2022年03月02日

10年って長すぎる?3月4日公開『余命10年』

「ローバ・ミッキーの「映画を通して、恋愛力アップを目指そう」ではDVD『ラブ・セカンド・サイト 〜始まりは初恋のおわりから〜』をアップ ❗️

https://www.myhappysecondlife.com/ https://www.instagram.com/myhappysecondlife_japan/

🎬『余命10年』藤井道人監督/125分/3月4日より新宿ピカデリー、109シネマズ名古屋他にて全国ロードショー公開

数万人に1人という不治の病に冒されて、余命10年と宣告された20歳の茉莉(小松菜奈)は、生きることに執着しないように、恋だけはしないと心に決めていた。ところがそんな頃、地元の同窓会で和人(坂口健太郎)と出会い恋に落ちてしまう。

その恋で、彼女の最期の10年は大きく変わっていくが……。

AE286187-209C-4D2D-8CEE-D0AEA232B9BA.jpeg

久々に「泣ける」映画だ。余命が半年、1年、いや3年ぐらいの映画が多い中、10年は長いから嬉しいようだが「生きる途中で何を選択する」か迷うのではないかと思った。

普通に健康な方にとって10年って振り帰ると短いように感じるが、「死」をかかげられると相当しんどい。そのしんどさを小松菜奈さんは驚くほど上手く演じていた。この作品で一段と成長したように思う。母親役の原日出子さんのふっくら顔はいただけないが……。

★ここからは映画とはちょっと離れる?が余命10年ならミッキーにも当てはまる。去年で後期高齢者に突入だし、10年もたないかもしれない。

そこで余命10年を「人生10年区切り」で人生仕切り直しと思ってみたら、すべての方々に「10年」は通用する。

例えば、今37歳だけど子育て終わって、後の6年は今のパートを続けながら介護職の資格をとったり、英会話もラジオ講座で進めよう。そして10年たったら……なんて自分自身の人生計画をたてるには10年は無理なくやれそうと気付いた。

ミッキーなら最後の10年になるはず。すぐ浮かんだのは1週間でワンフレーズの英語を確実に暗記。そして身の回りの片付け等々。

悲しく切ない純愛映画でとんちんかんなことを思ってしまい、申し訳ない。

posted by ミッキー at 05:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: