2019年10月25日

10月25日公開映画(1)『スクールズ・アウト』『 T-34 レジェンド・オブ・ウォー 』

🎬『スクールズ・アウト』セバスチャン・マルニエ監督/フランス/103分

パリの名門中学校で授業中に突然担任教師が教室の窓から飛び降りた。命はとりとめたものの意識不明。その代用教員の職にありついたピエール(ロラン・ラフィット)は飛び降りした先生のクラス(名門中学校でも特に優秀な生徒のクラス)を受け持つことになって……。

「シッチェス映画祭2019」で上映されるが今年のフランス映画祭で観た作品。

ちょっと作り過ぎな作品。生徒たちの異常ぶり、赴任してからのピエールの日常や精神状態の変化、職員室の様子など同僚教師の「先生ぶり」が日本とは違うのが面白かった。


🎬『 T-34 レジェンド・オブ・ウォー 』アレクセイ・シドロフ監督、脚本/ロシア/113分/名古屋109シネマズにて

9B33E342-2DBB-4DC2-B7F0-BF87E79FA728.jpeg

第二次世界大戦下、若きロシアの新米の指揮官・イヴシュキン(アレクサンドル・ペトロフ)は、ドイツ軍指揮官・イェーガー(ビクトル・ドブロヌラボフ)のドイツ戦車軍団と死闘の末に壊滅させるが、捕虜となってしまう。

拷問されても名前も階級を黙秘するイヴシュキンは独房で身を横たえていたが、数年たってイブシキンが収容所で今だに生きている事を知ったイェーガーは、個人的恨みから彼に1台のT-34を与え、武器なしの状態で軍事演習の的になる事を要求する。

圧倒的に不利な状況の中、イブシキンは捕虜3名とともにT-34を使って脱獄を計画するのだった。


会場はほぼ7割が男性。戦車好きにはたまらない作品。

ナチスの捕虜になったソ連兵が4人で一台の戦車を酷使して敵の軍勢に立ち向かう姿を描いたロシア製戦争アクション。「太陽に灼かれて」の名匠ニキータ・ミハルコフが製作に加わって、T-34の本物を使用した。

戦車ものではブラッド・ピット主演の映画『フューリー』を思い出すが、ロシアの新作は戦車同士の対決。戦車を手足のように操れる男たちのリアルな描写がキモになっている。

残念だったのは弾丸の行き先をCGスローモーションで何回もやっていてリアルさが薄まったこと。よかった点は、言葉がロシア語、ドイツ語で通訳を介してやっていたこと。その通訳も捕虜の女性で、恋も芽生えるという設定だった。
posted by ミッキー at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: