2022年07月06日

『モガディシュ 脱出までの14日間』ミッドランドスクエアシネマにて

🎬『モガディシュ 脱出までの14日間』リュ・スンワン監督、脚本/韓国/121分

1990年。ソウル五輪を成功させた韓国は国連への加盟を目指して、多数の投票権を持つアフリカ諸国でロビー活動をしていた。ソマリアの首都モガディシュに駐在する韓国大使ハン(キム・ユンソク)は、ソマリア政府上層部の支持を取り付けようと奔走していた。一方、アフリカ諸国との外交を推し進めていた北朝鮮も同じく国連加盟を目指していた。

そんな中、ソマリアで内戦が勃発。各国の大使館は略奪の被害を受け、外国人にも命の危険が迫った。大使館を追われた北朝鮮のリム大使(ホ・ジュノ)は、職員と家族たちを連れ、絶対に相容れない韓国大使館へ助けを求めることを決めるが……。

9EE5D10C-1C80-457A-9B44-200185CFAF60.jpeg

史実のソマリア内戦だから、ほぼ事実が描かれていると思った。いつもの迫力のある韓国映画とは違う意味の「重みのある勢い」があって圧倒された。

ハン大使も南も北もない、同じ半島出身の人たちを、全員国外脱出させるために命をかける姿が素晴らしかった。北に帰った人たちはその後どうなったのか知りたかった。

特に最後の15分は見もの!まだご覧になっていない方は是非劇場へ。

★監督さんは『生き残るための3つの取引』の方。これも好きな作品。
posted by ミッキー at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: