2021年04月12日

『ドリームランド』センチュリーシネマに

🎬『ドリームランド』マイルズ・ジョリス=ペイラフィット監督/アメリカ/101分

1930年代のアメリカ・テキサス州の田舎町。そこに住む17歳のユージン・エバンズ(フィン・コール)は、地元の銀行を襲った強盗犯を捕まえたら一万ドルの賞金がもらえるという噂を聞きつけて見つけてやろうと意気込んでいた。

ところがまもなく自分の農園の敷地にある荒れた納屋で大ケガをした女が潜んでいるのを見つける。その女こそ強盗犯アリソン・ウェルズ(マーゴット・ロビー)だった。

彼女は「殺しなどしていない、私を信じて」と言う。ユージンは危険と知りつつ、足の怪我が治るまで彼女を匿うことにしたが……。

400153DA-770B-4F22-839B-14EA1C683974.jpeg

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーがしたたかな美しき指名手配犯を演じ、17歳の少年との恋を描いたラブストーリー。

見どころが三つある。一つはマーゴットの魅惑的な美貌と肢体。一つは大砂塵のシーン、そして最後の一つはユージンの初体験のカメラワーク。撮影はライル・ビンセントさんという方。この映画はマーゴットの贖え切れない魅力と大砂塵の破壊力で成り立っているように感じた。


posted by ミッキー at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: