2018年11月21日

フィルメックス映画祭2018(3)『幻土(げんど)』

いま読んでいる本は清水潔著「殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」であともう少しで読み終える。

これは1人の週刊誌記者や雑誌記者をしながら縁にふれた清水氏が、冤罪を証明された「足利事件」は終着点ではなくスタートラインだという本で、2013年に発刊している。これは本屋さんをぶらぶらしていて偶然見つけたもので古本ではない。


凶悪な「連続幼女誘拐殺人事件」の真犯人は別にいる。そして警察は、真犯人を知っていながら逮捕せず野放しにしている……、ああ、気が焦って次に読み進めたいが頁をめくるたびにドキドキするので困っている。


🎬『幻土(げんど)』ヨー・シュウホァ監督/シンガポール、フランス他/95分/日本初上映


シンガポールの刑事ロクは埋め立て地の建設現場で働く中国人移民労働者ワン失踪事件を担当することになった。ワンが親しくしていたというバングラデシュ人移民労働者に会い、ワンがよく出入りしていたインターネットカフェに訪ねる。

ワンは、そこで働く若い女性(ルナ・クォク)に好意を抱いていて、彼の失踪する直前の日々がうっすらとわかりかけて来て……。


ロカルノ映画祭で見事金豹賞受賞作品で撮影が日本の方(浦田秀穂)と知り、相当期待したが、分かりづらい作品だった。だから上映後のトークも参加した。

題名の『幻土』はシンガポールの4分の1は埋め立て地で他の国から砂を輸入している。前は海だった所に外国の土砂で埋め立て地てできた「幻の土」というわけだ。

近々耳にするシンガポールの繁栄とは裏腹にその繁栄を影で支える移民労働者はパスポートを会社に一時的に取り上げられて働いている。

時々、無機質な悲鳴のような声が大音響で驚かされたり、民謡調の懐かしい音楽だったりと監督さんの意図とする「夢の世界や昔を思い出す感覚を呼び起こす楽曲を選んだ」も理解できなかった。
posted by ミッキー at 09:29| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: