2021年04月07日

アカデミー賞ノミネート・Netflix作品より(3)主演男優賞、主演女優賞、美術賞、メイクアップ賞、衣装デザイン賞、『マ・レイニーのブラックボトム』

Netflix『マ・レイニーのブラックボトム』ジョージ・C・ウルフ監督/アメリカ/94分

1920年代のシカゴ。ある暑い日の午後、ブルースの母と呼ばれている歌手マ・レイニー (ヴィオラ・デイヴィス)のレコーディングが行われる予定だった。

時間になってもマ・レイニーは来ず、待ちくたびれたバンドのメンバーたちは皮肉を交えたバカ話をしていた。

その中でも一番若いトランペット奏者のレヴィー(チャドウィック・ボーズマン)は給金以上する靴を買って自慢げに見せびらかしていて、自分の解釈でレコーディングすることになったと鼻高々に演奏し始める。

マネージャーがヤキモキする中、マ・レイニーがやってきて「そんな話は聞いていない」とピシャリと言い放つ。

彼女は自分のやりたいようにやると言い張り、白人のプロデューサーと楽曲制作の主導権をめぐって対立して……。

7876A2A1-084B-4EEA-ACAE-198CBBBFB5B0.jpeg

この作品で主演男優賞にノミネートされているチャドウィッグ・ボーズマンさんは去年2020年8月にお亡くなりになった。自分の才能に自信があり夢を追い続けているトランペット弾きのお兄ちゃんという、ちょっと突っ張った若者を演じていた。

一方のマ・レイニー演じるヴィオラ・デイヴィスさんは主演女優賞にノミネートされている。どんな小さなことでも頑として譲らない強い女、声は太いが高音低音の響きが統一されていて体全体が「楽器」になっていた。

★メイキング映像もNetflixにあってそれも併せて見ていただきたい。

posted by ミッキー at 21:53| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: