2021年12月18日

12月17日公開映画(2)『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』

🎬『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』トッド・ヘインズ監督/アメリカ/126分/伏見ミリオン座にて

1998年、オハイオ州の名門法律事務所で働く若手企業弁護士ロブ・ビロット(マーク・ラファロ)が、祖母の友人の牧場主から受けた思いがけない調査依頼を受けた。

それはウェストバージニア州の農場が、大手化学メーカー・デュポン社の工場からの廃棄物によって土地が汚され、190頭もの牛が病死したというものだった。

ロブの調査によって、デュポン社が発ガン性のある有害物質の危険性を40年間も隠していた疑いが判明するが……。

8ADF2095-F683-4064-A1E8-DAE5E23C9151.jpeg

この映画を観て、二つの作品を思い出した。2000年公開でジュリア・ロバーツ主演の『エリン・ブロコビッチ』と、2015年公開でスティーブ・カレル主演の『フォックス・キャッチャー』だ。

『エリン・ブロコビッチ』はカリフォルニアで1993年頃に大企業からの六価クロム被害問題。今日観たバージニア州の時期とほぼ同じだ。訴えるまでの展開も大企業の隠蔽の暗部も似ていた。

特にデュポン家=『フォックス・キャッチャー』とすぐ結びついてしまうミッキーは、この超大企業のやり方に怒りを覚えた。

★テフロン加工のフライパンを使っているので、ちょっと心配になってしまった。
★DVDで『エリン・ブロコビッチ』『フォックス・キャッチャー』も、是非ご覧いただきたい。



posted by ミッキー at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: