のところをぬれながら帰った。


🎬『月夜釜合戦』佐藤零郎監督/115分/新宿k's cinemaにて

日本最大の「寄せ場」釜ヶ崎(西成・あいりん地区)。日雇労働者、芸人、私娼や孤児など市民社会からはじき出された者たちが、この街に暮らしてきた。そんな街が、再開発の下で今失われつつある。

全編16フィルムで「通称・釜ヶ崎」が浮かび上がるとなんとも言えない郷愁を感じた。 毎年行く大阪アジアン映画祭で、泊まるところが2300円ぐらいの新今宮駅そばの安宿だから、見たようなところが映ってないかしっかり見たが全然映ってない。もっとコアなところだろうか、いつも目印にしている通天閣が遠くに映っていた。

⭐️題名は「月夜の晩に釜を抜かれる」という諺で、月夜の晩は明るいから盗まれる心配はないと思ってうっかりしていると、釜を盗まれてしまうという意味。
⭐️渋川清彦さんも顔負けの「寄せ場の人たち」が普通の佇まいで日常を見せてくれた。
⭐️どうして通称「釜ヶ崎」と名がついたという台詞に「米を炊く釜が一番大切だから、何よりもカマガサキの意味(一番気に入った❗️)。オカマがいたから。昔、ここらは海辺で塩を煮る釜があったから、等々諸説ある。
posted by ミッキー at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

ラース・クレヴバーグ監督作品 7月19日公開『チャイルド・プレイ』『ポラロイド』

同じ公開日に同じ監督さんの作品、それもホラーで、お友だちが「キー」だ。7月19日はもうホラー映画をハシゴするしかない!!

🎬『チャイルド・プレイ』ラース・クレヴバーグ監督/アメリカ/90分/7月19日よりTOHOシネマズ日本橋他にて全国ロードショー公開

引っ越したばかりで友だちのいない少年アンディ(ガブリエル・ベイトマン)は、誕生日に母親カレン(オーブリー・プラザ)から「バディ人形」をプレゼントされる。

それは最先端テクノロジー企業・カスラン社の新商品で、音声認識センサーや高解像度画像認識機能などを備え、スマートフォンアプリと連携して操作可能な超高性能AI人形だった。

我が家にやってきた人形に「チャッキー」(声:マーク・ハミル)と名前を付けて、一緒に暮らし始めたアンディだったが、やがて彼の周りで異変が起きて……。

image.jpg

世界中で大ヒットを記録したホラー・シリーズ『チャイルド・プレイ』を『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプロデューサーが現代風にアレンジして映画化。

面白かった! ホラー度は70度。

お人形チャッキーには罪がない。人間の思惑や悪意でそういう人形なってしまった。チャッキーは一途にアンディ少年に気に入られようと「悪いこと」をする。チャッキーの顔と声の出演マーク・ハミルが一体化していて言うことなしだ。こんなに納得しながらホラー映画を観たのは久しぶりだ。


🎬『ポラロイド』ラース・クレヴバーグ監督/アメリカ/88分/7月19日よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国ロードショー公開

ある日、女子高生バード(キャサリン・プレスコット)は、アンティークショップでバイトをしていた。そのバイト仲間の青年タイラーから、40年前のポラロイドカメラの名機「SXー70」をもらった。カメラ好きのバードは 喜んで、すぐにタイラーを試し撮りして見た。

その晩、あまり気が進まないパーティに参加する時にポラロイドを持って行こうとしたが、バイト先で撮ったタイラーの写真に人影のようなものが写っていて気になったが、そのままカバンに入れて、パーティに行った。

バードの友人たちもシャッターを押せば写真が出てくるポラロイドカメラに夢中になり、楽しい思い出の瞬間を撮り始めた。

そこに警官がバイト先のタイラーが変死したと言い、バードにその時の様子を聞きに来たのだ。驚いた彼女は家に帰って写真を見ると不思議な影は消えていた。その後も撮影された友人たちが次々と謎の死を遂げて……。

ホラー度は35度。怖いの苦手な人もOKだと思う。

ポラロイドを使ったことはないが昔は相当流行った。撮ってもらうとポラロイド独特の音が出るが、この作品ではその音が意識的に多用していて、あ、こういう音だったと思い出した。

⭐️最初の部分が40年前の出来事が映るので遅刻なさらないでご覧いただきたい。有名な俳優さんは出ていないし、あまりお金はかかっていない作りだが、脚本がしっかりしているのと、女の子のお目々がとってもキラキラしていたので、最後まで飽きずに観られた。
posted by ミッキー at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする