2019年03月01日

早すぎ 😱 2019年1月2月のミッキーのベストテン

ミッキーの2018年のベストテンは、すでに2019年1月1日から6日連続で載せたので、だいぶ気が早いがここ2ヶ月のベストテンを拾ってみた。試写室、劇場、映画祭で108本。

1位『THE GUILTY/ギルティ』グスタフ・モーラー監督・脚本/デンマーク
上映中。このまま年末までぶっちぎりでベスト3には入ると思う。是非是非劇場へ🏃

2位『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』ブライアン・ヘンソン監督/アメリカ/公開中
腹を抱えて笑ってしまった。パペットと女刑事(メリッサ・マッカーシー)の刑事もの。

3位『荒野にて』アンドリュー・ヘイ監督/イギリス/4月12日公開
「さざなみ」のアンドリュー・ヘイ監督が、孤独な少年と殺処分が決まった馬ピートと叔母さんの住むワイオミングまでの旅路を描いた作品。少年には『ゲティ家の身代金』で誘拐された孫をやったチャーリー・プラマー。確かに辛いストーリーだが、湿っぽくならない楽曲と風景と馬の姿、そして少年の瑞々しさが印象的で、辛さがさほど深刻にならなかった。チャーリー・プラマー少年は、第74回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。

4位『ROMA/ローマ』アルフォンソ・キュアロン監督/メキシコ、アメリカ/シドニーの映画館で2回観た。
政治的混乱期の1970年代のメキシコシティが舞台。経済的に恵まれた医師一家で働く家政婦クレオ(ヤリッツァ・アパリシオ)視点から描いた作品。月契約千円以内で見られる「ネットフィリックス」で見ることができるらしいが大画面で観たい。是非とも劇場公開してほしい。

5位『22年目の記憶』イ・ヘジュン監督/韓国
「初の南北首脳会談に向けて韓国では北朝鮮の最高指導者・金日成の代役オーディションが秘密裏に行われた」と書いてあったが、なぜに代役を使って練習しなければならなかったか今でもわからない。しかしソル・ギョングさんとパク・ヘイルさんの親子関係の微妙さを的確に描かれていた。監督さんは『ヨコヅナ・マドンナ』の方。これも良かったDVDで是非。

6位『アイ・ビロング』ダーグ・ヨハン・ハウゲルード監督/ノルウェー/トーキョー ノーザンライツ 北欧映画祭上映作品
誠実に暮らしている中年女性3人。一人は看護婦。もう一人は小説家。そして母親に生活費の援助をしている娘。それぞれの人生がちょっとした接点で描かれている。公開を切に願うが……。

7位『けもの道 京都命の森』川原愛子監督/グリーンイメージ国際環境映像祭上映作品。
京都の市街地と山の境界で暮らす猟師・千松信也さんは、近隣の3つの山に入り、手製のワナをかけてシカやイノシシを捕獲。その一部始終、千松さんの生き方、考え方を知るために、ひと冬の猟に密着したドキュメンタリー。NHKで放映されたようだ。

8位『運び屋』クリント・イーストウッド監督・主演/アメリカ/3月8日公開
クリント・イーストウッド作品は裏切らない。全体的に静かだが、ハラハラ感は絶えずあった。終わり方も納得。

9位『バイス』アダム・マッケイ監督/アメリカ/4月5日公開
ジョージ・W・ブッシュ政権でアメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われ、9・11後のアメリカをイラク戦争へと導いたとされるディック・チェイニーを描いた社会派エンタテインメント作品。アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。サム・ロックウェルさんのブッシュメイクアップには舌を巻いた。お二人ともご存命なのに……アメリカって懐が深い。

10位『翔んで埼玉』武内英樹監督/公開中
漫画家・魔夜峰央が1982年、当時住んでいた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画。30年以上たった2015年に復刊され、今回の映画化。見るからに女の子・壇ノ浦百美、見るからに都会人の埼玉県人・麗がお互いに心惹かれていき、東京と埼玉の抗争が千葉、群馬、神奈川、栃木、茨城も巻き込んで行って……最後のオチも楽しめるのでこの先は劇場に是非。

次点
『洗骨』照屋年之監督/公開中
監督さんはガレッジセール・ゴリというお笑いの方で、構想も脚本もものにしているすごい才能の持ち主。洗骨のための水の重さや骨を洗う水の量、当主信綱のおでこの傷一つも見落としていない演出力に感服した。
posted by ミッキー at 12:14| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: