2016年12月04日

昨日、12月3日公開『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』中島監督さん来場!

カチンコ『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』中島貞夫監督/85分

時代劇は日本が誇る文化芸術。時代劇のちゃんばら「殺陣」は日本人の死生観に通じると、日本の映画の草創期から現代に至る時代劇の変遷を、中島貞夫監督と女優・山本千尋との対話、映像、写真資料、殺陣師の座談会、俳優、評論家、映画監督へのインタビューなどで、その魅力と衰退した原因をさぐっているドキュメンタリー。

昨日、映友の誘いを受けてイオンシネマ名古屋茶屋に行き、ドキュメンタリー『時代劇は死なず〜』を観た。

監督の中島貞夫氏と女優の山本千尋さんが来場。

監督さんは『木枯らし紋次郎』で知られた方で、千尋さんは2年前に公開された『太秦ライムライト』で主演なさった方(世界ジュニア武術選手権メダリスト)だ。

誘ってくれた方は幼い時からちゃんばら映画を観て育ったので、映った作品はすべて観ていて懐かしいと何回も言っていた。

中島監督は前作から17年ぶりの新作で「自分の人生を駆けて本格的なちゃんばら時代劇を撮ってみたい。その手がかりとして、このドキュメンタリーを撮った」と熱く語っていた。

日本映画の歴史、ちゃんばら発祥の地・京都のこと、歴代のちゃんばらスター、そのスターを支える殺陣師の興味深い話など、すごく勉強になった。

あ〜、いいもの観たなぁと茶屋から中川コロナへ。いい気分(温泉)に入り、6時からのメ〜シネマ『マスタレス』を観たが、ミッキー貸し切りで嫌な予感がした。案の定、これはつまらなくて湯冷めしそうだったから途中退場。

茶屋に誘ってくれた映友が別れ際に「それは観なくていいよ」と言ってくれたのにふらふらトホホ。
posted by ミッキー at 03:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: