2021年03月01日

2020年の「ベスト10 」生田佳代さん

インド映画で新年のスタートで切りました。一本目は『燃えよ!スーリャ』そして同じ日にインド映画のリバイバル上映の『マッキー』2回目も、十分楽しかったです。

2020年は103本見ているのですが、数えたら新作が44本、旧作が59本という結果に本人が驚いております。 コロナの影響なのか古い映画のデジタルリマスター公開が多かったですね。「男はつらいよ」シリーズとかブルース・リーの作品など。

1『マロナの幻想的な物語』
この映像の自由なこと!そして色遣いもきれい!私の文章力ではこの映像の素晴らしさは表現できません。
よくある話しかもしれません。自分を大切に思ってくれる人を求めるマロナの姿がいとおしくて、ググッときました。
映画の後、飼い猫をしみじみ愛しいと思ってながめていました。

2『テルアビブ・オン・ファイア』
名演小劇場で見逃したのを刈谷日劇で見ることができました! 人間って“物語”を求めるものなんだなぁ〜としみじみ思いました。検問所の“袖の下”が“ドラマの脚本に口出しする事”という発想が面白い。

3『ロマンスドール』
高橋一生と蒼井優演じるママゴトのような夫婦が、忘れられなかったです。

4『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』
ヘヴィメタルは音楽としては興味ありませんが、若者がバンドやる映画は大好物なジャンルなのです!
トナカイを解体する場所でバンドが練習するシーンを見ていたら、イラン映画『ペルシャ猫を誰も知らない』を思い出しました。ここでは牛小屋で練習してましたね。

5『幸福路のチー』

9113965F-54EF-4862-B033-8513048D9996.jpeg

台湾は少し前の日本の面影が残っていて郷愁を誘います。
時代が変わっても変わらぬ“家族のカタチ”を描いて胸にせまってきました。

6『三島由紀夫VS東大全共闘〜50年目の真実』
東大生の話している抽象的すぎる質問…私には「一体何話しているの?」と、サッパリ分からなかったのですが、それに真摯に答える三島さんの姿がかっこよくて、内容はワカラナイけど、見てしまったという稀有な作品。

7『ハニーランド 永遠の谷』
「半分はわたしに、半分はあなたに」とっても素敵なキャッチコピーに映画館へ。
牛を連れて隣に引っ越ししていた大家族一家は自然環境を破壊している現代の私たちを比喩しているのだと思いました。
一度破壊されたものは人間が去ったからといって元には戻らない…そんな事を考えさせられました。

8『本気のしるし』
とっても長い上映時間(4時間近く)なので、いくら深田監督が好きでも…と思っていたら、岐阜まで来てくれました!!北村有起哉さんも一緒に来てくださいました。この作品のヒロインはかなり難役だと思います。それを演じた土村芳さん注目の女優サンになりました。
これぞ予測不可能な映画でした。 

9『カセットテープ・ダイアリーズ』
音楽が物語をまわす鍵となっており、これまた私の好きなパターン。邦題タイトルの“カセットテープ”がよいですネ!!
音楽の趣味はちがうケド近所に住む主人公の友人の存在が光ってました。

10『プロジェクト・グーテンベルグ 贋札王』
チョウ・ユンファ、アーロン・クォックのスター俳優を見る楽しさ以上にしっかり作り込まれた脚本によって映画の世界にひたれるこーゆー作品大好き!!
posted by ミッキー at 18:05| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: