2019年07月16日

第28回 レインボー・リール東京(4)『ジェイクみたいな子』『クィア・ジャパン』

🎬『ジェイクみたいな子』サイラス・ハワード監督/アメリカ/92分/日本初上映

ニューヨークに住んでいるアレックス(クレア・デインズ)と精神科医の夫のグレッグ(ジム・パーソンズ)は、男の子のおもちゃよりディズニーのお姫様に興味がある息子ジェイクの小学校選びに情報を集めたり、見学に行ったりしている。そんなある日、幼稚園の園長(オクタヴィア・スペンサー)からジェイクの性自認についてカウンセラーに相談してみないかと提言されて……。


親しい友人から「お人形さんごっこやままごとが好きなんだけど、うちの子、大丈夫だろうか」と相談を持ちかけられた。もう30年も前のことだ。

その子は次男でお兄ちゃんは活発でうちのお転婆娘と外遊びをしていた。でも今となっては弟くんも立派なパパになっている。

ジェイクの様子は両親の話の中だけでほとんど姿をみせないし、お顔は最後にピンク色のバレーの衣装で楽しそうに両親の手を持って歩いているかわいい子だった。

将来はどうなるかはわからないが、こういう視点で描かれた映画は今までなかったと思う。是非とも公開してほしい作品だった。


🎬『クィア・ジャパン』グレアム・コルビーンズ監督/日本/101分/世界初上映

現代の日本では様々なジェンダー、セクシュアリティの人々が、型にはまらない生き方を選択できる世の中になりつつある。監督さんは3年かけて日本各地のセクシュアル・マイノリティとして生きる人たちをインタビュー。それぞれの居場所で日頃の思いを自身の言葉で語っているドキュメンタリー。

出演は、ヴィヴィアン佐藤、松田篤史、畑野とまと、のぎすみこ、田亀源五郎、ハスラーアキラ、長谷川博史、小川チガ、杉山文野、レスリー・キー、マサキチトセ、サエボーグ、三橋順子、上川あや、マーガレット、マダム ボンジュール・ジャンジ、青山薫、大河りりぃ、鬼塚哲郎、シモーヌ深雪、砂川秀樹

中でも8月に公開を控えている『トム・オブ・フィンランド』(ゲイアートの先駆者としてフィンランドの国民的芸術家トム・オブ・フィンランドの半生を描いた伝記ドラマ)の記念館を主宰する人との交流を話された田亀源五郎氏や、以前、この映画祭でオープニング司会をなさったマーガレットさんにも映像の中でお会いできたのが嬉しかった。
posted by ミッキー at 19:48| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: