2018年02月10日

トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2018 (1)『チーム・ハリケーン』

今日から北欧映画の1週間が始まる。会場は満員。映画によっては早々とソルドアウトのもあった。このところの雪のニュースで心配していたが今日は晴天。主催のスタッフ方々の熱意がひしひしと感じる映画祭だ。

🎬『チーム・ハリケーン』アニカ・ベウ監督/デンマーク/96分

独特な個性いっぱいのデンマークの少女たち8人の日常生活と地域の精神療養センターでのひと夏の行動を追っている。

ドラマなのかドキュメンタリーなのかわからないが、出てくる少女たちは演技経験のない子たちで、それぞれが何かしら問題を抱えている。演技で悩んでいるとは思えないのでドキュメンタリーに近いと思うが、拒食症、親との軋轢、うつ病、自分の性に疑問を持つなど深刻な内容だった。

しかし、画面は目がチカチカするほどハードなインターネット・アート調で慣れるまで時間がかかった。

映像の中にはピカチュウもちょこちょこ出てきて、日本の歌も流れる中、時々、8人の少女たちの素の顔が現れ、本心を吐露していた。

見ようによっては「隔絶」された世界を観ているようだったが、彼女たちの悩みや訴えたいことは、サイケデリックな画面からも伺い知ることができた。
posted by ミッキー at 16:55| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: