2019年10月09日

楽園?とは皮肉が効いている 10月18日公開『楽園』

🎬『楽園』瀬々敬久監督/129分/10月18日よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国ロードショー公開

79CF95FE-BA26-4F72-82F6-F9C3015AFB64.jpeg

とある緑豊かな農村地帯のY字路で学校帰りの小学生の女の子が行方不明。愛華の級友で、Y字路で別れる直前まで一緒にいた紡(杉咲 花)は罪悪感を抱えながら成長する。

それから12年後、事件は未解決のまま。

ある夜、紡と豪士(綾野剛)はひょんなことで知り合い徐々に親しくなっていくが、そんな2人を訝しく思う人もいた。一人は紡に想いを寄せる幼馴染の野上広呂(村上虹郎)、もう一人は愛華の祖父・五郎(柄本明)だった。

そして夏祭りの日、再び少女が消息を断った。それも12年前と同じY字路で……。

一方、養蜂家の田中善次郎(佐藤浩市)は、Y字路に続く集落で愛犬と暮らしていた。しかし、養蜂での村おこしの計画が元で、村人から村八分にされていた。


容疑者と疑われている青年を綾野剛、事件の直前まで一緒にいた女の子に杉咲花、過疎化が進む村にUターンして養蜂をやりはじめた佐藤浩市、行方不明の女の子の祖父に柄本明。三人三様、見事な演技を観せてくれた。

閉鎖的な田舎の中でのやり切れなさに、原作を読んでみたいと痛切に感じた作品だった。 あっちにもこっちにも監視カメラの無かった12年前の出来事を迷走しながら見せてくれた。
posted by ミッキー at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: