2018年11月24日

『ぼけますから、よろしくお願いします。』ポレポレ東中野にて

昨日、伊豆から名古屋に帰りついたが、浜松ぐらいで身体の節々が痛くなった。熱が出る前のようだ。面倒くさいので体温も計らずにあったかくしてひたすら眠った。起きたら熱が出きっていて(想像では37度8分ぐらい)身体がぽかぽかして気持ち良かった。

夜中に葛湯と柿半分食べてまた寝て、朝8時に起きたら熱っぽいが元気になっていた。風邪か疲れかわからないが咳だけ少し出る。

というわけで今日明日は家にいて年末掃除、年賀状などやりたいと思っている。

🎬『ぼけますから、よろしくお願いします。』信友直子監督/102分/ポレポレ東中野にて


広島県呉市。そこで生まれた信友直子監督は、ドキュメンタリー番組を制作するテレビディレクターで約40年の間、東京で暮らしている。

そんな仕事一筋の娘を両親は静かに見守っている。45歳の時に乳がん罹り、その時、両親の励ましに感謝した監督さんは父と母の記録を撮り始めた。最近になって、母親の変化に気づき始めて……。


昨日の『モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険 』のハンス・レイとマーガレット・レイは、いい夫婦だったし、今日の監督ご両親もいい夫婦。いい夫婦の条件はどんな苦境でも喧嘩しながらでも「話し合うことができる」に尽きる(夫婦仲の悪いミッキーも最近では結構話し合うことができるようになった)。

このドキュメンタリーで気になるところがあった。88歳の母親が(父親は96歳 ❗️)ちょっとボケていると思って医者の診察を受けたが、「お薬を飲んで進行を少しでも止めよう」の常套句で毎日義理堅くお薬をのむが、途端によく寝るようになる。

さっきまでわめいいたが、所構わず廊下、風呂場入り口、で横になってしまう。時には「迷惑かけるねえ」というが長続きはしない。

辛い話ばかりだがご夫婦の醸し出す雰囲気と父母を追う監督のカメラがとても慈愛に満ちていた。



posted by ミッキー at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: