2021年06月12日

6月11日公開映画(2)『キャラクター』

🎬『キャラクター』永井聡監督/125分

漫画家として描く力量はあるが今ひとつ訴えるものがないと言われ続けて来た山城圭吾(菅田将暉)はアシスタントとして重宝されていた。

ある日「誰が見ても幸せそうな家」を探してスケッチする仕事をふられて出かける行った彼は、幸せそうに見える一軒家を見つける。そこからはちょっと大きめの音量の音楽が流れていて、近所に住む男が山城をその家の人と勘違いして注意された。気になってノックをするが返事はなく仕方なく家の中に入ってみると、そこには無残に殺害された家人の姿があった。そして、そこには一人の男が立ちすくんでいた。

事件の第一発見者となった山城は、警察の取り調べに対して「犯人の顔は見ていない」と言い、自分が見た男を主人公にサスペンス漫画を描き始める……。

A92799A6-D0F1-4797-85E3-2E9D53C28BCB.jpeg

これ、予告編がすこぶる良かった。本編を試写で観てから映画館で3回ほど見た。その度に「もう一度みようかな」と思わせてくれた。まだ当分やっているからもう一度みる気は満々だ。

どこがそう思わせるかは菅田将暉を軸に俳優デビューしたFuKase、高畑充希、中村獅童、小栗旬が的確な役柄の配置で描かれていたからだ。特に中村獅童は◎。

永井監督さんとは『帝一の國』でも菅田将暉と組んでいる。帝一とは正反対の性格で映画も180度違う。同じ監督さんにこの振り幅で主演をお願いされるなんて役者冥利につきると思う。

posted by ミッキー at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: