2019年12月03日

『ファイティング・ファミリー』『羊とオオカミの恋と殺人』 TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて

🎬『ファイティング・ファミリー』スティーヴン・マーチャント監督/アメリカ/108分

イギリスのノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家は、レスリング興行で生計を立てていた。13歳のときからリングに立っていたサラヤ(フローレンス・ピュー)はジムに通う子どもたちにレスリングを教えながら、いつかWWEの試合に出て一家を盛り上げたいと願っている18歳。

兄ザック(ジャック・ロウデン)は、愛する彼女と結婚し、もっと強くなりたいという夢もあった。そんな兄妹がトレーナーのハッチ(ヴィンス・ヴォーン)に誘われ、WWEのトライアウトに参加するチャンスを得た。

大喜びでトレーニングに勤しむが20名ほどいたメンバーの中でサラヤだけが合格して次の訓練であるフロリダに行くことになって……。

BF5D2BA7-9FD7-4154-A710-4C7B82D5FB25.jpeg

実在の女子レスラーの半生。家族に守られているペイジは幸せ者。

ストーリーの先は読めてしまうがプロレスの裏事情やスターを生み出すための訓練に、話し方、掛け声、顔の表情など事細かく指導していた。

どうせ「お約束上のかけひき」と思っていたが、なかなか奥が深いことも教えてくれた。


🎬『羊とオオカミの恋と殺人』朝倉加葉子監督/103分

大学受験に失敗し予備校もやめ引きこもりの黒須(杉野遥亮)は、 壁にフックをつけて首をつろうとしたが失敗。壁に小さく穴があいてしまった。

穴をのぞいてみると美人で清楚なお隣の宮市さん(福原遥)の生活が丸見えで、それからというもの、それが楽しみになっていく。

そんなある日、彼女が部屋で凄惨な殺人行為をしている様子を見てしまう。1度目はまさかそんなはずないと悪夢でも見たと思ったが、しばらくしてまた殺人の現場を見てしまい……。

人気漫画アプリ「マンガボックス」でダウンロード数が断トツ独走コミック「穴殺人」の映画化。まさかこんな激しいとは思わず、身を乗り出して見てしまった。どおりで男性の方が多かった。

迷える羊、カッターで殺るオオカミ……今までにはなかったし、考えられない展開だった。これは必見作品。主役の2人も◎。
posted by ミッキー at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: