2019年04月27日

中国春節・公開映画が日本10連休に 5月3日公開『ペガサス/飛馳人生』

昨日、名古屋を高速道路バスに乗って東京へ。ところが1時間半の遅れが出て驚いた。今まで一回だけ30分ぐらい遅れたことがあったが、毎回ほぼ定刻に着いていた。その理由が今、ネットニュースでわかった。

26日午前3時半ごろ、東京都世田谷区大蔵5丁目の東名高速道路上り線で、性別不明の遺体が見つかった。この影響で、川崎インターチェンジ(川崎市宮前区)―東京インターチェンジ(東京都世田谷区)間が同日午前4時55分から正午ごろまで通行止めになった。

 神奈川県警高速隊によると、付近を通行していた車の運転手から「動物の死骸か何かが落ちている」と110番通報があったという。現場近くには高さ約9・7メートルの「大六天橋」がかかっており、橋の上に成人の男性用とみられる靴がそろった状態で見つかったという。

というニュースだ。正午には流れたが、またその先で別の事故にも遭遇して30分ぐらい遅れた。ミッキーの乗ったのはJR高速バスでトイレ付き(チョット3150円と割高だけど)だから安心だ。


🎬『ペガサス/飛馳人生』ハン・ハン監督/中国/98分/5月3日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国順次ロードショー

かつてはカーレース界の大スターだったチャン・チー(シェン・トン)は、捨て子だった幼い男の子に都市戸籍を取るため、資金稼ぎに闇カーレースに参加してことが発覚して5年間の出場禁止処分を受けていた。

貧しい生活の中で、男の子を自分の息子のように愛情深く育てていたが、5年経ったので自分の活躍する姿はを息子に見せたいと思いたち、今、最も人気のある若き天才レーサーのリン・ジェントン(ホアン・ジンユー)に挑戦しようと昔の仲間協力を求めにいく。

彼の情熱に、ナビゲーターのソン・ユーチャン(イン・ジョン)とメカニックのジ・シン(チャン・ベンユー)が彼の元に再結集するが、現実は思ったほど甘くなかった……。

中国で今年の春節(2/5)に公開されて大ヒットしたカーアクション映画。それもそのはずで、監督さんやシェン・トンさんはカーレースの免許やレースに出るほどの腕前の持ち主。

しんみり感もコメディー感もちょうど良く、コミカルなタッチでストーリー展開も◎ カーレースも臨場感に溢れていて大満足した。観た後はスカッと爽やかになること請け合う‼︎
posted by ミッキー at 06:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: