2023年07月19日

第31回レインボー・リール東京(4)『マット』

2FBE0376-CC25-4DBB-8EB0-B698A8FE7240.png

いつも行く喫茶店のママからもらった名古屋場所のお相撲さんの手形色紙❗️シドニーにいる大相撲ファンの娘に送ってあげよう。

D6DD8FC8-6AF5-46CD-A486-B8D918C1F9A7.jpeg

🎬『マット』ヴーク・ルングロフ=クロッツ監督/アメリカ/87分/日本初上映

ニューヨークで暮らすトランスジェンダーの男性フェーニャ(リオ・メヒエル)は性転換をした後に、疎遠になっていたノンケの元カレ、13歳の妹、そして外国に住む父親が訪ねてくる。

彼は戸惑いながらも、過去の関係と折り合いをつけようとする。


リオ・メヒエルさんはトランス男性(女性から男性に)を思慮深く演じていた。美男ではないが相手を思いやる優しい眼差しが印象的だった。性は変わっても彼は彼のまま。父との会話に「この父に育てられた幸せ」が伝わってきた。
 
★サンダンス映画祭2023 USドラマ部門審査員特別賞(演技)

ベルリン国際映画祭2023 ジェネレーション14プラス部門国際審査員スペシャル・メンション

シアトル国際映画祭2023 ニュー・アメリカン・シネマ・コンペティション審査員賞受賞
posted by ミッキー at 09:41| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: