2018年04月10日

一日中DVDで (2)『3つの心 あのときもしも』『ビリー・リンの永遠の一日』

『3つの心 あのときもしも』ブノア・ジャコー監督/フランス/109分/2014/劇場未公開

税務署で働くマルコ(ブノワ・ポールヴ―ルド)は、出張の帰り、終電に乗り遅れてしまう。駅前の酒場でどうしょうかと思っていたら、1人の女性が現れた。酒場では会話はしなかったが、気になったので後を追って話しかけると意外と話がはずみ、二人して夜明けまで小さな町をぶらぶらとする。

彼女はこの街に住むシルヴィ(シャルロット・ゲンズブール)という名前で、一週間後にパリの公園で時間を決めて再会を約束して別れた。

しかし、約束の時にマルコは心臓発作を起こしてしまい、シルヴィに再会することができなかった。

その後、しばらくして 税務署で泣いていた古物商の女性ソフィ(キアラ・マストロヤンニ)と巡り会い、税務関係の相談に乗っている間に愛が芽生えて結婚することとなった。

だが、もうすぐ結婚式という時になってソフィの姉が、忘れられないシルヴィだと知って……。

こんなに俳優さんが揃っているのに劇場未公開とは。姉妹の母親役にはフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーブさん。姉妹2人を愛しちゃったブノワ・ポールブールドさんは『ありふれた事件』の3人の監督さんの一人で主役もつとめている。

WOWOWで数回放映されただけらしいが、この作品の展開はあり得ると思った。姉妹では稀かもしれないが友だち同士だったらザラにある話。

普通ならシルヴィとはプラトニックだし、ソフィーとは子どもまで生まれているのだから、大人の判断で「僕たちは縁がなかったんだね……」と日本人なら丸く収めて墓場まで秘密にするが、フランス人は違う。どういうふうに違うかはDVDを見ていただきたい。

🎬『ビリー・リンの永遠の一日』アン・リー監督/アメリカ/113分/2016年/公開日2017年2月11日(土・祝)と決まっていたが延期。

2004年、イラク戦争。傷ついた味方を助けるために銃弾の中に身を投じたビリー・リン(ジョー・アルウィン)。その様子が死んだ兵士のカメラに映っていて、偶然にニュースにとりあげられたことで国の英雄になった19歳の彼とそのチームは、一時帰国の2週間の間に全米ツアーに同行することになった。

実家は名誉ある帰郷で大歓迎されるが、姉(クリステン・スチュワート)からは、2度と戦争に行ってはいけないと言われるが……。

『ブロークバック・マウンテン』と『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』で、2度のアカデミー監督賞を受賞している巨匠アン・リー監督の最新作。こんな素晴らしい作品なのに一般公開はまだされていない。

戦争の恐怖がトラウマになっていて、いろんな場面で出てくる。戦場にいた人間がどれだけ精神的に追い詰められているかまざまざと見せてもらった。



posted by ミッキー at 15:53| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: