2019年09月16日

『吸血鬼』

昨日、名古屋シネマスコーレで上映している『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』を観に行ったが、映写機トラブルで中止になっていた。今日から福岡アジアフォーカス映画祭にいくのでもう観られないと思っていたら、来月1週間特別に上映すると聞いてホッとした。

以前ポランスキー監督とシャロン・テートのなれそめとなった『吸血鬼』を思い出した。

🎬『吸血鬼』ロマン・ポランスキー/1967年

ABF748AF-583A-4C8D-BBD3-2889952BED47.jpeg

アブロンシウス教授(ジャック・マッゴーラン)は助手であるアルフレッド(ロマン・ポランスキー)を連れて吸血鬼を退治する旅に出た。雪の中、トランシルバニアの片田舎の宿にたどり着いたが、その宿の天井のいたるところににんにくがぶら下がっていた。この近くにバンパイヤがいると感じた二人。

夜になって教授が宿の主人の後をつけると女中部屋に入っていく。それを女房レベッカに見つかって大騒ぎになった。

アルフレッドは、宿の娘で風呂ばかり入っている美しい娘サラ(シャロン・テイト)に一目惚れ。その彼女はフロ場で赤マントを着た怪しい紳士にさらわれてしまう。

ホラー度は低いが吸血鬼の伝説に忠実でコメディ的要素もあった。それにしてもポランスキーが一目惚れするはずだ。シャロン・テートのお美しいこと。
posted by ミッキー at 07:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

喉力で勝負!9月27日公開『宮本から君へ』

初日の13日金曜日には行けなかったので今日『ある船頭の話』を観に行った。オダギリジョーさんも好きだし、名カメラマンのクリストファー・ドイル氏も尊敬する方だが、作品は残念の一言。総じて「ちぐはぐ」と感じた。

特に音響が無残。音が違う方向から聞こえてくるシーンが見受けられた。これは劇場で見たからわかり得たことで試写室では、ここまでわからなかったと思う。

主演を張る柄本明の奥深い演技にはさすがと思ったが、受けの役者が未熟で空回り。ミッキーなら(また始まった!すみません)赤い不思議な服を着た少女には一言もしゃべらせないが……。

俳優さんが監督をやって、いまでも心に残っているのは渡部篤郎監督作品『コトバのない冬』だ。渡部篤郎さんは俳優さんをしながら「隅っこで映画作り」をみていた人で、一方、オダギリジョーさんはピカピカの大スターで「真ん中で映画作り」を体験できた方。

もうすぐ後期高齢者のおばぁが言うことだから許してほしいが、オダギリジョーには俳優さんに徹してほしいと願うばかりだ。


🎬『宮本から君へ』真利子哲也監督、脚本/129分/9月27日より角川シネマ有楽町他にて全国ロードショー公開

とある文具メーカーで働く営業マン宮本浩(池松壮亮)は、笑顔がうまくつくれないし、取引先にお世辞の一つも言えないという不器用ながら、正義感だけ強い男性だった。

同僚の中野靖子(蒼井優)にひそかに好意を持っていた宮本は、思いもかけず靖子から自宅に食事に招かれたが、食事中に突然、靖子の元彼・裕二(井浦新)が現れた。靖子は裕二を諦めさせようと、宮本を「この人は彼よ、もう寝た仲よ」と怒りを爆発させて暴力をふるった裕二に、宮本は「この人は俺が守る」と言い切る。

この事件をきっかけで二人は相思相愛の仲になるが……。

24271A64-59BF-48D2-AD77-7A92FAF61C29.jpeg

激しい感情がほとばしる青春物語だ。

二人が仲良くなってからすぐに、非常に辛いことが靖子の身にふりかかる。それをリベンジするために、声を張り上げ、身体改造、体力向上を目指して、池松くんが「自分の敵ではない大男」に挑みかかる。蒼井優ちゃんもそれに負けじと声を張り上げ好演している。

「なにくそ!」と怒り心頭になっても、ここまでは普通できないと思っていてじっと我慢している青年にとって、宮本のいきり立ちは「夢を叶えてくれるヒーロー」と感じるはず。これはそんな君への応援歌と思った。

★宮本浩次さんが『宮本から君へ』の主題歌として「Do you remember?」を作曲した。勢いがあってスカッとする歌だった。
posted by ミッキー at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

アナベル人形の封印がとかれて 9月20日公開『アナベル 死靈博物館』

昨日、『カメラを止めるな!』の上田監督の第2弾『スペシャルアクターズ』を観た。『カメ止め』より断然新作がいい!出演者が個性的かつ一人ひとりの声が役柄を際立たせるように皆違っていた。口ごもる声、すました声、甲高い声、恫喝の声、ダミ声、かすれ声と様々で面白かった。

そして最後のエンドロールでふくだみゆきさんのお名前が三ヶ所で出てきた。ふくだみゆきさんといえば、男の子のワキ毛が気になる女の子のお話で、短編アニメでは「ミッキー生涯のベスト3」に入る作品『こんぷれっくす×コンプレックス』の監督さんだ。

資料で上田監督さんのパートナーだとか。この新作で大いにパートナーの絆が固くなったに違いない。公開は10月18日。近くなったら再度アップしたい。

🎬『アナベル 死靈博物館』ゲイリー・ドーベルマン監督、脚本/アメリカ/106分/9月20日よりTOHOシネマズ日本橋他にて全国ロードショー公開

超常現象の研究家ウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)は、呪われた品々を自宅の地下にある保管室で厳重に保管していた。

しかし一晩留守にする間、娘のジュディ(マッケナ・グレイス)の面倒を見るため家にやってきたシッター少女や友人が保管室に入り、呪いの人形アナベルを出してしまう。そして封印を解かれたアナベルの力によって、多くの展示物に死霊がとりついて……。

A7EB4D8A-C13A-4CF0-88F2-39642C92BC0C.jpeg

アナベル・シリーズ第3弾。1弾『アナベル 死霊館の人形』 2弾『アナベル 死霊人形の誕生』で描かれている。

今回は博物館となっているが、ウォーレンご夫婦の屋敷地下の大きなお部屋。もちろん鍵もかかっている。そこにはアナベル人形だけでなく他にいわく因縁のある物がいっぱいあるのだが、それらも動き出すからすごいことになる。

そんな怖い家に幼い娘ジュディが暮らしていて学校では浮いた存在だ。それに両親はあっちこっち飛び回っているので、本当にかわいそう。恐怖をこらえながらも懸命に闘って、誰よりも沈着冷静にジュディを堂々と演じたマッケナ・グレイスちゃんのチャーミングさがこの映画の魅力だと思う

★アナベル人形はエド&ロレイン・ウォーレン夫妻の自宅があるアメリカ・コネティカット州にある博物館で実際に保管されている呪いの人形。現在も神父によって祈祷が行われている。

★奥様のロレイン・ウォーレンさんは 今年4月に92歳でお亡くなりになった。
posted by ミッキー at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする