2022年03月29日

Netflix『マグノリアの花たち』

214EE97B-3A71-4044-819C-4AAC4E6943FD.jpeg

散歩がてらに近くの小学校の桜を撮った。

Netflix『マグノリアの花たち』ハーバード・ロス監督/アメリカ/1989年

アメリカ・ルイジアナ州のとある町。イーテントン家では長女シェルビー(ジュリア・ロバーツ、若い❗️)の結婚式の準備で大忙し。

シェルビーと母のマリン(サリー・フィールド)は、式のお手入れのためにトルービィ(ドリー・パートン)の経営する美容院にやって来た。

ここは頑固で変わり者の未亡人ウィザー(シャーリー・マクレーン)や、町長の未亡人クレリー(オリンピア・デュカキス)などが集まって井戸端会議をするお店だった。

この美容院に新しい美容師アネル(ダリル・ハンナ)が働くようになったばかり。奥様方のおしゃべりに驚くやらハラハラするやら……。

アメリカのどこにでもある風景の中で、中流家庭のおばさま方が美容院に集まっておしゃべりしている。そんな幸せな雰囲気の中でも、病気、男関係、気が合わない人がいて、人間関係が徐々にわかってくる。

ミッキーの若い時などはよく美容院に行った。その当時は予約というものがなくて、会いたくない近所の人と同時間になると出直したりしていた。きっと帰ってから悪口言ってると思ったものだ。

そんなことを思い出しながら見ていたが、シャーリー・マクレーンさんの偏屈な未亡人役がとっても板についてて楽しませてくれた。

posted by ミッキー at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: