2024年05月13日

『無名』センチュリーシネマにて

今日は大雨予想がでていたがさほどのことはない様子なので長靴を履いてセンチュリーシネマに。公開から4日経っていても、きっとこれはトニー・レオンファンの女性方で好みの席が取れるか心配したが、なんのことはない、ほんの数名だった。

🎬『無名』チェン・アル監督、脚本、編集/中国/131分

中国・汪兆銘政権の政治部に所属するフー(トニー・レオン)は、中国共産党の秘密工作員だった男ジャン(ホアン・レイ)の身辺調査をする。フーは中国国民党に転向するというジャンから、共産党幹部の情報を聞き出すことに成功する。

1941年、上海に駐在する日本軍スパイのトップ・渡部(森博之)は、政治保衛部の主任となったフーやその上司タン(ダー・ポン)と戦況について話をする。フーの部下として働くイエ(ワン・イーボー)は、友人ワン(エリック・ワン)とともに諜報活動に従事していた。

637E12DD-2052-4AE8-B778-C5FBE7BCD3F4.jpeg

香港の名優トニー・レオンと中国若手俳優ワン・イーボーの共演。第2次世界大戦下の上海で暗躍する中国共産党・中国国民党・日本軍の無名のスパイたちの攻防を描いたサスペンス。

トニー・レオンのお顔、お声、背広姿で満足したが、監督さんのいじくりすぎた編集に疲れた。日本語の扱いは良かったが、2人の会話で日本語、中国語と各々がしゃべっていて「?」 これで映画が成立するとは思えない。

★2023年・第36回金鶏賞で最優秀主演男優賞(トニー・レオン)・最優秀監督賞・最優秀編集賞を受賞。

posted by ミッキー at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: