2021年08月28日

8月27日公開映画 アニメ2題『アーヤと魔女』『岬のマヨイガ』

🎬『アーヤと魔女』宮崎吾朗監督/83分

10歳の孤児アーヤ(声: 平澤宏々路)は、楽しい子どもの家で何不自由なく暮らしていたが、ベラ・ヤーガ(声:寺島しのぶ)と名乗る派手な女とマンドレーク(声:豊川悦司)いう長身男の怪しげな2人組に引き取られることになった。

魔女だというベラ・ヤーガは手伝いがほしかったからアーヤを引き取ったと言い、魔法を教えてもらうことを条件に、アーヤは助手として働きだしたが……。

3CEB691F-4057-45B4-879D-5B62BCDAC300.jpeg

1990年代のイギリスを舞台に、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、奇妙な家に引き取られ、意地悪な魔女と暮らすというお話。

キャラクターや背景が独特でアーヤの気性のユニークさがとても際立っていた。あとから声の出演の方々を、寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳と知ったが違和感は全くなかった。

★終わりかたがちょっと「急」だったのが残念。台詞で魔女が12人と言っていたが意味不明、この続きで出てくるのか……。

🎬『岬のマヨイガ』川面真也監督/105分/名古屋109シネマズにて

ある事情から家を出た17歳のユイ(声:芦田愛菜)と、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより(声:粟野咲莉)は居場所を見つけることができなかった。途方にくれていたところに不思議なおばあちゃん・キワ(声:大竹しのぶ)と出会い、岬に建つ古い屋敷「マヨイガ」で3人、暮らすことになった。

B5A00604-171D-4284-B420-876867826F07.jpeg

児童文学作家・柏葉幸子が東北の民話を盛り込みながらつづった同名ファンタジー小説をアニメ化。

シンプルなキャラクター作画と緑色が美しく際立った風景が良かった。ストーリーも◉、しかしやっぱり大竹しのぶさんの野太いお声は聞いているだけでこっちの喉が痛くなった。他は文句はないが、2つのうちもう一度見るならアーヤの方をみる。
posted by ミッキー at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: