2018年07月19日

スキップシティDシネマ映画祭(2)『最後の息子』『岬の兄妹』

この暑さだからバス停や映画祭ロビーでも見知らない方と「暑いですねぇ」と割とスムーズに会話できる。そんな中に私と同年輩の男の方と3分ほどお話した。

毎年この映画祭を家内と来てい たけど入院してしまった。映画祭には絶対1人でも行って、話して聞かせろとせかされて、家内の病状が心配だが来た と話してくれた。

聞くと映画の同好の会で知りあったとも教えてくれた。良いご夫婦だなぁとちよっぴり羨ましいかった。


🎬『最後の息子』シン・ドンソク監督/韓国/124分/2017年

内装業を営むスンチョル(チェ・ムソン)とミスク(キム・ヨジン)夫婦の息子は、溺れていた友人キヒョン(ソン・ユビン)を助けて亡くなった

そんなある日、いじめられているキヒョンを目撃したスンチョルは、アルバイトで暮らしていて、あの事故以来、学校にも通っていない彼を見習いとして自分の会社に雇い入れた。

真面目に仕事するキヒョンを見て、スンチョルは内装の資格試験を受ける準備をさせ、妻のミスクも可愛がっていたが……。


シン・ドンソク監督の初長編作品。生真面目そうでナイーヴなキヒョン少年やその事故に関係している子らの真実が徐々に見えてくる。息子を失った両親の気持ちを逆なでするように進んでいく展開に「本当のことを知る」怖さと虚しさを感じた。

☆母親の複雑な気持ちをキム・ヨジンが繊細に演じていた。
☆2017年の釜山国際映画祭コンペティション部門で国際批評家連盟賞を受賞。


🎬『岬の兄妹』片山慎三監督/日本/89分/2018年/ワールドプレミア上映

足の不自由な良夫(松浦祐也)は知的障害の妹・真理子(和田光沙)と安アパートで暮らしている。仕事をリストラされた良夫は貧しさから真理子に売春をさせて生計を立てようとするが……。

どっちを観ようかと映画ポスターの前で考えて、ミッキーを引き付けたのがこれ。

狭くて汚いアパートの一室の設えをずっと見ていたい出来だった。この場所でどんなことが起こるのだろう、兄妹がどんな話や暮らしをしているのだろうと思った。

想像以上のひどい兄で、想像以上にセックスの好きな妹だったが、2人を取り巻く周りをこれでもかと言わんばかりに、痛く、辛く、暗く、描かれていた。

そんな中で真理子を気に入って、真理子も気に入った客に中村祐太郎さんがいた。『ぽんぽん』『あんこまん』の監督さんだ。祐太郎さんの台詞まわしが良かった。

今、書いていて真理子の屈託のない姿だけが浮かんだ……。
posted by ミッキー at 04:36| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: