2016年12月16日

今日、12月16日公開『ドント・ブリーズ』TOHOシネマズ みゆき座にて

カチンコ『ドント・ブリーズ』フェデ・アルバレス監督/アメリカ/88分

寂れきったデトロイトの街を出るために資金がほしいロッキー(ジェーン・レヴィ)は、恋人マニー(ダニエル・ゾバット)と友人アレックス(ディラン・ミネット)の3人で、ひとり暮らしで、大金を持っているという噂の目の見えない老人の家に忍び込む。

しかし、老人(スティーヴン・ラング)は、飼っている獰猛な犬を手下に、驚異的な聴覚と兵役で鍛えた体力と経験で彼らを追い詰める。

リメイク版『死霊のはらわた』のフェデ・アルバレス監督作品。

どんでん返しが意外な設定で驚愕。こうなるとは思いもよらなかったので嬉しいドッキリ。

いまじゃ「昔の光いまいずこ」の代表的な土地・デトロイトという設定もいいので、これこそ、スリラー好きの方のお正月映画にぴったりだ。

☆音楽がベートーヴェンの運命をアレンジしているように聴こえた。

☆余分
今日は名古屋に帰る前に有楽町で『ドント・ブリーズ』を観て、映友さんとランチ。それから青春切符で、まずは熱海へ。その途中の辻堂駅で発車メロディーがるんるん浜辺の歌になっていた。

iPadを取り出して調べてみたら12月1日から、この曲になったと書いてあった。ずっと高速バスだったから気が付かなかった。

曲を作ったのは成田為三だが、詩はこの地出身の林古溪(はやしこけい)で、幼少期を過ごした辻堂海岸を思い浮かべながらこの詩を作ったと書いてあった。

東海道線では小田原駅のるんるんおさるのかごや、茅ヶ崎駅のサザンオールスターズのるんるん希望の轍が有名。ミッキーがよく使う東京の地下鉄東西線「日本橋」のるんるんお江戸日本橋も大好きだ。

発車メロディーを検索すると300以上もの駅があって、その多さにびっくりした。「発車メロディー音楽会」と名打って催しができるほどだ。

熱海駅前の♨温泉(500円)に久しぶりに入ったが、熱海ならお宮貫一のるんるん熱海の海岸さんぽする〜の音楽がいいのに…と思った。
posted by ミッキー at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: