2022年04月05日

Netflix『赤い殺意』

Netflix『赤い殺意』今村昌平監督/150分/1964年

複雑な生い立ちの貞子(春川ますみ)は図書館員の夫(西村晃)と今だに内縁関係のままで、一人息子は夫の母の養子になっていて、日々の暮らしは女中扱いされていた。

子は姑の家に泊まり、夫も出張の晩に強盗(露口茂)が入り、犯されてしまう。死のうとしたり、夫に打ち明けようと思ったが、子どもと別れるのが辛く、このまま忘れてしまおうとするが、強盗の男は再び貞子の前に姿を現して……。

D49D3660-39DA-4B64-9220-384B094C39EF.jpeg

見たような気になっていたが、Netflixでやっていたので見たら、初めての作品だった。150分、あっという間だった。

ほとんど雪が降るシーンや雹が降っている場面で寒々としているのが、それが虐げられている女の気持ちを表しているように思えた。

陰々滅々とした女性蔑視のストーリーだが、最後には夫も歩み寄って、貞子の選択に希望があったので救われた。

★Netflixも昔の日本映画をたくさん入れてくれた(先月は『無法松の一生』もあった)ので、楽しみが増えた。

posted by ミッキー at 00:07| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: