2018年10月28日

第31回東京国際映画祭(3)『家族のレシピ』『武術の孤児』

🎬『家族のレシピ』エリック・クー監督/日本、シンガポール、フランス/89分/ワールド・フォーカス特別上映

高崎で人気ラーメン店を営む父親の元で働いていた一人息子の真人(斉藤工)は、父親の急死で途方にくれていた。遺品の中に古い日記帳を見つけた彼は、それは真人が10歳の時に亡くなったシンガポール人の母親がつけたものだった。内容は料理のレシピ、写真、日記など両親の思い出がいっぱい詰まったものだった。

自分たち家族3人が母親の亡くなるまで住んでいたシンガポールに1人で行くことにした。道案内はシンガポール通のブロガー・美樹(松田聖子)の助けをかりて……。


聖子ちゃん目当てで観た。おしゃれな外国住まいの中年日本人女性という役柄を聖子ちゃんらしく演じていた。日本人たちが集まるスナックを経営していて、真人を案内する時は現地語でも通訳していた。

真人は10歳まで住んでいたので、父母と一緒に行った思い出のところを一人で見回ったり、母親の親戚を訪ねて行ったりして過ごすうちに、両親の苦しみを理解して行くという物語。

料理の味や作り方も教わってくるが、その点はほんのさわりだけ。でも、画面に映る料理の数々はとても美味しそうで、お腹が鳴って恥ずかしかった。


🎬『武術の孤児』ホアン・ホアン監督、脚本、編集/中国/121分/アジアの未来部門


舞台は1990年代の中国内陸部にある中国武術の専門中学校。

そこに国語の教師として赴任してきたルー・ヨンホン(ジン・ジンチェン)。校長から英語も教えてほしいと言われ驚くが「なに、単語だけでいい」などと国語や英語は武術学校にとって二の次の校風と知る。だが彼は彼のやり方で授業を進め始める。

彼は保健室の女医さんアン・ラン(リウ・ジーハン)に一目惚れするが積極的に出ることはできないでいた。悩みといえば厳しい武術の修行に馴染めない生徒ツイシャン(ホウ・ユンシャオ)のことだった。


味わい深い映画だった。主演の国語教師は痩せていて情けない表情の男で、どこから見ても武術学校に勤めてはいるのが場違いな人だ。脱走ばかりしている生徒のツイシャン、この少年の顔を一度みたら忘れない独特な面差しだった。

彼が脱走するのにはわけがあって、国語教師とツイシャンの結び付きが最後に示される…ミッキーの勘では賞も射程内のほのぼの系中国映画だ。
posted by ミッキー at 06:30| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: