2020年03月01日

2019年ベスト5【読者・東京都・井上氏】

若き日に観た作品を再び・ベスト5

数年前に思わぬ事故に合い、今は自宅近くの施設で養生しています。しばらくは映画をあきらめていましたが、最近になって気力を取り戻し、家人にDVDやアマゾンで見られる環境にしてもらいました。学生時代に観た作品(ほとんどフランス映画です)を再び見ました。
気のせいか当時の若さが少し取り戻せたと感じています。映画の持つ力を再確認しました。
そんな中から5作品を選びました。

(1)『ヘッドライト』アンリ・ヴェルヌイユ監督/フランス/1956年
50歳になるトラック運転手ジャン(ジャン・ギャバン)は長時間運転の休憩所「キャラバン」で疲れた体を横たえる。だが彼の頭には思い出が次々かすめてゆく……。2年前のクリスマスの晩、ここでウェイトレスをしていたクロチルド(フランツワーズ・アルヌール)に会う。2人は道ならぬ恋に落ちてゆく。

クロチルドはやがて妊娠、ジョンは妻子を捨て彼女と暮らす道を選んだ。しかし彼女は働くために堕胎してジョンのトラックで帰る途中で容態が悪化。病院でクロチルドは亡くなった。

社会の底辺で出会った2人の恋が切ない……。キャラバンの店主に起こされるジャン、国道を砂煙を上げ立ち去るトラックが目に残る。

(2)『過去をもつ愛情』アンリ・ヴェルヌイユ監督/フランス/1954年
タクシーの運転手をしながら南米行きの機会を待っているピエール(ダニエル・ジェラン)は自分の車に乗せたことからカスリーン(フランツワーズ・アルヌール)を知る。彼女は英国の貴族に見初められ、その夫人となったが夫を交通事故で失い孤独を旅にまぎらわせている。

しかし警視庁のルイスはこの事件に疑いを持っていた。ルイスは彼女とピエールの仲を知り、ピエールに近づく。そして彼女の過去の全てをあばいてしまう。南米に行くことを前提に物ごとを進めていたが、それぞれの心理状況の違いから2転、3転。つまるところピエールは1人で行くことになる。

ルイスに付きまとわれて波止場を去ったカスリーンは同行を断念、ひとりっきりの人生が始まる。一方、本当の愛情に気づいたピエールは狂ったように船上から彼女の名を呼ぶが、いまとなっては空しいばかりだった。

(3)『青い麦』クロード・オータン=ララ監督/フランス/1954年
フィリップ16歳、ヴァンカ15歳、ふたりは今年の夏も両家族合同で海辺の別荘を訪れていた。しかし大人に近づきつつあるフィリップは以前のようにヴァンカに接することができない。

そんな時、ふたりの前に現れた美しいダルレエ夫人。彼女の魅力にとりつかれたフィリップは、その関係を悟られまいとして、ますますヴァンカとの溝を深める。ヴァンカはフィリップの一直線の行為にひたすら耐え、笑顔で接した。

ふたりの恋はそれでも切れることなく続き、夏が終わりに近づき誰もいなくなった海岸を歩いた。フィリップは彼女に「思い出」をプレゼント。ヴァンカはちょっぴり大人になった。やがて秋が訪れる。

(4)『風花』木下恵介監督1959年
信州、善光寺平の名倉家で結婚式が行われ花嫁のさくらが出発して行った。18年前小作人の娘春子と名倉家の次男英雄は恋仲だったが許されず思い余って心中、春子は一命をとりとめたが、妊娠していた。

やがて出産、名前を「捨雄」と命名、親子でひっそりと生活した。捨雄は7歳年上のさくらを淡い恋心をいだきながら成長した。

結婚前のある夜、ふたりで家を抜け川辺りで会った。捨雄の清らかな愛情にさくらは応え抱擁、純愛の記念に舞扇をもらった。結婚式の当日、それを持って捨雄は川の深みに進んで行く。それを見た母は息子の名を呼んだ。その声で彼は思いとどまった。

息子の悲しみを理解した母は、ともに新しい生活をめざし名倉家を去る。川のそばで旅支度する2人に風花がしきりに散った。

(5)『太陽がいっぱい』ルネ・クレマン監督/フランス・イタリア/1960年
タイトルはすでにおなじみ。トム(アラン・ドロン)の殺人が罪であることは明らかだ。自分勝手な行動を面白く感じた。ラスト「これで完ペキだ」と言ったと同時にフィリップの死体が引き上げられる。こわれた「青春映画」と言える。
posted by ミッキー at 02:44| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: