2021年03月04日

『淀川アジール さどヤンの生活と意見』『めぐみへの誓い』『ミッドナイト・ファミリー』

明日から大阪アジアン映画祭に行くので、まだ観ていない映画を今池シネマテークと名古屋西口のシネマスコーレに観に行った。

まず10時から今池で田中幸夫監督の『淀川アジール さどヤンの生活と意見』

7899D5FC-E1BD-43F2-9E87-77EAC43328C8.jpeg

このドキュメンタリーの主人公は、河川敷に約20年暮らす「さどヤン」北海道生まれの73歳。

若い時から力仕事他あらゆる仕事についた経験から、大阪淀川河川敷に小屋を作り、捨て犬を飼って暮らしている。小屋のすぐそばには「停留所」と呼ばれる場所も作って、そこに集まってくる人々と楽しく過ごしている。

「アルミ缶などを拾ったら300円から500円だからタバコもお酒も買える。月に何回かドヤに行って掃除すると5500円もくれるんだ」と嬉しそうに話すサドやん。何時間おしゃべりしていても聞いててあきることはなくて、どんどん人間的な魅力が溢れてくる。

「日本ほどいい国はないよ。ここを立ち退けとは言ってくるが強制することはない。俺が死ぬまで身逃しておいてほしいよ」と言う。

最後にサドやんは「人間は生きることが仕事なんだよ」と教えてくれた。


今池から名古屋駅に。スコーレさんで『めぐみへの誓い』を観る。約25人ほど入っていた。監督さんは野伏翔。横田めぐみさんや田口八重子さんたちの拉致された様子、北朝鮮での暮らしなどが描かれていたが、それがどこまで本当のことかわからない。ちょっと脚色しすぎではないかと感じた。


次にちょうど好みの『ミッドナイト・ファミリー』を観たがホラーと思っていたら、ドキュメンタリーだった。これは面白かったしメキシコの国情もよく理解できた。

3E051FFC-D5D8-4CDA-B3B4-D893643ED1D4.jpeg

監督はルーク・ローレンツェンさん。
メキシコシティでは人口900万人に対して公式の救急車が45台ぐらいしかなく、それを補うように民間救急車がたくさん違法で営業している。

オチョヤ一家もそうした違法救急車だが、いざ事故が起きると連絡が入り一番乗りで駆けつけ、病院に運ぶが「料金」は払ってくれなくても違法だから文句は言えない。謝礼をもらっても警察にいくらかワイロを払い、残ったお金は車の修理、ご飯代で消えてしまう。それでも家族協力して「腹一杯食べられて幸せ」という欲のなさだ。
さどヤンも観てほしいが、ミッキーはこちらがオススメ。


posted by ミッキー at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: