2021年01月08日

1月8日公開映画(1) 『ルクス・エテルナ 永遠の光』『大コメ騒動』

🎬『ルクス・エテルナ 永遠の光』ギャスパー・ノエ監督、脚本/フランス/51分

4EA03273-4694-43F7-9271-10413A83457B.jpeg

映画始まりの注意書きはダテではなかった。お目目チカチカ、短い作品で助かった。光に弱い方はサングラスが必要。

魔女狩りの映画を撮る撮影現場。ベテラン魔女専門女優と実力も人気もあるシャルロット・ゲンズブールの扱いの差などあからさま過ぎて面白く、そんなこんなでクライマックスの火刑のシーンの撮影がスタート。

突然、妙な信号音と光が止まらなくなっても責任者がいない。そのうち張り付けられていた冷静な大女優・シャーロットも叫び始める。その形相は臨場感たっぷりの火あぶりシーンとなって、エンドロール(やりすぎの感は否めない)。


🎬『大コメ騒動』本木克英監督、原案/106分/ミッドランドスクエアシネマにて

1918年(大正7年)8月、富山の海岸に暮らす女房たちは、毎日上がるコメの値段に悩んでいた。漁師の夫や子どもたちにコメを食べさせたくても高くて買えない現状に困った女房たちは米屋に嘆願に行くが追い払われてしまう。

先頭で皆をまとめるオババは逮捕されたのがきっかけで女たちの戦いはうやむやになるが……。

65C26E4B-0418-41B0-B266-DDC4E10AA90A.jpeg

初日初回に行った。約60人ほどの入り。今の状況では大入りだ。

監督さんは『超高速!参勤交代』『空飛ぶタイア』を手がけた富山県出身の方。大正時代に富山県の海岸部で発生した「米騒動」で活躍した女性たちの姿を描いている。

女たちの戦いに観ている者も仲間入りしたように力が入った。俳優さんの演技としては表情も単純で物足りなかったが、悪い?米問屋の妻・左時枝がひとり演技者として光を放っていた。着物の着方も時代を忍ぶことができた。

ところどころで過去に話が飛ぶときに、その映像をはさんでいたので、わかりやすく、映画慣れしていない方も楽に見られるように作られていた。

持てるもの、貧しいものの隔たりは今も同様のままと突きつけられた。

 
posted by ミッキー at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: