2022年03月05日

「世界の秀作アニメーション2022 春編」のお知らせ

昨日、朝からガガーリン、試写2本、そして6時半から『金の糸』というスケジュールだった。最後の金の糸前にうどんを食べたのがいけなかったのか、映画中で半音階で流れる音楽のせいか7割寝た。目覚めたのはエンドロール、いや、そこからも寝たみたいで、人が全部出たところで本格的にハッと目覚めた。
トホホより落ち込んだ。

世界のアニメーション15作品が集結❗️「世界の秀作アニメーション2022 春編」


2022年3月23日(水)〜4月3日(日)に東京都写真美術館ホールにて世界の秀作アニメーションを一堂に集めた映画祭「世界の秀作アニメーション2022春編」の開催が決定した

■世界の秀作アニメーション2022春編
〜国内未公開作、限定公開作を含む海外アニメーション15作品が集結した至高の11日間

■会場:東京都写真美術館1F ホール
(東京都目黒区三田1丁目13−3恵比寿ガーデンプレイス内) 03-3280-0099

■会期:3月23日(水)〜4月3日(日) ※3/28(月)は休館のため休映

■料金(税込):1作品1500円
2作品目以降:期間中本映画祭の半券提示にて1000円
中学生以下無料(大人1名につき2名まで)
3人目以降、あるいは中学生同士の場合は1名500円

■公式HP:https://www.riskit.jp/worldanimation

今年は、戦争や紛争の悲惨さを描いたアニメーション『カブールのツバメ』、『FUNAN フナン』、『トゥルーノース』、『ブレッドウィナー』、『ジュゼップ戦場の画家』など今見るべき作品としてセレクト。

また未公開作『ミューン月の守護者の伝説/フランス語版』を先行公開。過去に限定公開のみで劇場上映を切望されていた『浜辺のルイーズ』、『明るいほうへ』なども上映される。

東京近郊の方は是非ともご覧いただきたい。
posted by ミッキー at 08:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: