2016年12月07日

若き日のアラン・ドロンがクリスマスプレゼント?!12月24日公開 『若者のすべて デジタル完全修復版』

カチンコ『若者のすべて デジタル完全修復版』ルキーノ・ヴィスコンティ監督/イタリア/179分/12月24日より新宿武蔵野館にて全国順次「3作品連続」ロードショー公開

1955年のある日、ロッコ(アラン・ドロン)は兄弟と母親ロザリア(カティーナ・パクシー)と共にミラノ駅に着いた。父親を失った一家は故郷ルカニアからミラノで働いている長男ヴィンチェンツォ(スピロス・フォーカス)を頼って来たのだ。駅頭で待てども長男の出迎えはない。

最寄の住所に訪ねていくと長男ヴィンチェンツォの婚約者ジネッタ(クラウディア・カルディナーレ)の家で賑やかに婚約パーティをしていた。「父親の葬式も来ないで、喪中なのにこんな賑やかに」と母親は明るい雰囲気をぶち壊して出て行ってしまう。

一家は翌日から家と職探しに明け暮れる・・・。

この作品は1960年に作られた。57年前の作品だが、公開日の12月24日に自分への「クリスマスプレゼント」としてもう一度観ようと決めた。

世話焼きお母さんのロザリア(カティーナ・パクシー)には5人の男の子がいる。いっぱしの男もいるがお母さんにとってはみんな男の子だ。「寒いからこれを着なさい」「熱いうちに食べな」などまるで子ども扱いだ。息子たちも反抗しない。

長男ヴィンチェンツォは美しい嫁さんとの生活を第一に、次男シモーネ(レナート・サルヴァトーリ)は女で身を持ち崩し、三男ロッコ(アラン・ドロン)はクリーニング店員〜兵隊〜ボクサーに、四男チーロ(マックス・カルティエ)は夜学に通い、アルファロメオに就職、末っ子五男ルーカ(ロッコ・ヴィドラッツィ)の五兄弟。この家族に波風を吹き込む女・ナディア(アニー・ジラルド)が入る。

ストーリーはここまでにしよう。残酷なまでに人間の脆さが浮き彫りにされている作品だが「愛着」を感じさせてくれた。

☆2011年にお亡くなりになったアニー・ジラルドさんは、この作品で共演した次男シモーネ役のレナート・サルヴァトーリさんと結婚。サルヴァトーリさんがお亡くなりになるまで添い遂げられた。

原題はRocco e i suoi fratelli 「ロッコと彼の兄弟たち」だ。
posted by ミッキー at 04:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: