2019年04月28日

イタリア映画祭2019(1)『月を買った男』『盗まれたカラヴァッジョ』

ここ2日ばかり真冬並み「一歩手前」の寒さだ。寝るときに注意しないと風邪をひいてしまいそうだ。

さて、昨日からイタリア映画祭、完売の作品と聞いたが当日券で一枚買ったので10本観ることになる。でも前売り券完売でも席は相当空いている。以前の右側に字幕が隠れてしまう席まで売っていた時代とは大違いだ。


🎬『月を買った男』パオロ・ズッカ監督/イタリア、アルバニア、アルゼンチン/103分/日本初公開

ある日、突然、世界中の情報機関に衝撃ニュースが走る。そのニュースとはイタリア・サルデーニャ島で「月の所有者になった者がいる」というものだった。慌てたイタリア政府はサルデーニャ生まれだが島のことが無知なしがない捜査官ケヴィン(ヤコポ・クッリン)を孤独を好むサルデーニャ人パドーレ(ベニート・ウルグ)から先入するための「サルデーニャ魂」を教えてもらい、サルデーニャ島のクックルマル村にやっと到着する

オープニング作品❗️会場から「最初にこんな素晴らしい作品を観て後からのが心配」という言葉が出たが、本当にそのとおり。これもう一度上映があるので是非とも関東地域の方は足を運んでいただきたい。(5月1日6時10分から)

その時に公式カタログのあらすじは読まないという「ミッキー掟」(これはイタリア映画祭のみの掟)を守って欲しい。どうして、月を買ったかまで見事に「書かれている」からだ。

⭐️この映画の感想は、後から書き足すことにするが、公開もあり得るので迷っている。
⭐️会場からは「サルデーニャ島に行ってみたい」という感想が多く出た。


🎬『盗まれたカラヴァッジョ』ロベルト・アンドー監督/イタリア、フランス/110分/日本初公開

映画製作会社の秘書ヴァレリア(ミカエラ・ラマッツォッティ)は、人気脚本家アレッサンドロ・ペス(アレッサンドロ・ガスマン)のゴーストライターを長年やっていた。締め切りが近い脚本をどうにか書いてもらいたいペスはヴァレリアが頼みの綱だった。

ヴァレリアも今回は構想が浮かばず困っていたところ、市場で買い物中に出会った元マフィア捜査官の老人ラック(レナート・カルペンティエーリ)から「1969年に起きたマフィアが盗んだカラヴァッジョの絵画の真相を映画化しないか」と持ちかけられる。


前が良すぎて霞んだ作品……。ストーリーはいいからワクワクしながら観たが、それは最初部分のみ。話がこんがらがってしまい、ついていけなくなった。

主役のゴースト脚本家の女優さんがパッとしなくて、その母親がラウラ・モランテさん。お母さんのほうが若く見える時もあったり、ここでこの女優さんなら「鍵」はこの人とまあしょっぱなから丸わかりだったり……。

⭐️この母親との終盤行動も公式カタログに書いてある。トホホ😱

posted by ミッキー at 07:50| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: