2019年02月01日

2月1日公開映画『フロントランナー』TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて

今日から食事に関して実行することにした「食べる順番」「炭水化物を半分に」「よく噛むこと」「おやつは一回だけで少量」……、急に決めたことではなくて、よく娘たちから言われていることだ。2月いっぱいは確実に実行してみたいと思っている。

周りを見渡せば皆薬を飲んでいる。ミッキーはよほど映画祭などで連日4本、5本の時は栄養ドリンクを飲むが年に10本ぐらいだ。日常的に薬を飲まなくていいように気をつけたいと思ったからだ。まあ、いつまでやれるかわからないがこの2月はやり抜きたい。

今朝はコーヒー2杯、トースト半分、カブの酢の物、トマト、ゆで卵、りんご4分の1。昼は弁当に野菜(キャベツ、人参、玉ねぎ、ピーマン、ほうれん草)の蒸したものを弁当箱に詰めて、デコポン一個、モスバーガーのきんぴらライスバーガー、夜は残った野菜の蒸したものにウィンナーと卵で油炒め。ごはん軽く一杯かお餅1個、りんご半分にしようと思っている。甘いものは生姜糖2カケ、干し柿小さいの一個、マヌカハニー小さじ半分。


🎬『フロントランナー』ジェイソン・ライトマン監督/アメリカ/113分

1988年、アメリカ大統領選挙。コロラド州から選出されたゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)は、史上最年少で最有力候補=フロントランナーと見なされた。

イケメンでもあり、知性とカリスマ性も加わって、ジョン・F・ケネディの再来とまで言われて大衆、特に若者に人気があって当選はほぼ確実と考えられていた。

だがマイアミ・ヘラルド紙の記者がハートに関するある疑惑が報じられると様子は一変。ハートの築き上げたようとした未来は崩れいく……。


絶対初日に観たい映画だった。シドニーの娘婿は毎日のようにボンダイビーチに泳ぎに行っている。なだらかなボンダイビーチの丘にヒュー・ジャックマンさんの邸宅があって会うと「ハーイ👋」と言ってとっても気さくで優しい人と自慢気に話してくれる。

そんな彼がこの作品では、ちょっとした気の緩みか、生来のものか、女性スキャンダルを起こしてしまう。それさえなければ……と惜しい気もする。

マスコミが殺到して家から出るにでれない奥様やお嬢様の辛さは相当なもので、スキャンダルの渦中の女性も、その後どうしたのだろうと心配になった。

⭐️ご夫婦は当時別居同然だったが、離婚はしないでご健在とのこと、それだけが救いだった。
⭐️ヒュー・ジャックマンさんのインタビュー記事 http://cineja-film-report.seesaa.net/article/463922221.html


posted by ミッキー at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: