2022年06月21日

『君を想い、バスに乗る』センチュリーシネマにて

🎬『君を想い、バスに乗る』ギリーズ・マッキノン監督/イギリス/86分

愛する妻メアリ(フィリス・ローガン)を亡くしたばかりのトム・ハーパー(ティモシー・スポール)は、かつてメアリーと出会った場所を訪れるため、ローカルバスのフリーパスを利用してイギリス縦断の旅に出ることに決めた。

50年暮らしたスコットランド最北端の村ジョン・オ・グローツを出発、イギリス最南端の岬ランズ・エンドを目指して、様々な人と触れ合い、トラブルに巻き込まれながら、トムは妻と交わしたある約束を胸に旅を続ける……。

EB6EB8BA-AD42-4D48-97E5-907A55E4FDFF.jpeg

公開から随分日にちがたってしまったが、ちょうどいい時間がなくて今日になった。

90歳のちょっと頑固な老人が一人バス旅行という設定。鞄一つのふらり旅ではなく、心に持った「思い出」や「約束ごと」は重い。

ティモシー・スポールさんはいい役者さんだ。もう20年前にみたマイク・リー監督『人生は、時々晴れ』からのファンだ。そのあと『秘密と嘘』『ヴェラ・ドレイク』と役柄は静かだが、時が経っても彼の物言いや動きを忘れることがない。

今作もシワ一本、一本、足の動き一歩、一歩が印象に残った。周りは動画を上げて勝手に彼を話題の老人に仕立てあげたが、彼はそんなことは知らず、知ろうともせず、目的のために足を進めるだけだった。

posted by ミッキー at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: