2019年10月10日

ひと足お先に、東京国際映画祭特別招待作品より『決算!忠臣蔵』『グレタ GRETA』

🎬『決算!忠臣蔵』中村義洋監督、脚本/125分/東京国際映画祭特別招待作品(11月公開)

時は元禄14年3月14日。清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲ)は、賄賂まみれだった吉良上野介に江戸城内で斬りかかり、即日切腹となった。

藩主を亡くした赤穂藩士たちの生活を考えて、筆頭家老の大石内蔵助(堤真一)は、勘定方の矢頭長助(岡村隆史)の力を借りてリストラに励むが、その努力や幕府への働きかけもうまくいかず、お家再興の夢は絶たれてしまう。

一向に討ち入る様子のない内蔵助だったが、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。しかし討ち入りするにも予算が必要。どうにか予算内で仇討を成功させようと知恵を出し合うが……。

C61FA6DB-6124-4D03-8F82-9C22B41106C3.jpeg

全く意表を突いた忠臣蔵コメディー。11月公開だが正月映画にぴったり。なんで12月中旬にしなかったのだろう。映画業界の方は何を考えているのだろう。たしかに消費税も上がって、お金にはシビアになっているこの頃だから「この時期」なのか?とも思うが、豪華な俳優陣、お珍しいお方では西川きよし、桂文珍さんのお顔も見られた。まあ、1ヶ月余、早く正月がきた気分で是非劇場へ。


🎬『グレタ GRETA』ニール・ジョーダン監督/アメリカ/98分/東京国際映画祭特別招待作品(11月公開)

ニューヨークの高級レストランでウェイトレスとして働くフランシス(クロエ・モレッツ)は、通勤時に地下鉄の座席に置き忘れたハンドバッグを見つけた。

同居する友人エリカ(マイカ・モンロー)は、バッグの中のお金を美容とか美味しいものに使っちゃおうと言ったが、とんでもないことと、翌日、孤独に暮らす未亡人グレタ(イザベル・ユペール)の家を訪ねていってハンドバッグを届けた。それがきっかけで歳のの離れた友人として親密に付き合うようになるが……。

ユペールさん出ずっぱりの『エル ELLE』は忘れられない作品。でもこれは怖いプラス狂っている女。冷静な教養ありげな佇まいだから騙されてしまうのだ。

しかし女性は小物(小銭入れとか携帯とか)をおきわすれても、ハンドバッグ👜そのものはあまり忘れないと思うが……。

ミッキー好みの渋い男・スティーヴン・レイも出てきて大満足。
posted by ミッキー at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: