2019年01月26日

1月25日公開映画(2)『あした世界が終わるとしても』『ヴィクトリア女王 最期の秘密』

🎬『あした世界が終わるとしても』櫻木優平監督・脚本/93分

幼い頃に突然死で母を亡くした高校生の狭間真(声:梶裕貴)は、ある重要な研究を続けている父親とも心を通わせることができないでいた。クラスメイトで幼馴染の琴莉(声:内田真礼)だけが心の支えであった。琴莉もそんな真をずっと見守っていた。

2人は高校3年の秋に初めてデートをする。受験の不安を一時でも忘れることが出来た大切な時間だった。真は自分の気持ちを伝えようとするが、突然、真の父が母親と同じ突然死で亡くなったと知らせが入る。

そんな真の前にジン(声:中島ヨシキ)と名乗る少年が現れ、彼は「この世界と相対するもうひとつの世界「日本公国」から来たといい、ふたつの世界には相対する人物がいて、片方の世界で死ぬともう片方も死ぬともいう。

真の両親の突然死も日本公国で公女と呼ばれる権力者に処刑されたからだった。ジンは、日本公国の公女の独裁政権を倒すため、公女コトコ(声:千本木彩花)と相対する人物を殺すためこの世界に来たのだった……。

全くいままでのアニメ映画と違った。ギラギラ感触がなく話の展開の速度も「置いてきぼり」無しだった。絵柄もいい。声優さんをきちんと使っている。世界のアニメ界に羽ばたく監督さんと直感した。

⭐️10歳〜ミッキー年代の高齢者まで、空想の世界に誘ってくれて、ボケ封じにちょうどいい刺激もある。是非是非のオススメ・アニメだ。


🎬『ヴィクトリア女王 最期の秘密』スティーヴン・フリアーズ監督/イギリス、アメリカ/112分

1887年、ヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)の在位50周年記念式典で記念金貨の献上役に刑務所の記録係の若者アブドゥル・カリム(アリ・ファザール)が選ばれた。選ばれたのは彼が長身という理由だった。早速もう一人の献上役のモハメドと英国に渡る。

式典の前に絶対に女王陛下とは目をあわせてはならないと注意を受けたが、ウィンザー城で行われた式典で、いよいよインドからの献上品を運び終えて前向きのまま退くときに、女王陛下と目があってしまい微かに微笑んだアプドゥルは……。


このところイギリス女王映画が多い。1月にこの『ヴィクトリア女王 最期の秘密』、2月15日公開の『女王陛下のお気に入り』、そして3月15日公開の『ふたりの女王メアリーとエリザベス』だ。今年はヴィクトリア女王生誕200年という節目。

3作品一応観ているが『ふたりの女王メアリーとエリザベス』だけは字幕なしだからあてにはできないが、3作品とも女優競演の力作。そんな中でも『ヴィクトリア女王 最期の秘密』のジュディ・デンチさんはお一人で2人分、3人分の貫禄があって見ごたえは十分。

女王陛下の周りにはしかめ面の御仁だらけで、東洋的で端正なアブドゥルを見ておそばに置いて話し相手に寵愛したのは頷ける。それぐらいのわがままを許されるご苦労いっぱいの女王陛下の人生、最期にこんな慰めがあってよかったと思った。

posted by ミッキー at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: